Vision > 名雪祐平

名雪祐平

名雪祐平 17年4月29日放送

170429-01 Damien Cox
ファーストレディという、あやふや

女は、靴に狂った。

そのコレクション、3000足。

夫、マルコス・フィリピン大統領が失脚すると、
豪華な宮殿に3000足を残したまま、
ハワイに亡命。

 ああ、靴がない。靴がないわ。

女の嘆きが報道されると、
全米から続々とプレゼントが届けられた。

片方だけの靴。
左右のサイズが不揃いの靴。
履き古され、汚い靴。

無用の存在感。

選挙で選ばれてもいない存在なのに、
なぜ人は、
ファーストレディと呼ぶのだろう?


topへ

名雪祐平 17年4月29日放送

170429-02
ファーストレディという、あやふや

女は、夫に願った。

 核戦争の時もそばにいさせて。

核のボタンを押せるのは夫だけだった。
アメリカ大統領、
ジョン・F・ケネデイ。

産んだばかりの息子が死んだ時は、
夫と泣いた。

 これ以上耐えられないことは、
 たったひとつ。
 あなたを失うことよ。


そのわずか3ヶ月後、
テキサス州ダラスでパレード中、
夫が銃撃された。

車に飛び散る
夫の頭部の欠片。

それを必死で
手であつめようとする
ファーストレディの姿があった。


topへ

名雪祐平 17年4月29日放送

170429-03
ファーストレディという、あやふや

女は、ファッションに夢中だった

夫、ジョン・F・ケネデイ大統領が
暗殺された時は、
女のピンクのシャネルスーツが、
夫の赤い血を浴びた。

失意の後、ギリシャの大富豪で
62歳のオナシスと再婚。

小切手と結婚したな。

そう世界から批判が集中した。

にもかかわらず、
女は服、靴、バッグ、宝石を買い漁った。

この結婚は、
毎月目をむくような請求書を
つきつけられることなのか。

嫌気が差したオナシスは
離婚を考えたが、別れる前に死んでしまう。

女には、莫大な遺産が転がりこんだ。


topへ

名雪祐平 17年4月29日放送

170429-04
ファーストレディという、あやふや

女は、正しいと疑わなかった。

ルーマニアの独裁者、
チャウシェスク大統領の
ファーストレディとして。

部屋数3107室の贅の限りを尽くした
巨大宮殿の建造も、正しい。

結果、8万人もの住民が家を失う。

女性は45歳までに5人の子どもを産む
人口増加政策も、正しい。

結果、捨て子が激増。

穀物、工業生産のほとんどを輸出に回し、
国内の貧困も、正しい。

結果、パン1つにも飢え、氷点下に凍える。

とうとう、国民の不満が爆発し、
ルーマニア革命が起こる。

多数の犠牲者を出しながらも、
独裁者夫婦は捕らえられた。

銃殺刑のまえ、女は叫んだ。

 国家の母を殺せるものか!

結果、女の正しさは死んだ。


topへ

名雪祐平 17年4月29日放送

170429-05
ファーストレディという、あやふや

女たちは、ファーストレディ。

公人か、私人か。
美しいか、そうでもないか。
知的か、ゲスか。
残酷か、慈悲深いか。

私たちは、
ファーストレディに何を求めるのだろう?
あやふや。

夫が国のトップに出世しただけなのに。

摩訶不思議な、ファーストレディ。

いずれにしても、注目されてしまう女たち。

ファーストジェントルマンが
注目される時代も来るのだろうか?

それは、きっと、いい時代。

レディもジェントルマンの差もなく、
優れた国のトップが増える時代、
かもしれない。


topへ

名雪祐平 17年2月25日放送

170225-01
卒業する君へ バラク・オバマ

2016年、ハワード大学、卒業式。

壇上に、バラク・オバマ大統領。

全米屈指の黒人名門大学で、
オバマは卒業していく若者が
何をなすべきかを語った。

 ハワード大学は、多くのパイオニアを
 生み出してきました。
 黒人初の文学賞受賞者。
 黒人初の最高裁判事。


 しかしながら、
 ハワード大学のミッションは、


 最初のパイオニアを輩出するのではなく、
 それが最後の人にならないように
 することです。


オバマ自身が、最初のパイオニアである。

この卒業生のなかに、
やがて二人目の黒人大統領になる若者が
いるのかもしれない。


topへ

名雪祐平 17年2月25日放送

170225-02 Detroity2k
卒業する君へ スティーブ・ジョブズ

2005年、スタンフォード大学、卒業式。

壇上に、Apple創業者、スティーブ・ジョブズ。

世界で最も有名な卒業スピーチが生まれた。

 Stay hungry, stay foolish.
 ハングリーであれ、愚かであれ。


その2年前の2003年。
膵臓がんの告知を受けていたジョブズは、
同じ卒業スピーチで、こうも語った。

 好きなものを見つけなければならない。

 今日が人生最後の日なら、
 今からやることをやりたいか?


5年後の2010年。
イベントで観客からジョブズへ質問があった。

あの卒業スピーチに、
今、何か付け加えるとしたら?

 そうだな、何を言うかな…

 きっともっと大きな声で話すだろうな。
 なぜなら今はより強く思うんだ。


 人生は、はかない。


topへ

名雪祐平 17年2月25日放送

170225-03 Fort Greene Focus
卒業する君へ ジョージ・ソーンダーズ

2013年、シラキュース大学、卒業式。

壇上に、人気作家、ジョージ・ソーンダーズ。

いままでで最も後悔したことを語った。

 あれは、中学1年の時だった。
 エレンという女の子が転校してきた。
 小柄で恥ずかしがり屋な子だった。
 金髪の髪を口で噛んだりして。

 
 みんな、エレンを無視するか、からかった。
 髪の毛、おいしい? などと。


 おれは、そんなことには加担しなかった。
 だけど、何もしなかったんだ。
 エレンが家の庭に立ち、
 学校に行くことを恐れていたのを
 知っていたくせに。

 
そのうち、エレンの一家は引っ越していった。
42年も経っても忘れられない。

作家は卒業生をみつめ、伝えた。

 私が、
 人生で最も後悔しているのは、
 やさしくなりきれなかったことだ。

topへ

名雪祐平 17年2月25日放送

170225-04 Mathieu Thouvenin
卒業する君へ ジェフ・ベゾス

2010年、プリンストン大学、卒業式。

壇上に、Amazon創業者、ジェフ・ベゾス。

10歳の時の、忘れられない旅について語った。

祖父と祖母とジェフ。
車で旅行していた。
助手席で、祖母はよく煙草を吸っていた。

なんでも計算が得意なジェフは、
煙草が寿命を縮めるという知識をもとに、
祖母の肩をトントンとたたき、得意気に言った。

 たばこ一口で2分寿命が縮まるんだ!
 つまり、おばあちゃんの寿命は
 もう9年も縮まっているんだよ!


自分の賢さを褒めてほしかった。
けれど、祖母は泣き出してしまった。

祖父は車を停め、外に出た。
ジェフにも来るように促した。

祖父は穏やかにこう言った。

 ジェフ、
 いつかわかる日が来ると思うが、
 賢くなるよりも
 やさしくなるほうが、
 はるかに難しいことなんだよ。



topへ

名雪祐平 17年2月25日放送

170225-05 @cpe
卒業する君へ ドリュー・ヒューストン

2013年、マサチューセッツ工科大学、卒業式。

壇上に、DropBox創業者、ドリュー・ヒューストン。

人生をよくする3つのキーワードを語った。

ひとつ、テニスボール。

 成功者は
 気になって仕方ない大切な問題を
 解決することに没頭している。
 テニスボールを追いかける犬のように。


ひとつ、サークル。

 自分の周り、サークルに刺激的な人間を
 たくさんもつ。
 マイケル・ジョーダンだって
 NBAに行かなければ、ただの人さ。


ひとつ、30,000日。

 人生は30,000日しかない。
 そう気づいた時、僕はもう
 9,000日終わってたんだ。
 人生を完璧主義で生きるのをやめよう。
 いますぐ、自分の人生を面白くしよう。


さて、みなさん。
人生、何日過ぎましたか?
きょう1日も、そろそろ終わります。


topへ


login