佐藤延夫(事務局)

佐藤延夫 19年8月3日放送

Dakiny
金魚の話  琉金

夏の涼を運ぶ、金魚。
室町時代に中国から伝わり、
ブームになったのは江戸時代。
大陸から琉球を経由して薩摩へ運ばれた金魚は、
琉金(りゅうきん)と名付けられた。
丸い体と長い尾びれが特徴だ。
色柄は、素赤(すあか)や更紗(さらさ)などがおなじみだが、
中には鮒の色のまま成長する個体もある。
鉄尾長(てつおなが)と呼ばれ、
日本ではあまり流通していないという。
銀色の金魚も、涼しげだ。


topへ

佐藤延夫 19年8月3日放送

Annie Roi
金魚の話  出目金

金魚は、突然変異の生き物だ。
琉金の群れの中に現れた、
目の飛び出た個体を繁殖したのが
出目金と言われている。
中国では明の時代から存在したようだが、
日本にやってきたのは明治時代。
中国からアメリカに向かう船が横浜に立ち寄った際、
これは珍しいと買い取ったのが始まりだという。
ちなみに英語では、
テレスコープアイと呼ばれているそうだ。


topへ

佐藤延夫 19年8月3日放送

hana *
金魚の話  らんちゅう

らんちゅうは、金魚の王様と言われている。
ずんぐりとした体で背びれはなく、
頭にある大きな瘤が特徴だ。
日本に伝わった最初の金魚、和金から派生した品種で、
愛好家による品評会が熱心に行われている。
ちなみに頭の瘤だが、
脂肪ではなく頭皮が増殖したものらしく、
餌は蛋白質ものが良いとされている。
金魚の王様よりも、
スーパーモデルと呼ぶのがふさわしそうだ。


topへ

佐藤延夫 19年8月3日放送


金魚の話  金魚すくい

室町時代、中国から輸入された金魚は、
江戸時代に一大ブームとなり、
一般家庭に広まったのは明治以降と言われている。
戦時中、戦後は下火になるも、
昭和30年代になると、
花柳界から金魚の人気は復活する。

金魚すくいが始まったのは、江戸時代の終わりごろ。
最初は網ですくっていたが、
丸くした針金に和紙を貼り付けた「ぽい」は
大正時代に生まれている。
ちなみに、金魚すくいの金魚は、
ほとんどが「和金」という品種だ。
今年も、夏祭りのお土産にいかがですか。


topへ

佐藤延夫 19年8月3日放送


金魚の話  オランダ獅子頭

オランダ獅子頭。
知らない人は奇妙に思えるかもしれないが、
れっきとした金魚の品種だ。
オランダで作られたわけではなく、
中国から輸入された金魚が
長崎を経由したため、なんとなく
オランダと呼ばれたのではないか、
という曖昧な説がある。
琉金から進化した品種で、
特徴は、優雅な尾びれと頭のこぶ。
名前に似合わず、とてもキュートな金魚だ。


topへ

佐藤延夫 19年7月6日放送

Padaguan
世界の図書館 キング・ファハド国立図書館

それはまるで、透明な図書館。

メキシコシティにあるホセ・ヴァスコンセロス図書館は、
コンクリートとガラスで構成されている。
近未来を想起させながらも、
どこか神秘的な建物を設計したのは、
メキシコの建築家アルベルト・カラチ。
書架が5階建てのガラスケースで吊るされており、
本棚は宙に浮いているように見える。

ここで調べものをしたら、
無機質な空間の住人になれるかもしれない。


topへ

佐藤延夫 19年7月6日放送

Patrick Gillespie
世界の図書館 ジョージ・ピーボディ図書館

これほど神々しい図書館があるだろうか。

アメリカのメリーランド州ボルチモアにある
ジョージ・ピーボディ図書館は、
本の大聖堂とも呼ばれている。
5層からなるバルコニーには、
本棚が端正に並び、天窓から自然の光が優しく射し込む。
そして、黒と白の大理石が
厳かに閲覧室の床を埋め尽くす。

この図書館は、一般市民にも解放されているが、
うっかりうたた寝などできない緊張感を味わえそうだ。


topへ

佐藤延夫 19年7月6日放送

william veerbeek
世界の図書館 ブック・マウンテン図書館

その図書館は、まるでピラミッド。

オランダ、ロッテルダムにあるブック・マウンテン図書館は、
ガラスと木材でできた三角形の屋根を持っている。
レンガ造りのバルコニーが内部を巡り、
オープンエアのような感覚で読書を楽しめる。
ブック・マウンテンの名前のとおり
本棚が何層にもなる山のように配置され、
頂点の閲覧室からは、街並を360度見渡すことができる。

この図書館は、人口75000人ほどの小さな街の
大きなモニュメントになっている。


topへ

佐藤延夫 19年7月6日放送

Hernán Piñera
世界の図書館 オーストリア国立図書館

そこは、世界で最も美しい図書館のひとつと言われている。

ウィーンにあるオーストリア国立図書館は、
宮廷図書館としての長い歴史を持つ。
バロック様式の大広間、プルンクザールには
装飾画家ダニエル・グランによるフレスコ画が描かれ、
カール6世をはじめ、何人もの皇帝や軍人の彫像が並ぶ。
ホールの隅には巨大な地球儀が鎮座し、
図書館の創設者ハプスブルク家の繁栄を象徴している。
蔵書には宗教家マルティン・ルターのコレクションも
数多く眠っているという。

一歩踏み入れるだけで、その歴史とスケールに圧倒されそうだ。


topへ

佐藤延夫 19年7月6日放送

Mecanoo
世界の図書館 デルフト工科大学図書館

図書館の屋根で昼寝ができる。

それはオランダにあるデルフト工科大学図書館だ。
正面から見ると、モダンデザインの図書館。
裏手にまわると、緑一面の芝生が広がっている。
図書館の屋根が、なだらかな丘のように傾斜しており、
人々はサンドイッチを頬張ったり、
寝そべって本を読んだりすることもできる。

きっと学生たちは、
思い出の中に、この図書館を刻むことだろう。


topへ


login