2018 年 4 月 1 日 のアーカイブ

佐藤延夫 18年4月1日放送

180401-01
4月1日的な実験 チャールズ・ブラグデン

1774年。物理学者のチャールズ・ブラグデンは、
熱に関する実験を行なった。
人間の体が、どれほどまでの高温に耐えられるか・・。
蒸気で暖めたサウナルームに被験者を入れる。
その温度は45℃から始まり、
最終的には127℃まで上昇した。
生のステーキ肉を持ち込んだが、
45分後、カラカラに乾いていたという。
生肉は焼けてしまったのに、
呼吸をする生身の人間は無事。
チャールズ・ブラグデンは、こんな結論を導き出した。
生物は、熱を破壊する能力を持つ。

今日はエイプリルフールですが、
これは嘘のような、本当の実験。


topへ

佐藤延夫 18年4月1日放送

180401-02
4月1日的な実験 ドナルド・O・ヘッブ

1951年。アメリカの心理学者、ドナルド・O・ヘッブは、
人間をあらゆる刺激から隔離したらどうなるか、という実験を始めた。
被験者の学生たちは、防音室のベッドにただ横たわっているだけ。
視界を遮るため磨りガラスのメガネをかけ、
腕にはダンボールの筒がはめられた。
結果から言うと、この実験に3日以上耐えた者はいなかった。
あらゆる刺激が失われると、
次第に考える事柄が尽きてしまい、
平常心を保てなくなるそうだ。
そして、被験者全員が、幻覚を見ている。
この実験結果に、軍やNASAが強い関心を示したという。

今日はエイプリルフールですが、
これは嘘のような、本当の話。


topへ

佐藤延夫 18年4月1日放送

180401-03
4月1日的な実験 ウィンスロップ・ケロッグ

1931年。インディアナ大学のウィンスロップ・ケロッグ教授は、
子どもの発育に関する実験を行なった。
生まれたばかりのチンパンジーを人間の赤ん坊と一緒に育てたらどうなるか・・。
妻の反対を押し切り、
チンパンジーと暮らす赤ん坊には、自分の息子ドナルドを選んだ。
環境要因と遺伝的要因、どちらが成長に大きく影響するのか。
実験を進めるにつれ、
チンパンジーは人間として扱われることにしっかり適応し、
ドナルドよりも早い成長を見せた。
一方ドナルドはというと、
チンパンジーの真似をすることが上手くなっていた。
つまり、チンパンジーが食べ物を欲しがる声、
甘える声などを真似するようになり、
人間のドナルドが、チンパンジーに近づいてしまったのである。
通常なら、単語を50個くらい理解できる年齢のとき、
ドナルドが知っていた単語は、わずか3つだったそうだ。
スタートから9ヶ月後、何の説明もなくこの実験は打ち切られている。
おそらく妻の逆鱗に触れたのだろう。

今日はエイプリルフールですが、
これは嘘のような、本当の話。


topへ

佐藤延夫 18年4月1日放送

180401-04 Photo by Sérgio Alves Santos on Unsplash
4月1日的な実験 マイケル・カニンガム

1984年。ルイビル大学のマイケル・カニンガム教授は、
女性を誘うときに効果的な言葉の研究をした。
100種類の口説き文句を、大きく三つに分類し、
シカゴのバーで実験を始めた。
平均的な魅力の男性が、一人で来ている女性客に声をかける。
好意的な反応が多かった口説き文句は、
「勇気を振り絞って声をかけました」という率直なもの。
反対に不評だったのは、
「君は昔好きだった人に似ている」などのような
軽薄な言葉だったそうだ。
こんな実験を大真面目にやっている人がいた。

今日はエイプリルフールですが、
これは嘘のような、本当の話。


topへ

佐藤延夫 18年4月1日放送

180401-05 danielfoster437
4月1日的な実験 パトリックとギルバート

1895年。アイオワ大学の心理学研究員、
パトリックとギルバートは、
90時間起きたままだと人間はどうなるか、という実験を行った。
被験者の男は、
普通に仕事をこなし、ゲームを楽しみ、
1日目はのんびり過ごしていたが、
50時間を過ぎるころから、パトリックとギルバートを慌てさせた。
常に監視の目を光らせていないと、
男が居眠りを始めてしまうからだった。
なんとか眠らないままで迎えた2日目の夜。
被験者の男は幻覚が見え始め、
まともに歩くことすらできなくなった。
あとで理由を尋ねると、
床が、小刻みに揺れ動く小さなベタベタした粒子の層に見えたそうだ。
しかしパトリックとギルバートの興味は尽きない。
不眠不休で90時間を迎え、
ようやく眠りについた被験者を
電気ショックで目覚めさせる実験も行っている。

今日はエイプリルフールですが、
これは嘘のような、本当の話。


topへ

佐藤延夫 18年4月1日放送

180401-06 chrisinphilly5448
4月1日的な実験/グロスとドゥーブ

1966年。スタンフォード大学の学生、グロスとドゥーブは、
心理学の奇妙な実験を行った。
信号が青になっても動かない車に対し、
後ろのドライバーは、どれくらいの時間でクラクションを鳴らすか。
動かない車は、大衆車と高級車の2種類を用意した。
ちなみに結果は、
ボロボロのフォードにクラクションを鳴らす時間は、平均6.8秒。
高級車クライスラーの場合は、平均8.5秒だった。
人は皆、金持ちに弱いのである。
こんな実験が、大真面目に行われていた。

今日はエイプリルフールですが、
これは嘘のような、本当の話。


topへ

佐藤延夫 18年4月1日放送

180401-07 Photo by Louis Blythe on Unsplash
4月1日的な実験 ユルゲン・クラップロット

1976年。ドイツのユルゲン・クラップロット教授は、
「大学教授のあごひげが学生に及ぼす影響」というテーマで
実験を行なった。
最初の二学期は、ひげのない顔で授業をして、
次の一学期はあごひげをたくわえた風貌で。
最後の一学期は、ひげを剃った状態に戻した。
その印象について学生にアンケートを取ったところ、
決断力、緻密さ、知性など多くの面で
「ひげのない状態」のほうが優れた結果を残した。
ただし、気取らず大らか、という点では
「ひげのある状態」が上回った。
こんな実験が、大真面目に行われていた。

今日はエイプリルフールですが、
これは嘘のような、本当の話。


topへ

佐藤延夫 18年4月1日放送

180401-08 Tibor Kelemen
4月1日的な実験 バーバラ・J・ロールズ

1976年。ペンシルベニア州立大学のバーバラ・J・ロールズ教授は、
空腹感についての実験をした。
実際に、試してみましょう。
質問。次のメニューのうち、どれが一番、お腹いっぱいになると思うか。
1、チキンと野菜のシチュー。
2、チキンと野菜のシチュー、そして、コップに入った350cc程度の水。
3、チキンと野菜のシチューに350ccの水を加えて、スープ状にしたもの。
カロリーは変わらないのに、
被験者たちが最もお腹いっぱいに感じたのは、
3番のスープだった。
ロールズ教授は、こう結論づけた。
「おそらく、スープの見た目に、満腹効果がある」
こんな実験が、大真面目に行われていた。

今日はエイプリルフールですが、
これは嘘のような、本当の話。


topへ