佐藤延夫 20年8月1日放送

珈琲牛乳
湧水散歩 矢川緑地

武蔵野台地の代表的な河岸段丘、
立川段丘の湧き水を集めるのは、
全長1.3キロの川、矢川だ。
立川市にある矢川緑地は、
上流部に湿地帯、下流には樹林帯の広がる里山となっている。
さらに矢川緑地から15分ほど歩くと、
ママ下湧水にたどり着く。
ママというのは崖のことで、
地層の隙間から地下水が湧き出る。
湧出量は都内でも有数と言われ、
昭和のはじめまで、ワサビが栽培されていたそうだ。

今日8月1日は、水の日。
きれいな水に会いたくなる。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA