伊藤健一郎 18年1月27日放送

180127-05 Gansb
リンキン・パークの話(悪夢)

 オマエが 俺のことを 所有物のように扱おうとも
 オマエが俺とともに 戦ってくれていた頃を思うと
 よくここまで こじれたもんだと驚くよ


リンキン・パークのボーカル、チェスターは、
7歳から13歳まで、年上の友達から性的虐待を受けていた。

その悪夢は大人になってもつきまとい、
チェスターはドラッグに溺れることになる。

 必死にここまで頑張ってきた
 でも最後には そんなことどうでも良いんだ
 全てを失うには落ちるしかなかった

チェスターの自殺から半年。
悪夢と決別するために書いたとみられる「In The End」は、
Youtubeで4億7千万回以上も再生されている。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login