佐藤延夫(事務局)

佐藤延夫 19年6月1日放送


気象記念日 雨の話

今日から6月。梅雨の季節です。
一口に梅雨と言っても、
さまざまな名前があることをご存知でしょうか。

まずは梅雨に入る雨、入梅(にゅうばい)。
梅の実が熟すころの雨です。
そして栗の花が落ちると書いて、栗花落(ついり)。

そのほかにも、男梅雨(おとこづゆ)、女梅雨(おんなづゆ)。
戻り梅雨、送り梅雨、枯れ梅雨(かれつゆ)なんて言葉もあります。

だんだん恋しくなってくるのが、
初夏のやわらかな南風、凱風(がいふう)。

今日6月1日は、気象記念日。
今年の梅雨は、雨を楽しんでみませんか。


topへ

佐藤延夫 19年6月1日放送


気象記念日 雲の話

気象学的に、雲は形や高度に基づき
10種類に分類されるそうだ。

下層雲は、地上から2000mまで。
ただし積乱雲のような巨大なものは
上層まで広がっていることもある。

中層雲は、2000mから7000m。
灰色の乱層雲、ひつじ雲は、
このカテゴリーに入る。

7000m以上の上層雲は、うろこ雲、すじ雲など
薄くて上品そうな雲が多い。

今日6月1日は、気象記念日。
たまには空を見上げてみませんか。


topへ

佐藤延夫 19年6月1日放送


気象記念日 風の話

日本には、さまざまな風の名前がある。
その地域だけ吹く風。
特定の季節にしか吹かない風。
そんな風を日本中から集めると、
2000種類に及ぶという説もある。

今の季節で言えば、
青葉のころに吹く強い南風、青嵐。

梅雨のあたりに吹く湿った南風、流し。
そして白南風。

だんだん恋しくなってくるのが、
初夏のやわらかな南風、凱風。

今日6月1日は、気象記念日。
窓を開けて、風を感じてみませんか。


topへ

佐藤延夫 19年6月1日放送


気象記念日 天気予報の話

科学的な天気予報の始まりは、
17世紀に遡る。
水銀温度計の実用化、
ガリレオの弟子トリチェリにより気圧が発見され、
パスカルがそれを証明してみせた。
19世紀の初めには、
ドイツの気象学者ブランデスが
世界で初めて天気図を発表した。
それは等圧線と風向きだけが書かれた
シンプルなものだった。
その後、クリミア戦争に参加した
英仏の艦隊が嵐で被害に遭い、
ナポレオン3世はフランス各地に測候所を建てたという。

そして日本でも、1884年の今日6月1日、
最初の天気予報が発表された。

 全国一般 風ノ向キハ定リナシ
 天気ハ変リ易シ 但シ雨天勝チ


漠然とした予報でも、それは大きな一歩だった。
今日は、気象記念日。


topへ

佐藤延夫 19年6月1日放送

mrlins
気象記念日 虹の話

虹は、
空中に浮かぶ雨粒に太陽の光が当たり、
水滴の内部で屈折と反射をすることにより生じる。

虹がふたつ現れた場合、
明るい内側のものを主虹(しゅにじ)、
少しぼやけた虹を副虹(ふくにじ)という。
主虹と副虹では、色の配列が逆になっている。

主虹の内側に縞模様が重なったものを、過剰虹(かじょうにじ)。
太陽よりも天頂に、虹のような光の帯が現れる現象は、環天頂アーク(かんてんちょうあーく)。

もしかしたら梅雨の晴れ間に、鮮やかな虹が見えるかもしれない。
今日6月1日は、気象記念日。


topへ

佐藤延夫 2019年5月4日放送


「日本の緑景/来宮神社の大楠」        


静岡県熱海市。
来宮神社の大楠は、
樹齢2000年を超えるそうだ。

2本に分かれた株のうち、
ひとつはすでに枯れてしまったが、
もう一方は雄々しく枝葉を広げている。

日本屈指のパワースポットとなった大楠は、
数々の伝説を持つ。
幹を一周すると寿命が延びる、
願いを込めて一周すると願いが叶う、などと言われ、
それにあやかりたい参拝客が絶えない。

今日はみどりの日。
緑のたくましさを感じてください。

topへ

佐藤延夫 2019年5月4日放送



「日本の緑景/囀石のモミ」           



関東屈指の温泉をいくつも有する、
群馬県吾妻郡中之条町。
細い県道沿いを進むと、
樹齢800年を超える囀石のモミと出会うことができる。

樹齢300年、幹の高さは31m。
落雷による火災で、幹の中心は空洞になってしまった。
だが、治療の甲斐もあり、
モミは落雷のことなど忘れたかのように
元気を取り戻している。

ある格付け調査によると、
囀石のモミは、東の横綱となっているそうだ。

今日はみどりの日。
温泉につかったあとは、
モミの木で癒されてください。

topへ

佐藤延夫 2019年5月4日放送


「日本の緑景/猿喰のケヤキ」            



茨城県の北部、常陸太田市には、
猿喰のケヤキと呼ばれる
樹齢550年を超えるケヤキが立つ。

このケヤキは、岩を喰っている。
根元に巨大な岩を抱え込み、
それを自らの一部に変えた。
放射線状に広がる樹冠は、
エネルギーを放出しているかのように見える。

かつての街道跡でもあるこの場所は、
近くに清らかな水が湧き、
旅人たちの憩いの場となっていたそうだ。

今日はみどりの日。
緑の生命力に触れてみてください。

topへ

佐藤延夫 2019年5月4日放送


「日本の緑景/安久山のスダジイ」          



千葉県匝瑳市には、
安久山のスダジイと呼ばれる
シイの巨木が眠る。

民家の裏庭にそびえ立つシイノキは、
樹齢1000年を超える。
幹を支えるかのように
板状になった根元が張り出し、
幾重にも絡み合いながら伸びている。
そのさまは、まるで奇妙な抽象画のようだ。

今日はみどりの日。
不思議な緑のカタチを体験してください。

topへ

佐藤延夫 2019年5月4日放送


「日本の緑景/西善寺のコミネカエデ」            


埼玉県秩父。
1460年に開山した西善寺には、
樹齢600年を超えるコミネカエデが
どっかりと根を下ろしている。

山門をくぐるとすぐ目の前に現れるカエデの巨木。
うねるように広がる樹冠に圧倒される。

見どころは紅葉の時期だけではない。
芽吹きの春は、山吹色に包まれる。

今日はみどりの日。
柔らかな緑で、眼福を味わいませんか。

topへ


login