2018 年 4 月 8 日 のアーカイブ

澁江俊一 18年4月8日放送

180408-01
さようならと日本人

「さようなら」

私たちがいつも
何気なく使っているこの言葉は
元々「さようであるならば」という意味だった。
つまり、仕方ないことを
それでも受け入れようということ。

このような表現を
別れの挨拶に使う国は、世界でも珍しい。

百人一首の中に、こんな歌がある。

 これやこの 行くも帰るも わかれては
 知るも知らぬも 逢坂の関


人の世の別れを淡々と詠んだ蝉丸のこの歌は
恋の別れをテーマにしない数少ない歌として
時を超えて人々に愛されている。

切なさを受け入れる
「さようなら」の感情は
遥か昔から、日本人の心に
根づいていたのだ。


topへ

澁江俊一 18年4月8日放送

180408-02
さようならの潔さ

 わたしが一番きれいだったとき
 自分の感受性くらい


など、
潔くも美しい詩を
数多く残した詩人、茨木のり子。

79歳で世を去った彼女が
自分の死を前に残した
最後の言葉もまた美しい。


「あの人も逝ったか」と一瞬、たったの一瞬

 思い出してくだされば、それで十分でございます。



 あなたさまから頂いた長年にわたるあたたかな

 おつきあいは、見えざる宝石のように、
 私の胸にしまわれ、光芒を放ち、
 私の人生をどれほど豊かに
して下さいましたことか・・・。


この世との別れの言葉は、
できることなら、こうありたい。


topへ

澁江俊一 18年4月8日放送

180408-03
父からのさようなら

小津安二郎監督「晩春」。
妻を亡くした父親が
娘を嫁に出す時の
心の機微を描いた傑作だ。

娘との最後の家族旅行。
帰り支度をする娘は不意に
嫁に行きたくないと、父に白状する。
それを諭す、父。

 結婚することが幸せなんじゃない

 新しい夫婦が新しいひとつの人生を
 作り上げてゆくことに幸せがあるんだよ


 1年掛かるか 2年掛かるか 5年先か 10年先か

 勤めて初めて幸せが生まれるんだよ

 それでこそ初めて 
 本当の夫婦になれるんだよ


晩婚や、離婚が当たり前になった
今だからこそ、じわり、心に染みる
父から娘への、別れの言葉である。


topへ

澁江俊一 18年4月8日放送

180408-04
寂しさにさようなら

日本で最も
別れが似合う男は誰だろう?
それは寅さんこと、車寅次郎かもしれない。

故郷と別れ、妹とも別れ、
日本中で恋をしては、せつない別れを繰り返す。
それでも寅さんは決して
相手を恨んだり、自分を慰めたりしない。
グッとこらえて、その場を立ち去る。

人類のコミュニケーションを
無限大に増やしたSNSの世界では
今日もたくさんの別れが親指の動き1つで
加速度的に生み出されている。
その孤独に溺れそうになったら、
寅さんのこんな言葉を思い出してほしい。

 寂しさなんてのはなぁ、

 歩いてるうちに
 風が吹き飛ばしてくれらぁ。



topへ

田中真輝 18年4月8日放送

180408-05
さよならの湿度

また逢う日まで 逢えるときまで
別れのそのわけは話したくない

名曲「また逢う日まで」の、
作詞家、阿久悠は著書
「ぼくのさよなら史」の中で
こう語っている。

人間はたぶん、さよなら史が
どれくらいぶ厚いかによって、
いい人生かどうかが決まる。

人の心はいつも少し湿り気を帯びて
いなければならない。
カラカラに乾いていては味気ない。
人の心には、さよならによって
湿りが加わるのである。

阿久悠の歌は、それが底抜けに
明るい歌であっても、いつも少し湿っている。
湿っているからこそ、乾いた心に深く、
染みていくのかもしれない。


topへ

田中真輝 18年4月8日放送

180408-06
おまじない

 だいせんじがけだらなよさ

このおまじないのような言葉は、
寺山修司がカルメン・マキのために書いた
曲のタイトル。

さかさまに読むと、
「さよならだけがじんせいだ」。

井伏鱒二が唐の時代の「勧酒(かんしゅ)」という
詩を訳した、その中にこの言葉はある。

幼い頃父を亡くし、12歳で母とも生き別れに
なった少年、寺山修司は、この言葉をさかさまに
して、おまじないのように、何度も唱えながら、
孤独に耐えていたという。

 だいせんじがけだらなよさ
 だいせんじがけだらなよさ


唱えるたびに、むしろ孤独感が強まるような、
そんな気がしてしまうのは、わたしだけだろうか。


topへ

田中真輝 18年4月8日放送

180408-07 Flickmor
ラストシーン

2016年公開のミュージカル映画「La La Land」、
ご覧になった方も多いのではないだろうか。

アカデミー賞6部門を獲得した名作だが、
その印象的な結末に、見る人の意見は分かれ、
賛否両論の声で世間は賑わった。

この結末について、監督のデミアン・チャゼルは
こう語っている。

愛について語るとき、愛自体が主人公の二人よりも
大きな存在でなければいけないと僕は思う。
二人が一緒にいるいないには関係なく、
愛はまるで3番目の登場人物のようにそこあり続けるんだ。
現実とは全く別の次元でね。主人公の二人の関係が終わって
しまったとしても、愛はそこに永遠に存在するということ。
僕はそれが美しいと思う。

そんな愛の形を、美しいと感じるか、それとも…。
まだご覧になっていないという方はぜひ、
ご自身で確かめて頂きたい。


topへ

田中真輝 18年4月8日放送

180408-08 Renaud Camus
長い別れ

アメリカ人作家、レイモンド・チャンドラーの小説、
「ロング・グッドバイ」。

以降のハードボイルド小説の典型となった
この作品は、村上春樹をして最も影響を受けた
作品と言わしめた名作である。

主人公、フィリップ・マーロウは、大きな権力と
暴力の中で翻弄され、傷つきながらも、どこまでも
タフに、自分の信念を貫いていく。

そんなタフな頑固者が、ふとつぶやくセリフ。

「さよならを言うことは、少しだけ死ぬことだ」

一人称で語られる小説なのに、主人公マーロウの
心情が描写されることはほぼなく、だからこそ、
ふとしたセリフに滲む、この頑固者の限りない優しさ、
繊細さが、読む者の胸を衝く。

長い、別れ。そのタイトルが意味するものは、
マーロウの心の中に、いつまでも消えずに
止まり続ける別れの悲しみと切なさ、
なのかもしれない。


topへ