薄組・若杉茜

若杉茜 19年9月29日放送

magnusvk
月のはなし 絵のない絵本

アンデルセンの作品、『絵のない絵本』。
主人公は貧しく孤独な絵描きの青年。
夜、寂しさに襲われて、彼が窓の外を見上げると、
そこには故郷と変わりなく輝く懐かしい月がいた。

月は時折やってきて、彼に自分が世界中で見てきたお話しを聞かせるようになる。
彼は、それを絵に描いていく。月が彼に聞かせるのは、絵を持たない絵本なのだ。

月はどこにいても出会える懐かしい存在として、優しく世界を照らしてくれる。
そして今日も私たちの人生を、そっと見守っている。
ずいぶん遠くにきてしまったなあ、
と思った時には、月を見上げてみるのもいいかもしれない。



topへ

若杉茜 19年8月11日放送


太陽のはなし たんぽぽのお酒

レイ・ブラッドベリの名作、『たんぽぽのお酒』。

少年ダグラスの目を通してみた、1928年のひと夏が描かれた小説だ。
彼の見たみずみずしい夏は、太陽が昇るシーンから始まる。

夏の始まり、丘の上から「みんなおきて」と街の人々に呼びかけるダグラス。
さながら、指揮者のように。
最後にダグラスがパチン、と指を鳴らすと
太陽がゆっくりと昇ってくるのだ。

たんぽぽのお酒は、小説の中で夏の間毎日作られる。
そして、1日1日のラベルを付けて、夏の終わりには棚にずらりと並ぶ。
1928年の太陽が注がれたお酒は、いったいどんな眩しい味がするのだろう。


topへ


login