2017 年 9 月 24 日 のアーカイブ

熊埜御堂 由香 2017年9月24日放送

gf01a201501290000
涙のはなし 涙の味わい

涙は、感情を持つ分泌物と言えるかもしれない。
なぜなら、その時の気分によって
成分が少しずつ違い味も変わるのだ。

悲しい時、嬉しい時は
副交感神経が優位になっていて甘い涙になり、
怒っている時、悔しい時は
交感神経が優位になり
ナトリウムなど電解質が分泌されて塩辛い涙になる。

そう、流れる涙は、よく知っている。
ひとのからだとこころが
しっかりとつながっていることを。

topへ

小野麻利江 17年9月24日放送

a0960_008102
涙のはなし 殷富門院大輔の涙

見せばやな 雄島(をじま)の蜑(あま)の 袖だにも
濡れにぞ濡れし 色は変はらず


百人一首の中に、こんな恋の和歌がある。
詠み人は、平安時代末期の女流歌人、
殷富門院大輔(いんぷもんいんのたいふ)。


海女の袖でさえ、
どれほど波しぶきで濡れても
色が変わらないというのに。

あなたのつれなさを嘆く私の涙は
血の涙となり、
袖の色まで変わってしまった。


涙で袖を濡らすだけなら、
まだまだカワイイものよ。

平安時代の恋愛の先輩の、
そんな声が聞こえてきそうな一首である。

topへ

茂木彩海 17年9月24日放送

1024px-Psychedelia
涙のはなし 辻征夫のことば

めそめそしない!
そんなことで泣かないの!

そう言われて育つ子供時代があるからだろうか。
大人にとって、涙はちょっと恥ずかしくて
人に見られたくないもの。

そんな涙について、
詩人、辻征夫はこんな言葉を残している。

泣きたいときにはたくさん泣くといい。
涙がたりなかったらお水を飲んで、泣きやむまで泣くといい。

涙のなかには、ことばで説明できない想いがつまっているもの。

無理矢理止めないで、涙が出るだけ出してやる。
そんな表現方法が、気持ちを落ち着かせることだってある。

topへ

薄景子 17年9月24日放送

1024px-Sichuan_earthquake_victims_dujiangyan
涙のはなし ミシェル・ド・モンテーニュの言葉

自分の琴線にふれる
映画や音楽に出会ったとき。
言葉にならない感情がこみあげて、
涙が洪水のようにあふれだす。

そんな経験は誰しもあるもの。

そして、思いっきり泣いた後は
胸のもやもやまですっきりとして
心地よい爽快感に包まれる。

涙には、そんな
不思議な浄化力があるのだ。

フランスの哲学者、
ミシェル・ド・モンテーニュは言った。

「泣くことも一種の快楽である」と。

気持ちがざわめくときは、
泣ける映画や音楽の力を借りて
泣けるだけ泣いてみるのはどうだろう。

自分の涙は、
自分の心を洗うことができる
ただひとつの魔法の水なのだから。

topへ

薄景子 17年9月24日放送

Mesa_Verde
涙のはなし ネイティブアメリカンの言葉

ネイティブアメリカンの教えに
こんな言葉がある。

あなたが生まれたとき、
周りの人は笑って、
あなたは泣いていたでしょう。
だからあなたが死ぬときは、
あなたが笑って、
周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

人は生まれるときも、
旅立つときも、
涙とともにある。

そして、その涙はきっと
愛でできているのだと思う。

topへ

茂木彩海 17年9月24日放送

29_photo-by-Shuji-Goto-1320x1980
涙のはなし 涙のアート

今年の夏、東北の復興に捧ぐ芸術祭が
宮城県・石巻市で行われた。

国内外36組のアーティストが参加したこの芸術祭で
話題を呼んだ、ひとつのアート作品がある。

作品の名前は、「ひとかけら」。
制作したのは、アーティスト集団、チン↑ポム。

この作品は、現地の人々に震災の時の話を聞き、
話をしながら流した涙をあつめて凍結したもの。

作品自体は、牡鹿半島中部の洞仙寺に埋めた
冷凍コンテナの中にあり、地下まで階段を下りてはじめて
作品を見ることができる。

制作に至るきっかけとなったのは、遺族の言葉。

悲しみの涙はもういらないから
楽しいときに涙を流したい。

「ひとかけら」。その作品は、
涙は時に、前を向くために必要なものだと、教えてくれる。

topへ

石橋涼子 17年9月24日放送

namida
涙のはなし 渥美清の泣いてたまるか

昭和41年に放送されたドラマ「泣いてたまるか」。
俳優の渥美清が、毎回違う役柄を演じる、
一話完結型の人情ドラマだ。

主題歌は、良池(よしいけ)まもるが詞を書き
渥美清が歌った。

天(そら)が泣いたら雨になる
山が泣くときゃ 水が出る
俺が泣いても 何にも出ない

だから、泣いてたまるか、と歌う渥美清が演じる主人公は、
毎回、異なる設定で異なる人生を背負っているけれど、
誰もがみんな不器用で真っ直ぐで、生きることに全力だ。
見ている方は、泣けるし、笑える。

庶民を演じて庶民を応援する、
渥美清らしさを味わうドラマ「泣いてたまるか」は、
「男はつらいよ」のルーツになったことでも有名だ。

topへ

石橋涼子 17年9月24日放送

Nott_painting
涙のはなし バイロン卿の言葉

夜が怖くて泣いた子どもも、
お菓子を落として泣いた子どもも、
大人になると、なかなか涙を流さなくなる。
それは、心が強くなったということだろうか。

イギリスの詩人・バイロン卿の、こんな言葉がある。

忙しい人間は、涙のための時間を持たない。

大人が泣かないのはただ忙しいから、
と考えるのは少々寂しいものがある。

だからたまには泣こう、と言うのも極端だ。
たまに、子どもの頃に流した涙を思い出す
そんな時間を持ってみるのは、どうだろうか。

topへ


login