古居利康 20年2月29日放送


石の声を聴く

サヌカイトという石がある。
叩くと、ガラスのような、金属のような、
澄んだ音色がする。

サヌカイトでつくる楽器は、
ピアノよりも上下に1オクターブずつ広い
音階を奏でることができるという。

はるか遠い古代から響いてくるように
感じるのはそのせいだろうか。

1964年の東京オリンピックでは
開会式でサヌカイトの楽器が演奏され、
不思議な音色が世界を魅了した。



タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA