厚焼玉子(事務局・中山佐知子)

厚焼玉子 19年9月28日放送


秋の虫 虫聞き

秋の夜、野山に出て虫の声を楽しむことを
「虫聞き」と言うそうだ。

虫の声を楽しむ習慣は日本にしかない。
ラフカディオ・ハーンは日本に来て
虫の声を楽しむ人々を見てかなり驚き、
虫を売る商売があるのを知って
さらに驚いたという。

なぜ日本にしかないのか、
左右の脳の機能の問題とは思うが、
面倒な話は置いておいて
虫の声を楽しむ文化のある国で
秋をじっくり楽しみたい。



topへ

厚焼玉子 19年9月28日放送


秋の虫 枕草子

「春はあけぼの」からはじまる
清少納言の枕草子。
読み進むと、「虫はすずむし」というくだりがある。
その後に続くのがヒグラシ、蝶、松虫。

ヒグラシは9月になっても鳴いている。
松虫は8月から鳴きはじめる。
いつ夏が終わり、いつ秋がきたのか。
清少納言の時代は
もっと鮮明に見えたのだろうか。



topへ

厚焼玉子 19年9月28日放送

ろごきっと
秋の虫 熊楠のコオロギ

コオロギは「つづれ刺せ」と鳴くと昔から言われ
ツヅレサセコオロギと言う種類もいる。
「つづれ刺せ」は
着物のほころびを修理しようと言う意味だが、
実際にコオロギの声を聞いてもそうは聞こえない。

天才生物学者の南方熊楠は
コオロギの鳴き声を
「寿司食って餅食って酒飲んで、つづれ刺せ、夜具刺せ」
と書いている。

どうも。天才にしか聞こえない声があるようだ。



topへ

厚焼玉子 19年9月28日放送

yyzz2
秋の虫 カンタン

カンタンは儚げな姿の小さい虫で
その鳴き声は秋の虫の女王と言われるほどだ。

秋も深まった水辺で
少し冷たい風に吹かれながらカンタンの声を聞くと
誰もが風情があって美しいと言う。

カンタンは滅多に捕まらないが、
捕まえて部屋で声を聞いた人の話によると、
けっこう大音量でうるさいそうだ。

やはり虫の声は野山で聞くべきと思う。



topへ

厚焼玉子 19年9月28日放送

風の花
秋の虫 カネタタキ

チッチッチという声が
庭や公園の木のあるところから聞こえたら
それがカネタタキだ。

カネタタキは1センチかそこらの小さい虫で
鳴き声も小さいが
気温が下がると昼間も鳴くようになるので
ああこの声だとわかるようになる。

姿も声も万事に控えめなカネタタキだが
オス同士が出会って競い合うと
俄然激しい鳴きかたになる。

小さくてもプライドはしっかりと。



topへ

厚焼玉子 19年7月27日放送

かがみ~
戦場ヶ原の夏 アザミ

奥日光、戦場ヶ原。
標高1400メートルに位置するこの湿原は
夏の花がほぼ7月でピークを終える。

ノハナショウブ アカヌマフウロ ヤマオダマキ
イブキトラノオ、ウマノアシガタ…

7月の花々の隙間からノアザミの蕾がのぞいている。
ノアザミの赤紫の花は
戦場ヶ原の夏の終わりに咲く。

湿原の夏は駆け足で去って行く。


topへ

厚焼玉子 19年7月27日放送

KYR(休会中)
戦場ヶ原の夏 赤トンボ

奥日光、戦場ヶ原。
ここは真夏でも25℃から気温が上がらないと
地元の人が言う。

人ももちろん夏休みの避暑にやってくるが
赤トンボの避暑地でもある。

赤トンボの代表、アキアカネは
6月に平地の田圃で羽化し
夏になると群れをなして奥日光にやってきて
涼しい夏を過ごすのだ。

9月、再び平地に降りたアキアカネは
10月に産卵をして短い一生を終える。

湿原の夏は赤トンボの一生に一度の夏だ。


topへ

厚焼玉子 19年7月27日放送

js755332
戦場ヶ原の夏 ハイカー

戦場ヶ原は400ヘクタールの湿原を取り囲むように
自然研究路が整備されている。

その木道を歩くハイカーは
追い越すときやすれ違うときに必ず挨拶をする。
挨拶はゴミの持ち帰りと同じく
ハイカーのマナーなのだ。

「こんにちは」
「こんにちは」

若い人も年輩のカップルも
小学生の団体も
ここでは同じ条件で歩いている。

「こんにちは」は笑顔に繫がると
あらためて気づく。


topへ

厚焼玉子 19年7月27日放送

*_*
戦場ヶ原の夏 釣り

戦場ヶ原を流れる湯川。
ここには渓流釣りのポイントがあって
ときおり釣り人を見かけることがある。

長崎のグラバー邸で有名なあのグラバーさんが
奥日光に別荘をかまえ、
カワマスを放流してフィッシングを楽しんだのが
はじまりだそうだ。

湯川のフィッシングはキャッチ&リリースが決まりだし
湿原保護のための立ち入り禁止区域も多いが
戦場ヶ原で釣りというだけでびっくりされそうだ。


topへ

厚焼玉子 19年7月27日放送

Σ64
戦場ヶ原の夏 アカヌマフウロ

戦場ヶ原の7月、木道(自然研究路)を歩くと
紫がかったピンクの花、アカヌマフウロが目につく。

フウロソウは種類が多く
その土地の名前で呼ばれることもあって
素人では見分けがつきにくいのだが、
アカヌマフウロはハクサンフウロのことで、
近くの赤沼という地名にちなんで
戦場ヶ原ではアカヌマフウロと呼ばれていることが判明した。

名前はややこしいが、フウロソウはかわいい。
風露は漢字で「風の露」と書く。
朝露が花の上で風に揺れる様子から名付けられている。


topへ


login