2018 年 1 月 27 日 のアーカイブ

伊藤健一郎 18年1月27日放送

180127-01 Drew de F Fawkes
リンキン・パークの話(リンキンの音)

移民の国、アメリカで生まれたロックバンド、リンキン・パーク。
彼らの音は、ラウドロックやヒップホップなど、様々なルーツをもつ。

だからだろう。生み出したアルバムには、そのつど異なる人格が宿った。
賛否両論こそ繰り返されたが、結局、世界はリンキンの音を無視できなかった。

これは「good goodbye」の一節。

 暗闇に サヨナラを言わせてくれ 
 そして奴らに伝えてほしい
 俺はむしろ星が瞬く この場所にいる


topへ

伊藤健一郎 18年1月27日放送

180127-02
リンキン・パークの話(ピザ屋の写真)

リンキン・パークのボーカル、チェスターが自殺して半年。
メンバーのマイクは、チェスターが加入した日のことを、SNS上で語った。

 97年か98年…
 僕らはUCLAの近くのピザ屋に行って、
 次に何をするのかを話し合ったんだ。
 その当時バンド名はXeroで、曲も6曲くらいしかなかったと思う。
 チェスターも、炎のタトゥを入れてなかったし、赤毛でもなかった。


投稿には、そのときピザ屋で撮った写真がそえられていた。
リンキン・パークという名前さえ持っていない頃、
いちばん隅ではにかむチェスターがいた。


topへ

伊藤健一郎 18年1月27日放送

180127-03
リンキン・パークの話(復興ライブ)

2011年、8月31日。
リンキンパークは、シークレットライブを開いた。
参加条件は、東日本大震災への寄付金を500ドル以上集めること。

ボーカルのチェスターは、こう語った。

 せわしない日常を送っていたり、異なる境遇にいる人たちは、
 どうしても被災者の存在を忘れてしまう。
 でも、自然災害は立ち直るのに長い時間がかかるわけで、
 抱いた想いを風化させないために今回の企画を考えた。


日本のために、多くの人に呼びかけてくれたチェスターの死から、およそ半年。
彼の歌声は、この冷えきった世界で、今日も誰かを温めている。


topへ

伊藤健一郎 18年1月27日放送

180127-04
リンキン・パークの話(死者のミュージックビデオ)

リンキン・パークの曲「not alone」。
そのミュージックビデオには、たくさんの死体が登場する。

すべて本物。2010年に起きたハイチ地震の惨状を
ありのままに伝えようと作られたからだ。

彼らは歌う。

 あなたは進む 過去を手放し 故郷を捨てて
 ゆけ 見ている人はいる あなたはひとりじゃない


情報は風化する。
けれど、彼らの曲が生きている限り、
あの日の真実が忘れ去られることはない。


topへ

伊藤健一郎 18年1月27日放送

180127-05 Gansb
リンキン・パークの話(悪夢)

 オマエが 俺のことを 所有物のように扱おうとも
 オマエが俺とともに 戦ってくれていた頃を思うと
 よくここまで こじれたもんだと驚くよ


リンキン・パークのボーカル、チェスターは、
7歳から13歳まで、年上の友達から性的虐待を受けていた。

その悪夢は大人になってもつきまとい、
チェスターはドラッグに溺れることになる。

 必死にここまで頑張ってきた
 でも最後には そんなことどうでも良いんだ
 全てを失うには落ちるしかなかった

チェスターの自殺から半年。
悪夢と決別するために書いたとみられる「In The End」は、
Youtubeで4億7千万回以上も再生されている。


topへ