2019 年 6 月 16 日 のアーカイブ

奥村広乃 19年6月16日放送

Kanko*
備えの和菓子

今日は和菓子の日。

しっとりと甘い、羊羹。
その魅力は美味しさだけではない。

少量で高カロリー。
常温で長持ち。
加熱の必要も無し。
嚙み切れる柔らかさなので、
お箸を使わずに食べられる。
しかもポロポロこぼれない。

羊羹は、非常食にもぴったりなのだ。

万が一は起きないに越したことはないが、
備えあれば憂いなし。
もしもの時に、いつもの甘さ。
賞味期限を確認して、
防災バッグに入れてみませんか。


topへ

澁江俊一 19年6月16日放送

yoshing_BT
弁慶とどら焼き

今日は和菓子の日。

日本人が大好きな
和菓子のひとつが「どら焼き」だ。

その丸い形。
しっとりとした茶色の生地に
包まれた甘いあんこ…
こしあん派もいれば粒あん派もいて
クリームを愛してやまない者もいる。
いずれにせよ誰もがつい、
いい顔になる和菓子である。

さてどら焼きだが
その発祥には諸説ある。
おもしろいのは武蔵坊弁慶が
傷を負った時に助けてくれた民家で
持っていた銅鑼を熱して生地を焼き
どら焼きをふるまったという説。

信憑性にはやや欠けるものの
日本を代表する剛力の弁慶が
大きな体で甘いお菓子を焼いている姿は
なんとも微笑ましい。


topへ

澁江俊一 19年6月16日放送

yoshing_BT2
季節の呼び名

今日は和菓子の日。

「たなぼた」のことわざでも知られ、
昔から日本中で親しまれるぼた餅。

江戸時代から庶民の味だった
ぼた餅の別名は、おはぎ。
小豆のあんこともち米でつくるのは
ぼた餅もおはぎも同じだが
ではなぜ、呼び方が違うのだろう。

どちらも一年でもっとも
あの世とこの世が近づくといわれる
お彼岸で供えられ、食べられる。
そしてお彼岸は春と秋。
つまり春分と秋分の年2回。

春に咲くのは牡丹。だからぼたん餅。
秋に咲くのは萩。だからおはぎ。
どちらも季節の花に見立てた呼び名なのだ。
厳密にいうとその形も
花に合わせていくぶん異なる。

その呼び名にも
季節への想いを込める。
和菓子というのは
なんと風流な食べものだろう。


topへ

礒部建多 19年6月16日放送

monicamüller
位を授かった和菓子

今日は、和菓子の日。

透明感があり、瑞々しいわらび餅。
これからの暑い季節を彩ってくれる。

一説によれば、
平安時代の醍醐天皇の好物であったのだ。
こんな逸話も存在する。

醍醐天皇はわらび餅の味を
ひどく気に入ったあまりに、
太夫の位を授けたとか。

上品な甘さ、モチっとした力強い弾力。
原料となるわらび粉は、希少価値も高い。

天皇ほどの人が、虜になるのも無理はない。


topへ

奥村広乃 19年6月16日放送


羊羹の変遷

今日は和菓子の日。

特別な日の贈り物にも喜ばれる、羊羹。

この羊羹、
なぜ名前に「羊(ひつじ)」という漢字が使われているか
ご存じだろうか。

鎌倉時代から室町時代の頃
中国の禅僧が、日本へ伝えた羊羹。
当時の羊羹は、羊のお肉が入ったとろみのあるスープだった。

しかし、禅宗では肉食が禁止されていたため、
羊を小豆に見立てたものが広まったのだとか。

羊のスープのままだったら、
羊羹は、きっとここまで広まっていない。
和菓子の進化は面白い。


topへ

松岡康 19年6月16日放送

Okayu2323
6月の和菓子

今日は和菓子の日。

4月は桜餅、5月は柏餅と誰もがしっているが、
6月を代表する和菓子といえば、何かご存知だろうか?

答えは「水無月」という三角型のお菓子。
白い半透明のういろうの上に、小豆を乗せた
どこか涼しげな姿のお菓子だ。

室町時代、旧暦6月1日の「氷の節句」の日に、
氷室から氷を切り出して食し
暑気払いをする宮中の風習があった。

当時氷は大変高価なもの。
庶民たちは見た目を氷に似せた水無月をつくり
みなで食したという説がある。

むしむしと熱さが増すこの季節。
平安時代に想いをはせながら、
水無月を食べて涼んでみてはいかがだろうか。


topへ

礒部建多 19年6月16日放送


おかずだった和菓子

今日は和菓子の日。

元はポルトガルから伝来したカステラも、
日本人のアレンジによって確立した、立派な和菓子である。

そんなカステラは、お菓子ではなく、
おかずとして食されていた時期があった。

砂糖が貴重だった江戸時代。
今のように甘くはなく、
大根おろしをかけたり、お吸い物の具に入れて食す、
栄養食だったというのだ。

明治以降の経済成長と共に、
カステラの味は、今のような甘さ広がる、
豊かな味わいへと変わっていった。

カステラの歴史。
それはどこか、
この国の発展の歴史と重なるところがある。


topへ

松岡康 19年6月16日放送


源氏物語のお菓子

今日は和菓子の日。

源氏物語に、日本最古といわれるお菓子が登場する。

餅を椿の葉で挟んだ、椿餅だ。

「若菜上」という帖で、
平安貴族たちが蹴鞠をした後
椿餅を食べる場面がでてくる。

今も食べられている椿餅。
平安を味わっていると考えると、
その味にも深みがでるだろう。


topへ


login