Vision > 川野康之

川野康之

川野康之 18年6月23日放送

180623-01
男と女の『古事記』

『古事記』が伝える日本神話。
そこには生き生きと愛し合う男と女の姿が描かれている。

イザナギとイザナミはお互いのむくむくと成長した体を見つめ合った。

「でも私の体には一つ足りないところがあるの」

とイザナミが言うと、

「ぼくの体には一つ余計なところがあるよ」

とイザナギ。

「ぼくの余計なところを君の足りないところに埋めてみるのはどうだろう」
「いい考えね」


そして二人は子供をつくった。
失敗もしたけど元気な子供たちをたくさん生んだ。
その子たちが日本の島々になった。


topへ

川野康之 18年6月23日放送

180623-02
男と女の『古事記』

『古事記』が伝える日本神話。
そこには生き生きと愛し合う男と女の姿が描かれている。

イザナミが死んだ時、イザナギはどうしてもあきらめきれなくて、
死者の国にまで探しに行った。
でもそこで見つけた愛する人は変わり果てた醜い姿になっていた。

「見ないでって言ったのに」

その顔を見て、イザナギは怖くなって逃げた。
追いかけてくるイザナミ。
振り切ったイザナギは、黄泉の国の出口を岩でふさぎ、
こうして二人の間は永遠に終わりになった。


topへ

川野康之 18年6月23日放送

180623-03
男と女の『古事記』

『古事記』が伝える日本神話。
そこには生き生きと愛し合う男と女の姿が描かれている。

スサノオは乱暴者であった。
田畑を壊し、用水路を埋め、神殿に汚物をまいた。
父を怒らせ、姉を困らせ、ついには神々に追放されてしまった。
そんなスサノオが遠い出雲の地で、
怪物への生け贄にされそうだった一人の少女と出会う。
彼女のために怪物と闘って、命を救った。
スサノオは誇らしいすがすがしい気分だった。
やっと自分のいる場所を見つけたような気がした。
その地に家を建て、少女クシナダヒメを妻にし、歌をうたった。

 八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに 八重垣つくる その八重垣を


topへ

川野康之 18年6月23日放送

180623-04 Flow in edgewise
男と女の『古事記』

『古事記』が伝える日本神話。
そこには生き生きと愛し合う男と女の姿が描かれている。

オオナムヂは末っ子で体が小さくて、兄達からひどくいじめられていた。
何度も殺されそうになって、とうとう逃げ出した。
助けを求めに行った家で、そこの娘スセリビメと出会った。
その瞬間、お互いに一目ぼれ。
二人はさっそく愛し合った。
それを聞いた娘の父は怒った。
無礼な若者に次々と過酷な試練を与える。
ひ弱だったオオナムヂは試練を克服するうちに、
しだいに強くたくましくなって行った。
とうとう娘を父の手から奪い取った。


topへ

川野康之 18年6月23日放送

180623-05
男と女の『古事記』

『古事記』が伝える日本神話。
そこには生き生きと愛し合う男と女の姿が描かれている。

スセリビメを手に入れて自信満々のオオナムヂ。
自分をいじめた兄達を追い払い、
山のふもとに立派な宮殿を建てて、王となって国づくりを始めた。
日本中を歩きまわり、いい女を探して妻にした。
そんな彼を人はヤチホコと呼んだ。
正妻のスセリビメは嫉妬して、
ある日、馬に足をかけて出かけようとするヤチホコを引きとめ、
熱い思いを歌にして訴えた。
わたしにはあなた以外に男はいない、あなた以外に夫はいないと。
これにはヤチホコもくらっときた。
二人はお互いの首に手をかけあっていつまでも仲良く暮らしたとさ。


topへ

川野康之 18年3月10日放送

180310-01
砂糖の日

 ばらは赤く
 すみれは青い
 さとうは甘く
 あなたもおなじ


バレンタインデーの定番のマザーグース。
「甘い(sweet)」には、やさしい、かわいいという意味があるそうです。
イギリスやアメリカの子なら誰でも知っている歌。
スティーブン・キングの小説『キャリー』にはこの歌の替え歌が出てくる。

 ばらは赤く
 すみれは青い
 さとうは甘く
 キャリーはうんこを食べる。


2月14日はバレンタインデー。
3月14日はホワイトデー。
では今日3月10日は何の日でしょう。
こたえ、砂糖の日です。



topへ

川野康之 18年3月10日放送

180310-02
砂糖の日

哲学者キルケゴール。
彼のコーヒーの飲み方はちょっと独特であった。
空のカップに砂糖をたっぷりと縁よりも高く盛る。
そこに熱々の濃いコーヒーを注ぎ、白い山をゆっくりと溶かす。
どろどろになった液体を一気に飲む。
甘ったるいコーヒーはキルケゴールの胃を通って、
新たな思考のためのエネルギーとなって脳に染みこんで行ったという。

今日3月10日は砂糖の日。


topへ

川野康之 18年3月10日放送

180310-03
砂糖の日

酒豪というイメージが強いアーネスト・ヘミングウェイ。
意外にも早起きで、朝5時半から6時、
夜明けとともに起きて小説を書いていたという。
前の晩遅くまで飲んでいても変わらなかった。
しかし正午ぐらいには書くのをやめて酒を飲み始める。
キューバ時代によく飲んでいたのが
サトウキビから作られたラムをベースにしたカクテル、ダイキリ。
ラムの量を2倍にしたスペシャルレシピは「パパ・ダブル」と呼ばれていたそう。
これを一日に12杯は飲んでいたという。
やっぱり酒豪ですね。

今日3月10日は砂糖の日


topへ

川野康之 18年3月10日放送

180310-04
砂糖の日

『附子(ぶす)』という狂言がある。
桶の中に附子という物が入っている。
まわりの空気に触れただけでも死んでしまうほどの恐ろしい毒である。
決して近づくな、と主が言う。
しかし太郎冠者の好奇心はひるまない。
扇であおぎながら蓋をあけて見ると、中にはなんだかうまそうなものが。
なめてみたらおいしい砂糖である。
弟分の次郎冠者と一緒にぜんぶ食ってしまった。
その後で嘘の言いわけを考える。
だって最初に嘘をついたのは主の方ですし。

今日3月10日は砂糖の日。


topへ

川野康之 18年3月10日放送

180310-05 notarim
砂糖の日

1974年、春。
新しい春の歌が生まれた。
歌の中で、春は悲しみを暖炉で燃やしはじめる季節となった。
人はただコーヒーをかきまわしながら暖めあっている。
花もなく、雪解けもなく、おたまじゃくしもいない。
それは「何もない春」を歌ったものだった。
岡本おさみ、吉田拓郎という若い二人が作り、若い歌手森進一が歌った。

 君は二杯めだよね コーヒーカップに
 角砂糖一つだったね


今日3月10日は砂糖の日。
もう春です。



topへ


login