2020 年 6 月 6 日 のアーカイブ

佐藤延夫 20年6月6日放送


楽器の日  バンドネオン

ドイツで生まれた蛇腹楽器、
バンドネオン。
形はアコーディオンによく似ているが、
ピアノのような鍵盤はなく、
ボタンが71個並んでいる。
しかも配列は音階順ではないので、
同じボタンを押しても
蛇腹の具合で音色が変わってしまう。

演奏方法の難しさから、
「悪魔が発明した楽器」と呼ばれている。

しかしそのシャープな音色は、
悪魔というよりも、魔術師に近い。

今日6月6日は、楽器の日。
素敵な音楽に包まれたひとときを。


topへ

佐藤延夫 20年6月6日放送


楽器の日  オンド・マルトノ

1920年、ロシアで発明された
世界初の電子楽器、テルミン。
その親戚のような楽器が、オンド・マルトノだ。
不可思議な音色はテルミンとあまり変わらないが、
最大の特徴は、正確な音階を出しやすいことにあった。

ロックとの相性がいいらしく、
数々の有名なロックバンドの楽曲にも用いられている。

今日6月6日は、楽器の日。
ひとつでもマスターした楽器があれば、
人生は、きっと豊かになる。


topへ

佐藤延夫 20年6月6日放送


楽器の日  アルモニカ

アルモニカは、
1761年、アメリカで誕生した楽器だ。
グラス・ハープを応用したもので、
共鳴するガラスで音を奏でる。

パガニーニは「何たる天上的な声色」と喩え、
モーツァルトやベートーヴェンも、
この楽器を用いた曲をつくった。

発明したのは、政治家のベンジャミン・フランクリン。
彼は、こんな言葉を残している。

「他人に楽しみを与える者は、喜びを受け取ることになる。」

今日6月6日は、楽器の日。
素敵な音楽が与えてくれる楽しみは、計り知れない。


topへ

佐藤延夫 20年6月6日放送


楽器の日  フォトプレイヤー

時代とともに、消えていく楽器がある。
フォトプレイヤーもそのひとつだろう。
サイレント映画全盛の時代、
音楽や効果音をその場でつけるために、
映画館で演奏された。
穴の空いた巻き取り式の紙をセットすると、
ピアノやパイプオルガンが自動で鳴り響く。
そのつくりは、オルゴールに似ている。
そのほか紐を引っ張ったりボタンを押したりすると
シンバルやカスタネット、チャイムなどが鳴る仕組みだ。

活躍できる場所を失ったフォトプレイヤーは、
展示用として何台か残るのみ。
楽器にも、運命がある。

今日6月6日は、楽器の日。
あなたの思い出の曲は、なんですか。


topへ

佐藤延夫 20年6月6日放送


楽器の日  楽器じゃなくても

楽器と名のつくものだけが、楽器ではない。
ビリヤードの玉。
笑い袋。
バケツ。
塩化ビニールの管。
音の出るおもちゃ。
グラス。
鍋。
フライパン。
自転車。
野菜。

叩いた瞬間、吹いた瞬間、音が出れば、
それはもう立派な楽器だ。
R.E.M.、デヴィッド・ボウイ、キング・クリムゾン。
何人ものアーティストが、
楽器ではない楽器を使い、
新しい音楽を切り開いた。

今日6月6日は、楽器の日。
とりあえず目の前のものを叩いてみよう。


topへ