Vision > 門田陽 > 門田組・伊藤健一郎

門田組・伊藤健一郎

伊藤健一郎 17年2月18日放送

170218-01 InDanaPt
ギターウルフの話 ロケット

日本が世界に誇るジェットロックンロールバンド、ギターウルフ。
メンバーの1人、ギターのセイジは言う。

 人生はロケットだ。
 一生なんて、宇宙の広大さの中では一瞬でしかないわけだし、
 俺たちは一生分の燃料を積み込んで、
 もの凄いスピードでぶっ飛ばさないともったいない。


セイジは、自分のことを、世界でも指折りの下手なギタリストだという。
だがしかし、テクニックはどうであれ、時代が彼らを無視できなかった。

 どんなにくだらない言葉でも、
 その人間の思い込みや思い入れを吹き込めば、
 それは命がある歌なんですよ。
 つまりロックンロールなんです。


結成から30年あまり。走り続ける狼は吠える。

 止まって得られるサティスファクションなどない。



topへ

伊藤健一郎 17年2月18日放送

170218-02 kaex0r
ギターウルフの話 ベースウルフ

日本のガレージロックバンド、ギターウルフ。
ベースウルフことU.Gは、二代目のベーシストだ。
初代ベースウルフのビリーが急逝し、その後を継ぎ加わった。

加入当時のU.Gが好んだ音楽はヒップホップ。
ロックンロールは、ギターウルフしか知らなかった。

それでも新メンバーとして招かれたU.G。
採用理由は、実にシンプルだった。

 ベースを手にしたこともない。
 ただ、島根の田舎でたいそうな不良だった。


ギターウルフ曰く、ロックンロールは、
一にルックス、二に気合い、三にアクション!

唯一無二のベーシストに進化したU.Gは、
惜しまれつつも今年、ギターウルフを去る。
つまり、ギターウルフは新たにベーシストを募集するわけだが、
彼らの公式ホームページに打ち出された条件はただひとつ。

 海外でぶっ飛ばせる奴!



topへ

伊藤健一郎 17年2月18日放送

170218-031 axlright
ギターウルフの話 キャロル

日本のガレージロックバンド、
ギターウルフはアメリカツアーの最中に、こう吠えた。

 ユー ハブ エルヴィス!
 ウィー ハブ キャロル!


本能むき出しの爆音で、全米を熱狂させたギターウルフ。
ジャパニーズロックの血を引く狼は、
最高にゴキゲンな夜、決まった曲でアンコールにこたえる。

YAZAWAの名曲“アイ・ラブ・ユー、OK”

 I love you, OK この世界に
 たった一人のおまえに 俺の愛のすべてを捧げる




topへ

伊藤健一郎 17年2月18日放送

170218-04 masao nakagami
ギターウルフの話 タイトル

ガレージロックバンド、ギターウルフのセイジ曰く、

 いいタイトルさえ思いつけば勝ったも同然。

火星ツイスト、ガソリン子守歌、ソ連のヒロシ、チラノザウルス四畳半…
出会うはずのなかった単語と単語が結びつき、ウルフのロックは産声を上げる。

マグマ信長という曲には、こんな歌詞がある。

 野望なかばの 切腹シェイキン 炎の中の 本能寺
 … あいつは、ヤバい マグマ信長

壮絶な死に際は、まさにロックンロール。
本能寺の変から、400年のときを経て復活した信長も、
さぞかし本望だと思います。



topへ

伊藤健一郎 17年2月18日放送

170218-05 PharPhoto
ギターウルフの話 悩み?

1987年に結成された、3ピースバンド、ギターウルフ。

狼たちが放つサウンドは、まるで暴力だ。
「音がデカ過ぎて、機材がイカれる」
「ライブの爆音と状況は命の危険さえ感じる」

とあるライブ終わりに、1人の男がギターのセイジに叫んだ。

「悩みがぜんぶ吹っ飛びました!」

すると、セイジは笑ってこう返した。

「悩み?そんなのあってどうするんですかー!」


ロックンロール。



topへ

伊藤健一郎 16年11月19日放送

161119-01 Lover of Romance
両さんの話(生きるモード)

今年9月に40周年を迎え、
連載を終了した『こちら葛飾区亀有公園前派出所』。

主人公の両津勘吉は、
仕事よりも遊びに精を出す非模範的な警官だが、
たまに時代をバッサリと切る。

これは、今の若者に対する両さんの言葉。

 何か悩むとすぐ生きるべきか死ぬべきかだからな!
 目の前がすぐ真っ暗になり二者択一だ!
 悩んだらまず「生きる」モードに切り替えてからスタートだ!
 それから、どう生きるかを探せばいい!


この国には両さんが、まだまだ必要ですが…、
ひとまず、両さん、長い間お疲れさまでした。


topへ

伊藤健一郎 16年11月19日放送

161119-02 Japanexperterna.se
両さんの話(両津式遊び学)

2016年9月。200巻刊行をもって
連載を終了した『こちら葛飾区亀有公園前派出所』。

主人公の両さんは、弱者の味方で正義感が強い警官だが、
勝負事となれば、話は別。
相手が誰であろうと、どんな手を使ってでも勝ちにいく。

両津式遊び学によると、
 「ずるい」「ひきょう」は、敗者のたわごと!
 遊びでも勝たねばならん!

だそうです。

遊びの天才、両さん。長い間、お疲れさまでした。


topへ

伊藤健一郎 16年11月19日放送

161119-03 panDx1
両さんの話(元気上等)

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』通称『こち亀』の主人公、
両さんは、それはそれは悪ガキだったという。

無断で借りたバイクで、隅田川にダイブしたり…。
先生を驚かせるために、教室にトラを連れ込んだり…。
信じられない悪事を繰り広げたそう。

そんな両さんに、あるとき子どもが自転車でぶつかってきた。
ふと、自分の幼少期を思い出した両さんは、
ばつが悪そうな少年にこう言った。

 ガキは元気で上等!

公園で遊ぶ子どもに対して「うるさい!」と苦情が殺到する昨今。
大人たちこそ『こち亀』を読むべきだろう。

子どもの味方、両さん。長い間、お疲れさまでした。


topへ

伊藤健一郎 16年11月19日放送

161119-04 ajari
両さんの話(ギャンブル)

この秋、連載40周年をもって幕を閉じた『こちら葛飾区亀有公園前派出所』。
主人公の両津勘吉は、仕事の合間にギャンブルに勤しむ型破りな警官だ。

あるとき、
子どもをギャンブルに巻き込んだ両さんは、
部下から注意を受けた。
しかし両さんは、反省するどころか、
こんな正論で切り返す。

 ギャンブルのどこが悪い!
 入試、就職、結婚、みんなギャンブルみたいなもんだろ!
 人生すべて博打だぞ!


ときに子どもは、学校では教えてくれない大真理をマンガから学ぶ。
人生の先生、両さん。長い間、お疲れさまでした。


topへ

伊藤健一郎 16年11月19日放送

161119-05 K.K.Chu
両さんの話(引き際)

「えええ~!ショックが大き過ぎる」
「いやだ、いやだ、寂しいよ~」

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の連載終了が決まったとき、
終了を惜しむ声がたくさん寄せられた。

連載期間40年。そして、200巻刊行という
偉業を成し遂げようとする中、
主人公の両津勘吉は、こう叫んだ。

 こういうときだけ「最近読んでないけど好きだった」とか、
 「もっと続いてほしかった」とか言いやがって…うれしいけど。


最後の最後まで、世の中をぶった切ってみせた。
両さん、長い間、本当にお疲れさまでした。


topへ


login