Vision > 2015 > 10月

2015 年 10 月 のアーカイブ

名雪祐平 15年10月31日放送

151031-01 Alan Light
今夜、変装する人々へ  マイケル・ジャクソン

世界を席巻した大ヒット曲
『スリラー』で、ゾンビに変装した
マイケル・ジャクソン。

私生活でも、街には
ほとんど変装して出かけた。

ある時は、太って見えるスーツ。
ある時は、アラブの王族。
ある時は、尼僧。

 変装しないと、みんなすぐに
 「パーティーにでも行かない?」なんて
 声をかけてくるんだ。
 その瞬間、ぼくのパーティーはおしまいさ。


そう。
マイケルは、
マイケル自身でいるために、
マイケル以外に変装した。

今夜、マイケルに変装する人々へ。
Happy Halloween


topへ

名雪祐平 15年10月31日放送

151031-02
今夜、変装する者たちへ  アーネスト・ヘミングウェイ

文豪、ヘミングウェイは、女の子だった。

かわいい長い髪、ふわふわのワンピース姿の
写真が残っている。

男の子を欲しがらなかった
母親グレイスによって、
4歳ころまで女の子に変装させられていた。

そんな幼少期に反動するように、
女の子は、マッチョな大人の男になる。

スペイン内戦への参加。
アフリカでのライオン狩り。
フロリダ沖でのカジキマグロとの格闘。

しかし、息子の自由奔放な生活を
母親は認められず、ついに二人は絶縁。

ヘミングウェイは、母親の葬儀にも
出席しなかった。

今夜、女の子に変装する人々へ。
Happy Halloween


topへ

名雪祐平 15年10月31日放送

151031-03
今夜、変装する人々へ  ジョージ・ハント

19世紀半ば。
オーストラリア、タスマニア島に、
脱出不可能といわれる
ポート・アーサー刑務所が完成した。

陸路は、先端の監視システムが阻み、
海には、サメがうようよ泳いでいた。

逃げ道には死しかなかったが、
囚人ジョージ・ハントは
意外な方法で逃げようとした。

ハントはカンガルーの皮で変装し、
カンガルーのマネをして不格好に歩いた。

看守がカンガルーを、撃った。

脱走者を撃ったのではない。
カンガルーを夕食で食べるために撃ったのだ。

ハントは降参し、捕まった。

もちろん、食べられることはなかったが、
鞭打ち150回の刑を受けたという。

今夜、獣に変装する人々へ。
Happy Halloween


topへ

名雪祐平 15年10月31日放送

151031-04
今夜、変装する者たちへ  古代ケルト人

化け物よ、街に出よう。

今夜、おまえたちが練り歩く、
Halloween

魔女、骸骨、怪物、ゾンビ。
不気味な変装が多いのはなぜか。

Halloweenは、3000年前、
ヨーロッパの古代ケルト人が起源。

ケルト人にとって季節は、
夏と冬の2つしかなく、
10月31日が、大晦日だった。

その日は、異界からやってくる
悪霊たちを追いはらうお祭り。

人々は魔除けの仮面をかぶり、
一晩中、焚火を灯し続けた。

その雰囲気が3000年つづいて今夜。

物影から、古代ケルト人が
現代の化け物たちを覗いているかもしれない。

今夜、化け物に変装する人々へ。
Happy Halloween


topへ

名雪祐平 15年10月31日放送

151031-05
今夜、変装する者たちへ  アレクサンドル・ボグダーノフ

ロシアの革命家、
アレクサンドル・ボグダーノフは
医者、哲学者、SF作家でもあった。

彼は、社会主義においては、
人の血液や遺伝子さえも共有財産と考えた。

輸血実験が始まる。

自ら実験台となり、11回輸血。
若返り、不老不死を目論んでいたという。
視力が回復し、
見た目も10歳若返ったと評判になった。

しかし、若い学生から輸血した血液が
マラリアと結核に感染してた。

若返ろうとして、若死にすることになった。

今夜、若々しく変装する人々へ。
Happy Halloween


topへ

蛭田瑞穂 15年10月25日放送

151025-01
音楽と人 バッハと神

モーツァルトは生活のために曲を書いた。
天才モーツァルトは音楽を愛好家する貴族の注文に応じて
すらすらとピアノ・ソナタを作曲した。

ベートーヴェンは野心のために曲を書いた。
自分の発表したピアノ・ソナタが
世間でどのような反響を起こすか。
それがつねにベートーヴェンの関心事だった。

ヨハン・ゼバスティアン・バッハは神のために曲を書いた。
バッハの音楽においては神が究極の聴き手であり、
神に音楽を捧げることで、バッハは人間としての完成をめざした。


topへ

蛭田瑞穂 15年10月25日放送

151025-02
音楽と人 バッハとコーヒー

18世紀の初頭、音楽は教会で演奏されるものだった。
その時代にバッハは街のコーヒーハウスで演奏会を開き、
音楽の裾野を広げた。

ただ、当時コーヒーハウスは女人禁制。
女性はコーヒーを飲むべきではないという風潮があった。
そんな風潮に反発して詩人のピカンテは
コーヒーはキスより素敵と訴える娘を主人公にした
『おしゃべりはやめて、お静かに』という戯曲を書き、
のちにバッハが曲をつけた。

『コーヒー・カンタータ』とも呼ばれるこの曲、
秋の夜に温かいコーヒーを飲みながら聴いてみたい。


topへ

蛭田瑞穂 15年10月25日放送

151025-03
音楽と人 バッハと国王

1745年、オーストリア王位継承戦争が集結すると、
プロイセン国王フリードリヒは宮廷に62歳のバッハを招いた。

バッハが到着すると国王は
「皆の者、老バッハが参ったぞ」と叫び、大いに歓迎し、
ピアノの演奏をバッハに依頼した。

国王の求めに応じて、バッハはみごとな即興演奏を披露した。
素晴らしい演奏に、その場にいる誰もが息を呑んだ。

のちにバッハは演奏を楽譜に起こし、
あらたに書き下ろした曲とともに国王に贈った。

バッハ最晩年の傑作『音楽の捧げもの』は
こうして出来上がった。


topへ

森由里佳 15年10月25日放送

151025-04
音楽と人 感情と音楽:レナード・バーンスタイン

 何よりもすばらしいのは、
 音楽が伝えることのできる感情の種類は無限だということである。
 言葉で表現できない深い感情までも、音楽は明確に示してくれる。

 
そう語ったのは、ピアニスト、指揮者として
世界に名を知られるレナード・バーンスタイン。
 
このことは、彼が手がけたミュージカル、
つまり、音楽によって物語を紡ぐ作品を見るとよくわかる。
 
たとえば、ウエストサイドストーリー。
プロローグでは若者グループの対立が音楽にのせて描かれるが、
彼らの感情を表現する言葉は、ゼロといってもいいほどだ。

言葉は、人だけが操ることができる。
音楽もまた然り、である。


topへ

森由里佳 15年10月25日放送

151025-05 GUiBOY
音楽と人 体験と音楽:高木正勝

『おおかみこどもの雨と雪』、『バケモノの子』など
多くのヒット映画を音楽で支えるアーティスト、高木正勝。
 
彼は、国内外にかかわらず、自然に近いところで、
昔ながらの生活をする人たちが奏でる音楽に魅了されるという。
 
しかし、その音楽を真似することはできても、
同じ強さの表現に達することは、できないのだそうだ。
 
 元になっている体験がないから出てこないんです。
 山に柴刈りにいったり、火を熾したり、畑をしたり、祭りをしたり。
 自分の身体で体験して初めて「こういうことだったのか」と
 分かるものだらけなんです。

 
仕事の依頼が引きも切らない彼はいま、
兵庫県と京都府の境にある小さな村に住んでいる。



topへ


login