名雪祐平

名雪祐平 19年3月30日放送

philipsteffan
跡地に誰かいた

ドイツ、旧東ベルリン。

1969年、東ドイツ唯一の
遊園地が開園した。

ドイツ統一後は、
シュプレーパークと呼ばれ、
西欧の遊具が追加されたが、
経営は苦しく、
2002年、とうとう破産。

閉鎖後の遊具や乗り物は、
もの哀しく放置された。

ところが、観覧車だけが
ひとりでに回り続けることがある。

ゆっくりと、17年。

誰が乗っているんだろう?

topへ

名雪祐平 19年3月30日放送


跡地に誰かいた

人類が最後に
月に降り立ったのは1972年。

それから47年、
月面に立つ星条旗は、
まだ残っている。

強烈な太陽光にさらされ、
紫外線によって色は失われ、
真っ白になっているという。

まるで無国籍を表す
白い旗。

わたしたちの遙か頭上で
はためいている。


topへ

名雪祐平 19年3月30日放送


跡地に誰かいた

2016年、リオオリンピックで、
華やかな開会式を行った
マラカナン・スタジアム。

オリンピックからわずか半年で、
美しさを誇った緑の芝生は枯れ果て、
数千もの座席が何者かに破壊され、
TVモニターなど盗めるものは盗まれた。

巨額な未払いの電気代や
経営の分裂などの理由で
いまも閉鎖状態となっている。

2020年、東京のあと。
施設の維持費の合計は
いったい、おいくら?

おしえてください。


topへ

名雪祐平 19年3月30日放送

mtchlra
跡地に誰かいた

ニューヨーク、ヤンキースタジアム。

その隣りに、
旧ヤンキースタジアムの跡地があり、
普通の草野球場になっている。

1923年からここで、
伝説の名プレイヤーたちが活躍した。
ベーブ・ルース、
ルー・ゲーリック、
ミッキー・マントル……。

彼らは、いま同じ場所で
ボールを投げ、打つ子どもたちを
見守っているのかもしれない。

外野には、こんな文章が掲げられている。

 SOMETIMES YOU WIN
 SOMETIMES YOU LOSE
 SOMETIMES IT RAINS


 勝つときもあれば
 負けるときもあるさ
 雨も降るしね



topへ

名雪祐平 19年3月30日放送

fabfotophotography
跡地に誰かいた

ニューヨーク、グラウンド・ゼロ。

9.11同時多発テロで崩壊した
ワールドトレードセンタービル跡地。

水が流れ落ちる巨大な2つのプールがある。

犠牲者を慰霊する
サウスプールとノースプール。

プールを取り囲むブロンズには、
1993年の爆破テロ事件の
犠牲者もふくめ、
2983名の名前が彫られている。

名前はアルファベット順ではなく、
亡くなった場所、日時などでわけられ、
ネット上でどこかを調べることもできる。

いくつかの彫られた名前に、
一輪の白いバラがさされ、
風に揺れていた。


topへ

名雪祐平 18年12月29日放送

181229-01 Mohafiz M.H. Photography (www.lensa13.com)
普通の赤ちゃん

 It’s a girl.
 女の子だ。


医師は、帝王切開によって
その赤ちゃんをとりあげた。

1978年、7月25日、午後11時47分。
体重5ポンド12オンス。
元気な産声が響きわたる。

普通の出産シーンと、何ら変わらない。
唯一、違うこと。

女の子は、
世界初の試験管ベビーだった。

誕生の歴史的瞬間を
目撃するのなら、
YouTubeへ。

“First test tube baby Louise Brown (1978)”


topへ

名雪祐平 18年12月29日放送

181229-02
普通の赤ちゃん

世界で初めて、
体外受精で産まれた赤ちゃんを
世界中は、こう呼んだ。

 試験管ベビー

生まれてすぐ、
調べた医師は、
最初に言った。

 普通の赤ちゃん

両親は、
普通の女の子の名前にした。

 ルイーズ・ブラウン

医師は、喜びを意味する
ミドルネームを
つけてくれた。

 “JOY”

これから全世界の人々と
喜びを分かち合うように、と。


topへ

名雪祐平 18年12月29日放送

181229-03
普通の赤ちゃん

40年前、
世界初の体外受精によって
生まれた女の子、ルイーズ。

その誕生は、何を意味するのか?

科学者や宗教指導者から
一般市民まで巻きこみ、
世界中、賛否両論。

でも、ずっと不妊に悩んでいた
ルイーズの両親にとっての意味は、
たったひとつ。

 ついにできた、
 私たちの赤ちゃん!


家族を非難したり、
嫌がらせの手紙がつぎつぎ届いたが、
その一方で、
子どもに恵まれない世界中の夫婦から、
祝福の手紙が何百通と届いた。

ルイーズは、
新しい希望の子になった。


topへ

名雪祐平 18年12月29日放送

181229-04 Maurice Pullin
普通の赤ちゃん

世界初の試験管ベビーと呼ばれた
ルイーズ・ブラウン。
今年、40歳になった。

ルイーズには魂がない、と
非道い言葉を浴びせられた過去もあった。

でも、それから体外受精で生まれた
赤ちゃんは、世界で800万人。

日本でもいま、
18人に1人が体外受精で生まれる。

とっくにもう、試験管ベビーという
特別な存在ではなく、

普通の赤ちゃん。

ルイーズはいま、
イギリス西部の港町で、
配送会社に勤めている。

ほかのみんなと同じように、
大人になり、
普通の女性になった。

生まれてくるのに、
科学の力を、
すこし必要としただけ。

ほかのみんなと、なんにも変わらない。


topへ

名雪祐平 18年12月29日放送

181229-05
普通の赤ちゃん

中国で生まれた
双子の女の子、ルルとナナ。

その存在が、
世界を驚愕させた。

世界最大級のタブー。
ヒトの遺伝子を操作する
ゲノム編集によって生まれた、
と、中国の研究者が突然発表したのだ。

世界中から批判が殺到。
当の研究者は、
勤務する大学当局によって
軟禁されたという。

まだ謎ばかり。

ただひとつ、言えること。
ルルとナナは、生きている。
そしてこれからも、生きていく。

ルルとナナに、何も罪はない。
かけがえのない命があるだけだ。


topへ


login