2018 年 1 月 20 日 のアーカイブ

中村直史 18年1月20日放送

180120-01
寒さの季節に 中村草田男

きんと澄み切った空気。
見上げれば輝く星。

昭和の俳人中村草田男(なかむらくさたお)は
そんな冬の夜の星を
寒い星と書いて寒星(かんせい)と詠んだ。

 寒星(かんせい)や神の算盤(そろばん)ただひそか

冷え切った夜。
きらめく星。
不変のリズムで動き続ける天体。
空を見上げ、立ちすくむ私。
人知を超えた
はるかな時間が、
寒々と広がっている。

 寒星(かんせい)や神の算盤(そろばん)ただひそか


topへ

三島邦彦 18年1月20日放送

180120-02
寒さの季節に 西郷隆盛と黒田博樹

西郷隆盛は晩年、
親戚の青年に
こんな言葉を贈った。

 雪に耐えて梅花(ばいか)麗し

梅の花の美しさは、
雪降る寒さを耐えた先にある。
この言葉、
100年の時を経て、
一人のプロ野球選手の座右の銘となった。

元広島カープ、黒田博樹投手。
高校時代は控え投手だったが
大学で力をつけ広島に入団。
低迷期にあったチームを支え、
メジャーリーグに挑戦。
そして再び古巣に戻り、
日米通算200勝という大きな花を咲かせた

 雪に耐えて梅花(ばいか)麗し

今日は大寒。
梅の季節はゆっくり近づきつつあります。


topへ

三島邦彦 18年1月20日放送

180120-03
寒さの季節に ロバート・リンド

人は眠りから起きるときに
体温が上昇する。
冬の朝の目覚めにくさは、
体がなかなか温まらないことも
関係しているという。

20世紀前半の
イギリスで活躍したエッセイスト、
ロバート・リンドは
「冬に書かれた朝寝論」という
エッセイでこう書いている。

 私の経験からすると、
 仕事を怠けたいという気持ちは、
 気温が下がるのに比例して強くなると思う。


今日は大寒。
無理せず
のんびりお過ごしください。


topへ

三國菜恵 18年1月20日放送

180120-04
寒さの季節に 後藤正文

あの日も寒かった。
東京にいる自分は何もできなかった。

今でも震災後の無力感を思いだす。
ミュージシャン、後藤正文はそう呟く。

たとえ何もできなくても、
何かしたいという小さな想いを持ち寄れば、
「何か」に辿りつけるんじゃないか。

そう考えて、未来を語る言葉を集めることにした。

中世ヨーロッパの吟遊詩人達は、
さまざまな国を渡り歩いて情報を伝達する
新聞のような役割を担っていた。
音楽家である自分がその役割を再現できるんじゃないかと考えた。

未来を考える誠実な声が、ひとつふたつと集まってくる。
紙に刷って、無料で配り歩いた。
新聞の名前は『The Future Times』。
未来とは、わたしたちの声である。


topへ

三國菜恵 18年1月20日放送

180120-05 NanakoT
寒さの季節に 月山志津温泉

出羽三山へつづく道へ車を走らせる。
6mの雪壁をくぐり抜けると、
雪でできた旅籠がぼんやりと光っている。

幻想的な風景が人気の、
山形県にある月山志津温泉。

江戸時代に宿場町だったこの街の風景を
雪で再現できないかと
若者たちが試したのがはじまりだった。

雪旅籠をつくるルールはひとつだけ。
雪を無理やり積み上げるのではなく、
初雪の頃から自然に積もった雪を掘り込んで形づくること。

雪旅籠の街並みは、2月が終わりに近づく頃に10日間だけ現れて消える。


topへ