伊藤健一郎 17年9月16日放送

170916-04
臨終の話 魯迅

中国近代文学の父、魯迅。
彼はあるとき、自叙伝を書くことをすすめられると、こう答えた。

 私の生涯には、とりたてるようなことは何もない。
 私の伝記程度なら、中国では四億も集まり、図書館を満たすことだろう。


伝記として残ることを拒んだ魯迅だが、遺書をしたためたことはある。
そこには、こう記されている。

 キリスト教徒は、臨終ですべてを許すそうだが、私には敵が多い。
 恨むなら恨め。こちらも誰ひとり許しはせぬ。

一刻者だった魯迅の葬儀には、六千人の学生や労働者が参集したという。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login