2020 年 8 月 15 日 のアーカイブ

渋谷三紀 20年8月15日放送

carlfbagge
「ひまわり」について

夏の花、ひまわりの名前は、
「日が廻る」の意味で、
太陽を追いかけて成長することから来ている。
ひまわりは光が当たらない後ろ側が早く成長するから、
若い茎や咲きはじめたばかりの花は
光の向きに合わせて曲がる。
そして完全に開いたひまわりの多くは
東を向いているのだそうだ。
そんな生物学的根拠はひとまずおいておくとして。
ひまわりを見ていると、
明るい方を向いて生きようと思う。


topへ

渋谷三紀 20年8月15日放送


「ひまわり」とインディアン

ひまわりの原産地は北アメリカ。
インディアンは紀元前3000年頃から
ひまわりを栽培して様々な用途に使っていた。
粉末状に砕いてお菓子やおかゆやパンにしたり、
他の野菜と混ぜて食べたりするのはもちろん、
茎を乾燥させて家を建てる材料にしたり、
塗り薬にしたり、
ひまわり油を髪や肌に塗ったりもしていたらしい。
インディアンにとって、
ひまわりは欠かせない資源だった。


topへ

渋谷三紀 20年8月15日放送


「ひまわり」とゴッホ

花瓶に活けられた
ひまわりを描いた画家のゴッホ。
新天地の南仏アルルに移り住み、
後からやって来る友のゴーギャンを待ちながら描かれた
その絵には、希望に満ちたゴッホ自身が溢れ出ている。
実は当時のヨーロッパで黄色は裏切りを意味していて、
決してポジティブな色ではなかった。
しかし、そこはゴッホ。
そんな常識、まぶしい絵の具で塗りつぶしてしまった。


topへ

渋谷三紀 20年8月15日放送

Irina Callegher
「ひまわり」とロシア

暑い国で咲く花、
というイメージがあるけれど、
ひまわりはロシアの国花だ。
生産量で世界一になったこともある。
極寒の地で、なぜひまわりが広まったのか。
宗教上の理由で油脂食品が禁じられていたロシア。
禁止リストに載っていなかったひまわりの種を
人々は自然と食べるようになったらしい。
鑑賞するだけではない。
ひまわりは生きるために必要な花だった。


topへ

渋谷三紀 20年8月15日放送


「ひまわり」とギリシア神話

ギリシア神話にこんな物語がある。
太陽神アポロンと恋に落ちた水の女神クリュティエ。
心変わりしてしまった彼を
クリュティエは遠くから見つめ続けた。
9日9晩たったとき、その足は地面に根付き、
一輪のひまわりになっていたという。
そんな話を聞けば、ひまわりを見る目も変わる。
悲しいほどの情熱で太陽を向き、咲いている。


topへ