小林組・原央海

原央海 19年2月16日放送


ラグビー 始まり

ラグビーを生み出したのは、たった1人の少年だった。

約200年前。とある学校でのフットボールの試合中。
興奮した1人の少年が
突然、ボールを手に持って走り出し、ゴールを駆け抜けた。
イングランドのラグビーという町で起きたこの出来事が、
ラグビーの始まりだ、といわれている。

そして、2019年。
日本でラグビーワールドカップが開催される。
熱くなった1人の少年が生み出したスポーツが、
今年、日本中を熱くさせるだろう。


topへ

原央海 19年2月16日放送


ラグビー ノーサイド

日本のラグビーでは、
試合終了を「ノーサイド」と呼ぶ。

身体をぶつけ戦った敵同士。
でも、試合が終われば関係ない。
健闘をたたえ合い、同じラガーマンとして1つの仲間になる時に、
敵も味方もどちらのサイドもない。
つまりは「ノーサイド」ということだ。
試合後には、両チームの選手やスタッフが
お酒を飲みながら交流を深めることも。

ゲームセットでもタイムアップでもなく、
すべての戦いの終わりが、ノーサイドであればいいと思う。


topへ

原央海 19年2月16日放送

Kirk Wilkinson
ラグビー 子どもとラグビー

ラグビーは、子どもを成長させる。
体力面やスポーツマンシップだけでなく、
「1人は皆のために、皆は1人のために」
といった自己犠牲の精神も学ぶことができる。

元フランス代表キャプテンのジャン・ピエール・リーブ選手はこう言った。

 ラグビーは子どもをいち早く大人にし、
 大人にいつまでも子どもの魂を抱かせる。


今年のラグビーワールドカップ、開催国は日本。
北海道から九州まで全国12カ所で試合が行われる。
せっかくの機会だ。親子で初めてのラグビー観戦はいかがだろう。


topへ

原央海 19年2月16日放送


ラグビー オールブラックス

オールブラックス。
その言葉がラグビーニュージーランド代表を表すことは、
聞いたことがあるかもしれない。

その名の通り、ユニフォームは全身黒。
世界ランキング1位の座は、
2009年から約10年守り続けている。
試合前の「ハカ」という迫力ある踊りも有名だ。

そんなオールブラックスの中でも伝説といえば、
2015年に引退を決めたリッチー・マコウ選手。

年間最優秀選手賞を3回獲得。
キャプテンとしてワールドカップを2度優勝。
華々しい現役時代を飾った彼は、こう言い残した。

 魔法は信じない。
 努力を信じてるんだ。


彼はいつだって、
限界の向こう側にトライし続けた選手だった。


topへ

原央海 19年2月16日放送


ラグビー 日本代表

ラグビーワールドカップ2015イングランド大会。
日本代表は、大会史上最大の番狂わせを起こした。
ワールドカップで24年間勝利のなかった日本が、
世界ランキング3位の優勝候補、南アフリカを倒したのだ。

その立役者の1人、日本の五郎丸歩選手はこう言う。

 これまで日本代表の歴史を作ってきた人たちの思いも背負って戦う。
 勝てない時代も必死に戦ってきた先輩たちがいて、
 はじめて僕らもW杯で戦えるんですから。


悔し涙を流し続けてきた日本。
今年のワールドカップで流す涙は、きっと嬉し涙だ。


topへ

原央海 18年7月15日放送

180715-01 calafellvalo
世界のお祭り サン・フェルミン

スペインの牛追い祭り「サン・フェルミン」。
怒れる猛牛とともに街中の石畳を走る、超危険なお祭りだ。
ゴールまでの距離は、約850メートル。
午前8時、ヒト対牛のかけっこが始まる。

毎年7月に開催されるこのお祭り、
実は、18歳以上であれば誰でも無料で参加可能。
国籍も性別も関係ない。
スタート30分前に会場に到着すれば、
柵の中に入れてもらえるだろう。

ただ、死者も出るほど危険なお祭りなので、安全を最優先に。
怪我にはモウ烈にお気をつけて。


topへ

原央海 18年7月15日放送

180715-02 Chris Benseler
世界のお祭り オクトーバーフェスト

ドイツ・ミュンヘンの「オクトーバーフェスト」。
日本にも浸透しつつある、ビールの祭典だ。

しかし、本場ドイツは規模が違う。
その敷地、東京ドーム約9個分!
会場にはおよそ10万の席が用意され、
毎年500万リットルを超えるビールが消費される。

ビール、だけではない。
白ソーセージ、鶏の丸焼き、プレッツェルと、
酒の肴も超一流。
移動式遊園地まで用意されるから、子どもたちも面白い。

その場所では、国など関係なく、
世界中の人が杯を交わしている。
言葉が通じなくても、心が通じ合うから、
ビールって不思議だ。


topへ

原央海 18年7月15日放送

180715-03 flydime
世界のお祭り トマティーナ

スペインのトマト祭り「トマティーナ」。
毎年8月にバレンシア州の小さな町で開催されている。

トマトをおいしく食べ合う祭り、ではない。
トマトをたのしく投げ合うお祭りだ。
参加者は、世界中から数万人。
使われるトマトは、なんと100トン以上。
50万を超えるトマトが宙を舞い、街中が真っ赤に染まる。

投げてくるスピードはキャッチボール、
というより、渾身のストレート。
目を守るため、水中ゴーグルは必須。
忘れたならば、「トマト汁が目に入った」という
人生初の一言を発することになる。

トマトの投げ合いは、1時間。
終了の合図が鳴ると、見知らぬ人とも
タオルを貸し合ったり、水で流し合ったり。
気付けば、「赤の他人」は、「トマトの戦友」に変わっている。


topへ

原央海 18年7月15日放送

180715-04 nateClicks
世界のお祭り リオのカーニバル

ブラジル「リオのカーニバル」。
世界で最も熱狂的なお祭りの1つ。
きらびやかな衣装を纏ったダンサーが、
ハイテンションで踊り狂う。

このカーニバル、実はただのサンバ祭りではない。
キリスト教の禁欲期間に入る直前に
大騒ぎしながら「食べ収め」をする、という意味を持っている。

1番の目玉は、サンボドロモでのパレード。
全長約700メートルの会場で、
ブラジル中のサンバチームの頂点を決定する。
その優勝賞金、なんと約5億円だとか。
身体だけでなく、心まで踊ってしまうお祭りだ。


topへ

原央海 18年7月15日放送

180715-05 JJ Harrison
世界のお祭り ソンクラーンフェスティバル

タイのビッグイベント「ソンクラーンフェスティバル」。
いわゆる「水掛け祭り」だ。
バケツや水鉄砲を用意して、街行く人と水を掛け合う。
期間は、毎年4月13日からの3日間と決められている。

ふざけたイベントに聴こえるが、元をたどれば、
タイ暦のお正月に仏像や年長者の手に水をかけ清める、
という慣わしから始まったそう。

ソンクラーン期間中の挨拶は、「サワディー・ピーマイ!」。
日本語でいう「あけましておめでとう!」である。
水掛けは決してストレス発散ではない。
皆で楽しむ、お祝いなのだ。

誰に対しても無礼講な水掛けも、
お坊さんと警察官にはNGなのでご注意を。
そのミスだけは、水に流すことは難しい。



topへ


login