佐藤延夫 20年6月6日放送


楽器の日  フォトプレイヤー

時代とともに、消えていく楽器がある。
フォトプレイヤーもそのひとつだろう。
サイレント映画全盛の時代、
音楽や効果音をその場でつけるために、
映画館で演奏された。
穴の空いた巻き取り式の紙をセットすると、
ピアノやパイプオルガンが自動で鳴り響く。
そのつくりは、オルゴールに似ている。
そのほか紐を引っ張ったりボタンを押したりすると
シンバルやカスタネット、チャイムなどが鳴る仕組みだ。

活躍できる場所を失ったフォトプレイヤーは、
展示用として何台か残るのみ。
楽器にも、運命がある。

今日6月6日は、楽器の日。
あなたの思い出の曲は、なんですか。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA