名雪祐平

名雪祐平 19年11月30日放送


水があふれる  ヤマタノオロチ

それはそれは大きな蛇がいた。

八つの頭、
八つの尾っぽ、
赤い目玉。

日本神話に登場する巨大生物、
ヤマタノオロチ(八岐大蛇)。

いま出雲地方を流れる斐伊川こそ、
ヤマタノオロチと伝わる。

古来より大洪水をくりかえし、
暴れ狂う様子が大蛇に例えられ、
神話となった。

川は蛇。
そして、あなたの家にも忍び込んでいる。

ほら、蛇口。



topへ

名雪祐平 19年11月30日放送


水があふれる  禹王

いま日本で、
ある記念碑がつぎつぎ見つかっている。

禹王の碑。

禹王とは、紀元前2100年頃の
中国の皇帝であり、
大洪水をふせいだ英雄。

泥の中を這いずり回って
脛の毛がすべて抜けるほど
治水に苦心したと伝わる。

その禹王の史跡が、
いま日本全国に124か所。
どれもが洪水のあった
暴れ川のそばに立つ。



topへ

名雪祐平 19年11月30日放送

© 国土画像情報
水があふれる  信玄堤

武田信玄の旗には、風林火山。
その四文字に、水はないが。

今年襲った猛烈な台風19号から
甲府盆地西部を守ったのは、
450年前に信玄が築いた「信玄堤」だった。

信玄堤は、あえて堤防に
隙間を造るという逆転の発想。

じわっと水をあふれさせ、
台風が過ぎ去れば
再び隙間から川に戻っていく。

信玄は知っていた。
この世に決壊しない堤防などない。
人間は、自然の力を
完璧に抑え込めるはずがないことを。



topへ

名雪祐平 19年11月30日放送


水があふれる  腹が減っては

田んぼがほしい。

戦に出かける
兵に食べさせる米を作る
田んぼがほしい。

田んぼには、水がいる。

こうやって、日本の土木技術は
戦国時代に飛躍的に進んだ。

なかでも加藤清正は
「土木の神様」といわれるほど。

田んぼに水を引くための
堰や用水路を数多く整備。

阿蘇山からの水は、
田んぼから地下に浸透し、
良質な地下水を育んだ。

いまでも熊本市民の水源は
100%地下水でまかなわれている。



topへ

名雪祐平 19年11月30日放送

tokyoform
水があふれる  水戦争

牛丼一杯つくるために
使う水の量は?

2400リットル。

牛の飼育から、米・玉ねぎの収穫、
原材料製造、調理まで、
お風呂の湯船10杯ほどの水がなければ
牛丼も食べられない。

水不足。
石油のように、いつか水の利権を奪い合う
戦争になるかもしれない。

日本は、じつは牛丼のように
仮想される水の輸入大国。

きょうも、世界中の水を飲んでいる、
あなた。



topへ

名雪祐平 19年8月31日放送


ラグビー! 伝説

200年前、イギリスで。

フットボールの試合中、
少年エリスは、反則を犯した。
突如ボールを手にもち、
ゴールめがけて走りだしてしまった。
それがラグビーの起源、と語り継がれる。

おっちょこちょいが、歴史をつくる。

その試合が行われた学校の名前が、
ラグビー校。


topへ

名雪祐平 19年8月31日放送

bradley
ラグビー! 楕円

ラグビーボールは楕円形。
どこへ転がるかわからない。
ままならない人生にもよく例えられる。

ある研究では、楕円のボールが
狙い通りの角度にバウンドする確率は、
180分の1だとか。

人生も、そんな確率でどこへ行く?
あっちに転がり、こっちに転がり、
ケセラセラ。


topへ

名雪祐平 19年8月31日放送


ラグビー! 膀胱

楕円のラグビーボール。
その素材は?

最初は、豚の膀胱。

大きく膨らませ、
革で包み、ボールにしていた。
完全な球にはならず、
それが楕円球のはじまり。

1862年、
ボール製作者の妻が肺病で死亡。
死因は、豚の膀胱を膨らませていたこと。

この出来事をきっかけに、
ゴム製の空気袋が使われだした。


topへ

名雪祐平 19年8月31日放送


ラグビー! 代表

ラグビー日本代表の選手は、32人。
その約4割が、外国出身の選手たち。

トンガ、サモア、
ニュージーランド、オーストラリア、
南アフリカなど強豪国出身がズラリ。
多くが日本に帰化している。

ただ、日本国籍がなくても、
3年継続して日本に居住していることなど、
ラグビー特有のルールを満たせば
代表となれる。

そして、一度でも日本代表になれば、
二度と別の国の代表にはなれない。
それが母国であっても。

人生の覚悟をもって、
世界からやって来た日本代表。


topへ

名雪祐平 19年8月31日放送


ラグビー! 言葉

ラグビーの精神を表す言葉がある。

「one for all, all for one」
ひとりはみんなのために、
みんなはひとりのために。

19世紀のフランスの小説
『三銃士』からの引用とされる。

そして、「ノーサイド」
試合が終わればおたがいの健闘を
称えあうこと。

ラグビーをやらなくても、
ラグビーの精神から学ぶことは、多い。

ラグビーワールドカップ、
初の日本大会まで、
あと20日。


topへ


login