2020 年 8 月 29 日 のアーカイブ

堀井沙也佳 20年8月29日放送


麻雀というもの

麻雀というゲームが生まれたのは、1860年頃だと言われている。

当時、中国は太平天国の乱の真っ只中。
清王朝を倒さんと全国各地から集まった人々が、
戦いの合間に、様々なゲームを融合、発展させ、
その原型が形作られたという。

そこで生まれたルールを整理し、広めたのが、
王朝側の人間だった陳魚門(チェンユイメン)という人物。
彼は麻雀と名付けたその嗜みを外交手段に使い、
イギリスを味方に付けることに成功。
見事、太平天国の乱の制圧を成し遂げた。

戦いの中で生まれ、戦いを終わらせたボードゲーム。
それが、現代に伝わる近代麻雀である。


topへ

川田琢磨 20年8月29日放送

llee_wu
麻雀というもの

麻雀の生みの親と言われる、陳魚門(チェンユイメン)。
彼の出身地である中国南部の寧波(ニンポー)には、
麻将(マージャン)起源地陳列館が、2001年に設立された。

この設立にあたって、全面的に協力したのが、
千葉県いすみ市にあった麻雀博物館。
竹書房の創業者である野口恭一郎氏が私財を投じて作った、
世界初の麻雀ミュージアムだ。

日本の麻雀博物館は、残念ながら2017年に閉館してしまったが、
その収蔵品の一部は、麻将起源地陳列館で
今も大切に展示されている。


topへ

堀井沙也佳 20年8月29日放送

alexjtam
麻雀というもの

麻雀を日本で最初に紹介したのは、
夏目漱石だった。

彼が中国を旅した際の見聞記「滿韓ところどころ」には、こう記されている。

厚みも大きさも将棋の飛車角くらいに当たる札を
五六十枚程四人で分けて、
それを色々に並べ替えて勝負を決していた。

当時、このコラムは新聞に掲載され、多くの人の目に触れた。
だが、あまり麻雀は流行らなかったようだ。


topへ

川田琢磨 20年8月29日放送


麻雀というもの

清朝末期の女帝、西太后(せいたいこう)。
彼女は大の麻雀好きだった。
そして、大の負けず嫌いだった。

その結果、宮廷では地獄のような接待麻雀が
連日開催されることとなる。

図らずも、西太后に勝ってしまった不届き者は、
力の限り、床に頭を打ち付けながら謝罪しなければ打ち首。
ワザと負けるようにイカサマを打った者も打ち首。

そこで使われていた麻雀牌は、
様々な宝石があしらわれた超国宝級の代物で
世界一高価な麻雀牌と言われている。

しかし、現在は行方不明となってしまった。


topへ

川田琢磨 20年8月29日放送


麻雀というもの

中国で生まれた麻雀を世界へ広めたのは、アメリカ人だった。
日本の麻雀のルールも、半分はアメリカ式だと言われている。
そう、麻雀とは、広がった先々で、独自の発展を遂げているゲームなのだ。

アメリカの麻雀には、
ゲームを始める前に、いらない牌を隣の人と交換する
チャールストンというルールがある。
さらに、ジョーカーが存在する。
そして、役が毎年変わるので、
その度にルールブックを購入しなければならない。

一方、日本では当たり前のリーチやドラは、
海外ではローカルルール扱い。
日本式と呼ばれる、独自のルールだ。

古い遊びと思われがちな麻雀だが、
実は、まだまだ進化中のボードゲームなのである。


topへ