2015 年 10 月 31 日 のアーカイブ

名雪祐平 15年10月31日放送

151031-01 Alan Light
今夜、変装する人々へ  マイケル・ジャクソン

世界を席巻した大ヒット曲
『スリラー』で、ゾンビに変装した
マイケル・ジャクソン。

私生活でも、街には
ほとんど変装して出かけた。

ある時は、太って見えるスーツ。
ある時は、アラブの王族。
ある時は、尼僧。

 変装しないと、みんなすぐに
 「パーティーにでも行かない?」なんて
 声をかけてくるんだ。
 その瞬間、ぼくのパーティーはおしまいさ。


そう。
マイケルは、
マイケル自身でいるために、
マイケル以外に変装した。

今夜、マイケルに変装する人々へ。
Happy Halloween


topへ

名雪祐平 15年10月31日放送

151031-02
今夜、変装する者たちへ  アーネスト・ヘミングウェイ

文豪、ヘミングウェイは、女の子だった。

かわいい長い髪、ふわふわのワンピース姿の
写真が残っている。

男の子を欲しがらなかった
母親グレイスによって、
4歳ころまで女の子に変装させられていた。

そんな幼少期に反動するように、
女の子は、マッチョな大人の男になる。

スペイン内戦への参加。
アフリカでのライオン狩り。
フロリダ沖でのカジキマグロとの格闘。

しかし、息子の自由奔放な生活を
母親は認められず、ついに二人は絶縁。

ヘミングウェイは、母親の葬儀にも
出席しなかった。

今夜、女の子に変装する人々へ。
Happy Halloween


topへ

名雪祐平 15年10月31日放送

151031-03
今夜、変装する人々へ  ジョージ・ハント

19世紀半ば。
オーストラリア、タスマニア島に、
脱出不可能といわれる
ポート・アーサー刑務所が完成した。

陸路は、先端の監視システムが阻み、
海には、サメがうようよ泳いでいた。

逃げ道には死しかなかったが、
囚人ジョージ・ハントは
意外な方法で逃げようとした。

ハントはカンガルーの皮で変装し、
カンガルーのマネをして不格好に歩いた。

看守がカンガルーを、撃った。

脱走者を撃ったのではない。
カンガルーを夕食で食べるために撃ったのだ。

ハントは降参し、捕まった。

もちろん、食べられることはなかったが、
鞭打ち150回の刑を受けたという。

今夜、獣に変装する人々へ。
Happy Halloween


topへ

名雪祐平 15年10月31日放送

151031-04
今夜、変装する者たちへ  古代ケルト人

化け物よ、街に出よう。

今夜、おまえたちが練り歩く、
Halloween

魔女、骸骨、怪物、ゾンビ。
不気味な変装が多いのはなぜか。

Halloweenは、3000年前、
ヨーロッパの古代ケルト人が起源。

ケルト人にとって季節は、
夏と冬の2つしかなく、
10月31日が、大晦日だった。

その日は、異界からやってくる
悪霊たちを追いはらうお祭り。

人々は魔除けの仮面をかぶり、
一晩中、焚火を灯し続けた。

その雰囲気が3000年つづいて今夜。

物影から、古代ケルト人が
現代の化け物たちを覗いているかもしれない。

今夜、化け物に変装する人々へ。
Happy Halloween


topへ

名雪祐平 15年10月31日放送

151031-05
今夜、変装する者たちへ  アレクサンドル・ボグダーノフ

ロシアの革命家、
アレクサンドル・ボグダーノフは
医者、哲学者、SF作家でもあった。

彼は、社会主義においては、
人の血液や遺伝子さえも共有財産と考えた。

輸血実験が始まる。

自ら実験台となり、11回輸血。
若返り、不老不死を目論んでいたという。
視力が回復し、
見た目も10歳若返ったと評判になった。

しかし、若い学生から輸血した血液が
マラリアと結核に感染してた。

若返ろうとして、若死にすることになった。

今夜、若々しく変装する人々へ。
Happy Halloween


topへ