川野康之 20年6月20日放送


長谷川辰之助と二葉亭四迷

長谷川辰之助は軍人になりたかった。
陸軍士官学校を受けたが三度不合格になった。
方針を変え外交官をめざした。
東京外国語学校ロシア語科に入学。
そこでロシア文学に出会い、心酔する。
人生が別の方向を向いた。
処女小説『浮雲』 第一篇が刊行されたのは、明治20年の今日6月20日のこと。
長谷川辰之助、ペンネーム二葉亭四迷、23歳の年である。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA