2019 年 10 月 のアーカイブ

石橋涼子 19年10月27日放送


銀座のはなし  銀座の始まり

文化とモノが集まる華やかな街、銀座。
その始まりは、徳川家康が江戸幕府を開いた時代に
さかのぼる。

幕府のために銀貨を造り、管理する組織である
「銀座役所」が、この地につくられたのだ。
さらには、幕府から特権を受けて金貨をつくる「大判座」や
金銀の計量に欠かせない分銅をつくる「分銅座」も集められた。

当時の地名は新両替町だったが、
通称である「銀座」が親しまれ、今に残っている。

華やかな街の始まりは、すこし意外だが、
幕府御用達のお役所だった。



topへ

石橋涼子 19年10月27日放送

松岡明芳
銀座のはなし  銀座と能

銀座の楽しみと言えば、ショッピングやグルメに加えて
伝統芸能ではないだろうか。
特に古典芸能のひとつである能は、銀座に縁が深い。

能は、室町時代から武士の嗜みとして保護されたが、
徳川家康が特に好んだことでも知られている。

家康は、人質として今川家に預けられていた幼少時に
観世流の稽古を受け、親しんでいたという。
足軽から出世すると共に能を学んだ秀吉とは、
思い入れの性質が異なったかもしれない。

江戸幕府を開くとすぐに
駿府にいた能役者たちを大勢呼び寄せ、
銀座に屋敷を与えて住まわせた。

観世流の屋敷は銀座2丁目付近にあったと言い、
金春(こんぱる)流の屋敷は8丁目付近に位置した。
観世能楽堂は長らく渋谷に移転していたが、
2017年、150年ぶりに銀座へ戻った。



topへ

熊埜御堂由香 19年10月27日放送


銀座のはなし  Barルパンと太宰治

1928年に創業した銀座5丁目の老舗バー「ルパン」。
様々な文学者に愛された文壇バーだ。

苦悩する顔で知られる太宰治も、
ここでは違う顔を見せた。
当時、太宰と並び、無頼派と言われた、
坂口安吾や織田作之助もよくルパンに集まった。

ある日、ルパンで飲んでいたら、
写真家、林忠彦が織田の様子を写真に収めていた。
すると、「オレも撮れよ」と絡んだ太宰。
大作家とは知らずに、ムッとした林に隣の客が
あれが、今売り出し中の太宰だよ、と囁いた。

残り一枚で、慌てて撮られた写真が今も残る。
太宰は、イスに足を上げて陽気な笑顔でくつろいでいる。
そこには、同世代の仲間と語らう、心解けたひとりの男がいる。

太宰が座っていた席は今でも健在だ。
世界で一番バーが多い街とも言われる銀座で、
ルパンは変わらず人々に暖かな灯りをともし続けている。



topへ

茂木彩海 19年10月27日放送


銀座のはなし  銀座のみゆき通り

銀座を代表する「みゆき通り」。

この名前がついたのは、1940年ごろのこと。
藤田嗣治などの文化人が中心となり、
東京を世界に誇れる美しい街にしようと、
まずは銀座から手を入れた。

そこで名付けられたのが、「みゆき通り」。
「御幸」は丁寧語を表す「御(おん)」と
幸せの「幸(さち)」をめでたく組み合わせた言葉で
天皇、皇后、上皇、皇太后のお出かけを言う。

「みゆき」って、いったい誰の名前だろう?
そう思っていたあなたには、
銀座の歴史を知る楽しみがまだまだありそうだ。



topへ

薄景子 19年10月27日放送


銀座のはなし  銀ぶら

明治5年、横浜―新橋間に日本初の鉄道が開通した。
新橋の駅前商店街として、銀座はにぎわいはじめ、
時計や洋服、洋食屋など、西欧からの輸入品や
目新しい商品の店が次々と開店した。

商人たちは、ショーウインドウを店先に作り、
江戸以前の「座売り」といわれた
店の奥から商品をもってくる販売方法をやめ、
履物を履いたまま、気軽に店内を眺められる
新しい買い物スタイルを切り拓いた。

明治後半には、今でいう百貨店が次々に誕生。
ウインドーショッピングや街並みを楽しみながら
銀座をぶらぶら歩くことは、のちに「銀ぶら」と呼ばれるようになった。

そんな100年ちょっと前の銀座を
想像しながらこの街を歩くのも
新しい「銀ぶら」の楽しみ方かもしれない。



topへ

小野麻利江 19年10月27日放送


銀座のはなし  銀座の柳

実は江戸時代に
東京湾を埋め立ててつくられた、銀座の街。

明治7年。日本初の街路樹として
銀座通りに松や楓、桜が植えられたが、
地下水位が高いため、
松や桜は根腐れを起こし、枯れてしまった。

そこで街路樹に選ばれたのが
湿気に強い、柳の木。

明治17年ごろには、銀座の街路樹は
ほとんどが柳に取ってかわったという。

その後、関東大震災や第二次世界大戦で
焼けてしまったり、
1964年のオリンピックに向けての
建設ラッシュで枯れてしまったりと
銀座の柳は憂き目にあっていたが、

接ぎ木した「二世柳」を復活させたり
毎年5月に「銀座柳まつり」を行うなど、

柳の風情あるたたずまいを残そうという動きは、
今も受けつがれている。



topへ

若杉茜 19年10月27日放送


銀座のはなし  銀座、夢物語

銀座という街は、歴史とともに変遷しながら、
したたかに、華やかに発展してきた。
明治から昭和にかけて活躍した文豪、永井荷風もまた、
そんな銀座という街を愛した一人である。

彼が明治11年に書いた随筆『銀座』には、
母が昔、豪華なお重を用意して、
芝居を観に行っていた話などを聞かされ、
まるで遠い時代の夢物語のように回想していた、
と綴られている。

それから100年以上が経った今、銀座はなお、
新しい時代とともに発展し続けている。
銀座が変わっていく様子を、
目が痛くなるまで見つめていたい、とまで書いた荷風。

銀座を歩いてみるときは、遠い昔の街の様子に
思いを馳せてみてはいかがだろうか。
荷風の見た夢物語を、
追いかけるようにして。



topへ

熊埜御堂由香 19年10月27日放送


銀座のはなし  銀座9丁目

東京の一等地に、1丁目から8丁目まで広がる銀座の街。
実は、銀座9丁目と呼ばれる地域がある。
江戸城の外堀を埋め立てた高速道路の高架下のあたり。
新橋1丁目と、銀座8丁目の境目の俗称だ。

その場所は、新橋の雑然とした魅力と、
銀座の洗練さがミックスされた
どこか独特の雰囲気を放っている。
街の夢がつまった、地図にない銀座だ。



topへ

村山覚 19年10月26日放送


球場の話  駒澤球場の暴れん坊

昭和30年代。
世田谷の駒沢に、プロ野球チームの本拠地があった。

プロ野球チームの名前は、フライヤーズ。
若くて威勢の良い選手たちは気性が荒く、
乱闘や野次も多かったため
駒沢の暴れん坊と呼ばれていた。

球場のすぐそばに選手寮があった。
スパイクを履いたまま帰っていく暴れん坊たちを
勝っても負けてもファンが取り囲んだ。

オリンピックの整備計画のために
10年も経たずに取り壊された幻の「駒澤球場」。
フライヤーズはファイターズと名前を変え、
東京から遠く離れた北海道で戦っている。



topへ

村山覚 19年10月26日放送

Yasuoyamada
球場の話  川崎球場の流しそうめん

本来、プロ野球を観戦するためのスタンドで
流しそうめんや麻雀に興じる観客がいた。
今では考えられない話だが、
昭和のプロ野球のワンシーンとして今も語り継がれている。

京浜工業地帯の川崎市。
戦前から社会人野球が盛んだったこの街で、
多くの企業による共同出資でできたのが「川崎球場」だ。
戦後すぐにできた球場は老朽化が進み、
閑古鳥が鳴いている時期もあったが、
数々の記録が生まれ、優勝争いの舞台にもなった。

現在は改修され、主にアメフトの試合が行われている。
照明塔と外野フェンスが、野球場の面影として残っている。



topへ


login