川野康之

川野康之 19年1月19日放送

190119-01
走り出す 用意ドン

「位置について、用意、ドン」

というスタートの合図、
いったいいつ頃から使われていたのでしょうか。
明文化されたのは1929年発行の陸上競技規則だったという。
ではそれよりももっと前は、どんな合図が使われていたのか。
1883年(明治16年)に行われた東京大学の運動会では、
「いいか、ひいふうみい」
で走り出していたと伝えられている。
ちなみに翌年は、
「よろしゅうごわすか、用意」
そのほか「位置について」を指示するかけ声で
「腰を上げて待てえ」
「おんちゃなケツあげい」
なんてのもあったといいます。


topへ

川野康之 19年1月19日放送

190119-02
走り出す タクリー号

日本の最初のガソリン自動車は、
自転車の輸入販売業者であった吉田真太郎らの手によって作られた。
アメリカ車を見本にしながら、いろんな部品を工夫して、
どうにか組み立てられた自動車。
ガタクリガタクリ走るので「タクリー号」と呼ばれた。
1907年(明治40年)のことである。
タクリー号は高価であったため
事業としては成功しなかったというが、
ともかくここから日本の自動車の歴史がガタクリと走り出したのである。
一方で吉田真太郎は事業に失敗し、変転の多い人生を送った。
最後に手がけたのは温泉掘削事業であったという。


topへ

川野康之 19年1月19日放送

190119-03
走り出す 圓太郎バス

東京の町中を元気に走っているバス。
いつ頃から走り出したのだろうか。
1923年(大正12年)、関東大震災に襲われた東京。
市内交通の要めであった市電は
レールが壊れるなど壊滅的な被害を受けた。
復旧の見通しも立たなかった。
東京市は、その頃まだ一般的ではなかった乗り物自動車に注目。
アメリカからT型フォード・トラックのシャーシを輸入し、
国内で急造したボディを載せてバスに仕立てた。
その姿が明治時代のおんぼろ馬車「圓太郎馬車」に似ていたので、
市民から「圓太郎バス」と呼ばれて親しまれた。
これが東京の市営バス、現在の都営バスの原点となった。


topへ

川野康之 19年1月19日放送

190119-04
走り出す 競走馬の試験

馬にも試験があります。
競走馬がデビューするために必ず合格しなければならない超難関、
ゲート試験。
気性の荒い馬ほど難関度が増すという。
落ち着いてゲートに入れるか。
ゲート内に入ってから暴れないでいられるか。
ゲートが開いたらスッと出られるか。
そういう競馬馬として最低限のスタートが
きちんとできるかということがテストされます。
不合格の場合はどうなるか。
再試験です。
合格するまではデビューできない。
走り出すまでは馬もたいへんなんだな。


topへ

川野康之 19年1月19日放送

190119-05
走り出す 大師電気鉄道

今からちょうど120年前。
1899年(明治32年)1月21日、
1両の電車が満員の乗客を乗せて
六郷橋から川崎大師へ向かって走り出した。
多摩川と平行に走る約2kmの単線。
日本で3番目の営業運転電車、大師電気鉄道の開通である。
この日以来、川崎大師へは毎年各地からの参詣客で
大いに賑わうこととなった。
電車に乗って初詣をする日本人の
新しい習慣はここから始まったという。
大師電気鉄道は後に京浜急行と名前を変え、
品川から横浜、そして三浦半島までを結ぶことになる。


topへ

川野康之 18年12月22日放送

181222-03 Kentin
冬至

冬至の日にはカボチャを食べる。
栄養がたくさん含まれているので風邪予防になるからだと言われている。
もう一つ、こんな理由もあるという。
カボチャは昔は「なんきん」と呼ばれていた。
な・ん・き・ん。
「ん(運)」が二つもあるので縁起がいいぞ、ということらしい。
ちなみに「冬至の七種(ななくさ)」と呼ばれる食材があるそうです。
なんきん・れんこん・にんじん・ぎんなん・きんかん・かんてん・うどん。
なるほど「ん」がたくさん。
全部食べると運が開けるそうですよ。
今夜コンプリートしてみませんか。
今日は12月22日、冬至です。


topへ

川野康之 18年12月22日放送

181222-05 yto
冬至

「冬至には柚子湯」
と言われているのはなぜなのか。
いくつか説があります。
強い香りで身を浄めるため。
血行促進効果で温まるので風邪をひきにくくなるから。
「ゆず」だけに「融通(ゆうずう)」の効く健康な体になるのだ、
という語呂合わせの説。
江戸時代に大衆浴場がお客さんを集めるために始めた風習とも言われています。
何にしても、冬至は一年で最も夜が長い日。
ゆっくりお風呂に入ってのんびりと長い夜を楽しむのがいいようです。
今日は12月22日、冬至です。


topへ

川野康之 18年12月22日放送

181222-04 ぜっとん♪
冬至

「梅の花といえば春」
なのに、
12月に咲く梅がある。
それは、冬至梅(とうじばい)と呼ばれる品種。
野生の梅の系統で、冬至の頃から咲き始める。
花は白、一重咲き。
枝は細い。
冬枯れた景色の中で、
早さなら誰にも負けないと健気に咲いている白い花。
せっかくの短い昼の時間、
家に閉じこもらないで探しにでかけませんか。。

    けふ見たる色のひとつに冬至梅 森澄雄(もり すみお)

今日は12月22日、冬至です。


topへ

川野康之 18年12月22日放送

181222-01 Bering Land Bridge National Preserve
冬至

一年で最も昼の時間の短い日、冬至。
一年で最も夜が長い日でもある。
北極に近い国では一日中夜が明けないところもある。
と言うと、暗く憂鬱な日というイメージがありますが、
逆に考えると、この日を境にしてこれからは日が伸びる一方だ、
と言うこともできる。
うれしい日である。
ということで世界の各地では、
この日お祝いをするところが多いそうです。
実は一年で最も寒くなるのはこれからですが、
世界の人のポジティブ思考にならって、
冬至、楽しく過ごしたいものですね。
今日は12月22日、冬至です。


topへ

川野康之 18年12月22日放送

181222-02
冬至

冬至は、仕事をしてはいけない日だった。
昔の中国では、この日はみんな仕事を休んで、
小豆粥を食べて酒を飲んで祝っていた。
その風習が日本にも伝わったのでしょうか。
江戸時代の俳句にこんな様子が描かれている。

    門前の小家もあそぶ冬至哉 凡兆
  (もんぜんの こいえもあそぶ とうじかな ぼんちょう)


日頃は忙しい庶民の家でも今日ばかりは仕事を忘れて
家族でたのしく過ごしていたのかもしれません。
働き方は昔も今も人にあたたかいのがいい。
今日は12月22日、冬至です。


topへ


login