森由里佳 20年7月12日放送


涼をたのしむ 水うちわ

透明なうちわがあるのをご存じだろうか。
骨が透けて見えるほどうすい和紙がはられ、
破れぬようにニスが塗られたこの美しい扇は、水うちわと呼ばれている。

うちわを水にひたしてから扇ぎ、その気化熱で涼む、明治時代のアイデアだ。

アイデアの故郷は、岐阜県。長良川が流れる水の街だ。
人々は、舟遊びの際に川の水に浸しては扇ぎ、涼をとっていたのだという。

一時は継承者が途絶えた水うちわ。
しかし、最近になって復刻し、今では毎年完売するほどの人気だそうだ。
電気も電波もない時代。
そのアイデアは、いつの時代にもやさしくフィットする。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA