古居利康 20年2月29日放送


石の声を聴く

サヌカイトという石がある。
讃岐地方で発見されたので、サヌカイトという。

叩くと不思議な音がする。
カーン、カーンという、金属質の澄んだ音色。
地元香川県では「カンカン石」と呼ばれて
親しまれてきた。

およそ1500万年前。
瀬戸内地域の火山活動で
地上に噴出したマグマが、急速に冷えて
固まった火山岩。黒色緻密なガラス質。
硬質で堅牢だったため、
旧石器時代になると、
矢じりや石斧の材料に使われた。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login