Vision > 佐藤延夫(事務局)

佐藤延夫(事務局)

佐藤延夫 17年3月4日放送

170304-01
スピーチの達人 チャーチル

 我々は、海岸で戦う。
 敵の上陸地点で戦う。
 野原や市街地で戦う。
 丘陵で戦う。
 我々は、断じて降伏しない。


これは1940年6月4日、
当時のイギリスの首相チャーチルによる、
下院演説での一説だ。
イギリス軍が、ナチスドイツと攻防を繰り広げていた時期であり、
国民の意識を高める必要があった。

チャーチルの演説は、短いセンテンスを繰り返すなど、
聞き手に強い印象を残す技法が多いという。
さすがノーベル文学賞を受賞するだけに、
スピーチのコツを心得ている。


topへ

佐藤延夫 17年3月4日放送

170304-02 manhhai
スピーチの達人 ホー・チ・ミン

 地上のあらゆる民族は、
 生まれながらにして平等です。
 すべての民族に、生きる権利があります。
 幸福で自由になる権利があります。


これは1945年9月2日、
ベトナム民主共和国の独立を宣言するスピーチだ。
ベトナムの革命家、ホー・チ・ミンは、
アメリカ独立宣言やフランス人権宣言など
歴史上の有名な言葉を引用し、
聴衆の心を奪うことに成功した。
このスピーチが終わるころ、
広場は人々の歓声に包まれたそうだ。


topへ

佐藤延夫 17年3月4日放送

170304-03
スピーチの達人 マルコムX

 投票は弾丸に似ている。
 標的が目に見えるまで、票を投じてはいけない。
 標的が届かないところにあれば、
 投票権はポケットの中にしまっておくことだ。


これは1964年4月3日、
オハイオ州の教会で行われたスピーチの一説だ。
アメリカの指導者マルコムXは、美辞麗句を並べない。
挑発的、好戦的な言葉で語りかける。
迫害されてきたアフリカ系アメリカ人に、
選挙の大切さを訴え、聴衆の意識を変えた。
ストレートな表現は、凶器のように心に突き刺さる。


topへ

佐藤延夫 17年3月4日放送

170304-04
スピーチの達人 シャルル・ドゴール

 もはやこれまでなのか?
 いっさいの希望を捨てるしかないのか?
 敗北は挽回できないのか?
 私の答えは「ノン!」
 なにがあろうとも、フランスの抵抗の炎は消えない。
 消してはならない。


これは1940年6月14日、
フランスの軍人、シャルル・ドゴールによるスピーチだ。
ドイツ軍がパリを陥落させたとき、
ドゴールは訪問中のロンドンから、
ドイツとの戦いを呼びかけた。
軍人らしく、熱を帯び、迷いなど微塵も感じさせない言い方は、
すべてのフランス国民を勇気付けた。

このスピーチの中で、のちに評価されたのは、
「フランスの抵抗の炎」という一説。
聴く人の愛国心を高め、勇気を与える、
見事な比喩表現だと言える。


topへ

佐藤延夫 17年3月4日放送

170304-05
スピーチの達人 セヴァン・カリス=スズキ

 どうやって修理すればいいかわからないなら、
 壊すのは、もうやめてください。


この有名な言葉は、1992年6月11日、
地球サミット総会でのスピーチだ。
カナダの環境保護活動家、セヴァン・カリス=スズキは、
9歳のときに環境学習グループを設立し、
12歳で地球サミット総会の壇上に立っていた。
スピーチは、およそ6分間。
情熱的に、シンプルに、
自分の言葉で堂々と語る。
それだけで、すべての人が魅了された。
スピーチの巧さに年齢など関係ないことを
彼女は教えてくれる。


topへ

佐藤延夫 17年2月4日放送

170204-01 aidaneus
2月4日生まれのSNS

自分にやりたいことがあって、
実行する能力を備えているなら、
それを誰かに任せるほど愚かなことはないだろう。

今から13年前。
ハーバード大学のある学生は、
オンラインで繋がる学生名簿をつくろうと思った。
そんな彼の言葉だ。

「ばかばかしいのは、大学にやらせてしまうと2〜3年はかかってしまうことなんだ。
 僕ならもっといいものがつくれるし、しかも一週間で立ち上げてみせる。


2004年の今日、2月4日。
マーク・ザッカーバーグは、
Facebookをスタートさせた。

アイデアに爆発力を持たせるのは、スピードだ。



topへ

佐藤延夫 17年2月4日放送

170204-02 winterriot
2月4日生まれのSNS/2

成功するための条件のひとつ。
それは、タイミングを見極めること。
どんなに世界が驚く発明であろうとも、
時代が追いつかなければ、そのアイデアは追随する奴らの肥やしになってしまう。

ソーシャルネットワークサービス、SNSが誕生したのは
1997年のこと。
しかし普及するまでには多くの人と時間を犠牲にした。
Facebookの創設者、マーク・ザッカーバーグは語る。

「僕たちがつくり出したのではない。社会がやがて受け入れていったのだ。」

2004年の、2月4日。
この日、ザッカーバーグは、
Facebookをスタートさせた。
そして今では、16億人以上が利用している。


topへ

佐藤延夫 17年2月4日放送

170204-03
2月4日生まれのSNS

多くの仕事には明確な目的や完成予想図があり、
従事する者は、それを達成しようとする。
しかし中には、受け皿だけをつくって
あとはユーザーに任せる。
そんな答えのないやり方もある。

代表的なソーシャルネットワークサービス、
Facebookは、仲間内のつながりだけではなく、
就職活動や選挙、革命にまで利用されるようになった。
創設者のマーク・ザッカーバーグは語る。

「自分たちがつくろうとしているものは、自分たちだけで完成するものじゃない。」

2004年の、2月4日。
この日、ザッカーバーグは、
Facebookをスタートさせた。

終着駅のない旅は、13年目に突入する。


topへ

佐藤延夫 17年2月4日放送

170204-04
2月4日生まれのSNS

インターネットの世界で、
匿名でいることは気楽に違いない。
だが、そこに信頼関係は生まれにくい。
ユーザーが実名で登録し、
繋がりのある人たちと情報を共有するほうが健康的ではないだろうか。

実名主義を掲げるFacebookが
ライバルに打ち勝ったのは、
この性善説のような考え方にあったのかもしれない。
創設者のマーク・ザッカーバーグは語る。

「信頼できる相手と情報を共有したいという気持ちは世界共通のものだろう。」

情報過多になりがちな現代。
一番信用できるのは、やはり身元の知れた相手だった。
当たり前のようでもあり、皮肉のようにも聞こえるから面白い。

2004年の今日、2月4日。
この日、マーク・ザッカーバーグは、
Facebookをスタートさせた。


topへ

佐藤延夫 17年2月4日放送

170204-05
2月4日生まれのSNS

インターネットとは、何のためにあるんだろう。
その答えは、使う人の数だけ存在する。
ある人は言った。
「インターネットとは音楽を運ぶためにある」
またある人は言った。
「世界中の情報を瞬時に集め、整理するためにある」
だが、Facebookの創設者、
マーク・ザッカーバーグの考え方は、こうだ。
インターネットとは、人と人とをつなぐ最高のツールだ。

2004年の今日、2月4日。
この日、マーク・ザッカーバーグは、
Facebookをスタートさせた。
今も世界中で、何億人もの人が繋がっている。


topへ


login