Vision > 2018 > 4月

2018 年 4 月 のアーカイブ

熊埜御堂由香 18年4月29日放送

180429-01 jens johnsson
わたしのはなし 平野啓一郎とわたし

わたしとは、なんだろう。

この普遍的な問いに
作家の平野啓一郎さんこう答えた。

 他者との関わりで変化する複数の自分が「わたし」を
 構成していて、唯一無二の「本当の自分」は存在しない。


それは、「わたし」を「あなた」に
開いていくとっても素敵な回答だ。


topへ

薄景子 18年4月29日放送

180429-02
わたしのはなし たいせつなこと

わたしとは、なんだろう。

そんな問いがよぎるとき
ふと開きたくなる絵本がある。

マーガレット・ワイズ・ブラウン作
「たいせつなこと」。

スプーン、ひなぎく、りんご、そら…。
あらゆるモノにとって、
「たいせつなこと」を
やさしいことばで教えてくれる。

最後のページには、こう書かれてある。

 あなたにとって たいせつなのは
 あなたが あなたであること


わたしは、ほかの誰でもなく、まるごとわたし。
それを100%受け入れたとき
わたしはもっと、わたしになれる。


topへ

小野麻利江 18年4月29日放送

180429-03
わたしのはなし パブロ・ピカソと模写

わたしとは、なんだろう。

画家、パブロ・ピカソは、
生涯の中で作風を
目まぐるしく変えていった。

青色を主に用い陰鬱なテーマを描いた、「青の時代」。

恋人をモデルにし、明るい色調の作風が続いた「ばら色の時代」。

セザンヌからの影響をきっかけとした、「キュビズムの時代」。

丸みを帯びた写実的な描写になった
「新古典主義の時代」。

そして、非現実的で怪物のようなモチーフを
数多く描いた、「シュルレアリスムの時代」。

なぜここまで、過激に変化したのか。
そのヒントが、ピカソのこんな言葉から読み取れる。

 他人を模写するのは
 必要なことである。
 しかし、
 自分を模写するのは哀れなものだ。


ピカソにとっての「わたし」。
それは、一瞬たりとも同じであることが
許されない存在、なのかもしれない。


topへ

小野麻利江 18年4月29日放送

180429-04 Ars Electronica
わたしのはなし 石黒浩とアイデンティティ

わたしとは、なんだろう。

自分そっくりのアンドロイドをつくり、
人間とロボットの未来を模索する
ロボット工学者・石黒浩は、
こんな持論を展開している。

 相手に伝わってこそのアイデンティティですから。
 名前なんか、毎日変えたっていいんです。
 顔はあんまり変えないほうがいい。
 服は絶対に変えないほうがいい。



topへ

石橋涼子 18年4月29日放送

180429-05
わたしのはなし ヘルマン・ヘッセと内面性

わたしとは、なんだろう。

詩人でありノーベル文学賞作家でもある
ヘルマン・ヘッセ。
苦悩の多い人生からか、
わたしとは何か、を問いかけるような
文学作品を多く残している。

ヘッセは繊細で静かな文章で、
青春の悩みや人間らしい弱さを描いたが、
それはときに、悩める読者の希望となった。

書物というタイトルの詩で、ヘッセはこう語る。

 君自身の中に、
 君が必要とするすべてはある。
 「太陽」も「星」も「月」もある。
 君の求める光は、
 君自身の内にあるのだ。


ヘッセの元には、世界中の悩める読者から
何千通もの手紙が届いた。
彼は、仕事の時間を割いて、
ひとつひとつに返事を書き続けたという。


topへ

石橋涼子 18年4月29日放送

180429-06 nhojjohn58
わたしのはなし リトル・ミイの顔

わたしとは、なんだろう。

ムーミン谷に住む小さな女の子、ミイ。
怒りっぽくて口が悪いけれど、
彼女は、自分というものを知っている。

あるとき、自分に自信が持てなくて、
とうとう姿が消えてしまった仲間に
ミイはぴしゃりとこう言った。

 それがあんたのわるいとこよ。
 たたかうってことをおぼえないうちは、
 あんたには自分の顔はもてません。


小さなミイは、
まったくもって彼女らしい顔で、よく笑う。


topへ

茂木彩海 18年4月29日放送

180429-07
わたしのはなし 吉田松陰の答え

わたしとは、なんだろう。

この難しい問いに、武士でありながら
思想家であり教育者でもある吉田松陰は、こう答えている。

 体は私なり。
 心は公なり。


目に見えている物体としての体がわたしなのであり
こころは、わたしのものではなく、
誰かのため、公のためにつかうものだと。

心と体、2つの視点から自分を見るとき、
わたしとは何者か、深く理解できるのかもしれない。


topへ

茂木彩海 18年4月29日放送

180429-08
わたしのはなし フェリーニのわたしらしさ

わたしとは、なんだろう。

もう終わりだと思うのも、
さあ始まりだと思うのも、
どちらも自分だ。

 「映像の魔術師」の異名を持つ映画監督、
 フェデリコ・フェリーニの言葉である。


流行りに流されることなく
次々と新しい映画作りに挑戦することで
独自のスタイルを築いたフェリーニ。

わたしがどう感じるか、
その感覚を一番大切にして生きてみれば
もっとシンプルに、わたしらしさが見えてくる。


topへ

厚焼玉子 18年4月28日放送

180428-01
アルハンブラ はじまり

711年4月28日
7000人のイスラム軍が海を渡って
イベリア半島に上陸し
アルハンブラの丘を占領した。

それから数年でイスラムの勢力はイベリア半島全域に及んだ。
イスラムは他の宗教に寛容だったため
土地のキリスト教徒も次第にイスラムの支配を受け入れ
後のスペイン文化の基礎を築くことになる。

イスラム建築の最高傑作といわれるアルハンブラ宮殿の土台は
こうして固まった。

イスラム軍の最初の上陸地点は指揮官の名前を取って
ジャバル・アッターリク「ターリクの丘」と名付けられ
のちにジブラルタルと呼ばれた。


topへ

厚焼玉子 18年4月28日放送

180428-002
アルハンブラ 原型

スペインの古都グラナダの南東の丘に建つアルハンブラ宮殿は
もともと外敵を阻止するための砦からはじまる。

当時の首都はコルドバにあり、
イスラムの王のもとで
ヨーロッパでもっとも進んだ文化が花開いていた。
このイスラムの王国は宗教の自由を認め、
留学生を受け入れる一方で
外敵の侵入や農民の反乱に悩まされていたらしい。
砦は13世紀に拡張工事が行われ
兵士たちの住居のほか、
武器弾薬も収納する軍事要塞になった。
砦はアルカサーバと呼ばれた。

いまも残る砦の見張りの塔(ベラの塔)からは
グラナダの街が一望できる。

この砦がやがて
アルハンブラ宮殿と呼ばれる建築群に発展する。


topへ


login