古居利康

古居利康 20年6月27日放送


家康がつくった図書館

江戸城の一角に図書館があった。
その名は紅葉山文庫。
1602年、幕府を開く前の年に、
徳川家康がひらいた。

キリスト教の宣教師がこの国に伝えた
活字印刷。16世紀末には書物の出版が
盛んになっていた。
家康は、歴史書や学術書など
広く収集する一方、みずからも
和漢の古典を出版するほどだった。

紅葉山文庫は、そんな家康の
書物好きの、いわば集大成とも言えた。


topへ

古居利康 20年6月27日放送


書物奉行と書物同心

江戸城内にあった図書館、
紅葉山文庫。開設者、徳川家康。
5名前後の書物奉行と
20名ほどの書物同心が専任で勤務し、
11万を超える蔵書の管理にあたった。

書物の虫干し、保存状態の検査、
地震や大雨のあとの書庫内の点検などなど、
書物を守ることが何より大事なお役目だった。

書物奉行を拝命した人物が
就任にあたって提出した誓約書が残っている。
「虫に喰われぬよう、入念に手入れをすること。
無断で貸し出したり写したりせぬこと。」
将軍専用の図書館だけに責任も重かった。


topへ

古居利康 20年6月27日放送


徳川吉宗が借りた本

将軍専用の図書館、紅葉山文庫。
徳川家康が江戸城内に開設した。

初代に劣らぬ書物好きだったのが、
8代将軍、徳川吉宗。
彼が閲覧した書物の記録が残っている。

たとえば1723年(享保8年)
天然痘に関する中国の医学書を
20冊以上借りている。
この年、江戸の街に流行していた天然痘。
当時不治の病とされ、多数の死者を
出していたこの災厄から民を救う知恵を
みずから探そうとしたのか。

数々の改革で幕府を立て直した将軍の
真摯な思いが伝わってくる。


topへ

古居利康 20年6月27日放送


詰め将棋の将軍

江戸城内にあった紅葉山文庫。
徳川家康が、まつりごと運営の指針となる
古今の典籍をあつめた。

蔵書の中には、政治とは関係ない
趣味の本もあった。たとえば将棋の本。
江戸時代、歴代の将棋名人は、
名人位が決まるとそれぞれの技量を
詰め将棋の形で残し、幕府に献上していた。
将棋好きだった初代家康以来の習わしだった。

「暇さえあれば将棋ばかり差していた」
と言われる10代将軍、徳川家治は、
みずから詰め将棋の書物「詰将棋百局集」を
著して、紅葉山文庫におさめた。


topへ

古居利康 20年6月27日放送


紅葉山文庫のその後

1602年、徳川家康、
将軍の図書館、紅葉山文庫をひらく。
1868年、江戸城明け渡しの際、
4棟の書庫と16万冊の書籍も
そのまま新政府に引き渡される。

その後、
明治政府の「内閣文庫」に移管され、
いま国立公文書館のコレクションとなり、
公開されている。

幕府は瓦解したが、
本は散逸せず、知は受け継がれた。

紅葉山文庫は、将軍をはじめ、
もっぱら特権階級しか閲覧できない
図書館だったけれど、
いま万民のものになった。


topへ

古居利康 20年2月29日放送


石の声を聴く

サヌカイトという石がある。
讃岐地方で発見されたので、サヌカイトという。

叩くと不思議な音がする。
カーン、カーンという、金属質の澄んだ音色。
地元香川県では「カンカン石」と呼ばれて
親しまれてきた。

およそ1500万年前。
瀬戸内地域の火山活動で
地上に噴出したマグマが、急速に冷えて
固まった火山岩。黒色緻密なガラス質。
硬質で堅牢だったため、
旧石器時代になると、
矢じりや石斧の材料に使われた。


topへ

古居利康 20年2月29日放送


石の声を聴く

サヌカイトという石がある。

ナウマン象やフォッサマグナで知られる
ドイツ人地質学者、ナウマン博士が発見した。
明治の初め、お雇い外国人として来日。
日本列島の地質を調べるために、
本州、四国、九州の広範囲を調査する
その過程で、不思議な石に出会う。

「日本の讃岐地方に、
叩くと美しい音がする石がある。」

ドイツの学術誌に報告し、
石のサンプルを本国に送る。
友人の地質学者ヴァインシェンクが
「サヌキの石」という意味の学名
「サヌカイト」と命名。
学会で発表した。


topへ

古居利康 20年2月29日放送


石の声を聴く

サヌカイトという石がある。
叩くと、ガラスのような、金属のような、
澄んだ音色がする。

サヌカイトでつくる楽器は、
ピアノよりも上下に1オクターブずつ広い
音階を奏でることができるという。

はるか遠い古代から響いてくるように
感じるのはそのせいだろうか。

1964年の東京オリンピックでは
開会式でサヌカイトの楽器が演奏され、
不思議な音色が世界を魅了した。



topへ

古居利康 20年2月29日放送

Yoshio Kohara
石の声を聴く

サヌカイトという石がある。
旧石器時代には矢じりや槍先などの武器、
縄文時代に入ると、ナイフや包丁など
生活道具の材料になった。

瀬戸内海の島々、九州北部、紀伊半島。
同じ種類の石はかなり広く分布するが、
とりわけ高松市国分寺町や、
坂出市金山周辺で産出するものは、
「水晶よりも硬い石」として知られ、
この地でつくられたと推測できる道具が
近畿、中国地方など広範囲で出土する。

サヌカイトは、
約3500年前の縄文時代後期、
瀬戸内海の交易がすでに始まっていたことの
証しとなっている。


topへ

古居利康 20年2月29日放送

ijliao
石の声を聴く

サヌカイトという石がある。
叩くと不思議な音がする。
まるで、石が歌っているかのような音。

サヌカイトが生まれた讃岐の国は
空海を生んだ国でもある。
空海が中国から持ち帰った真言密教。
その宗教音楽に用いる
「磬(けい)」という打楽器がある。

通常は金属でつくる「磬」だが、
サヌカイトでつくられた「磬」も
存在するようだ。

遠い昔、弘法大師が
聴いていたかもしれない音。
何万年も眠りつづけて
いま目覚めたかのような、余韻の長い音。

石が声を持っているとしたら、
きっとこんな音だ。


topへ