2019 年 5 月 5 日 のアーカイブ

大友美有紀 19年5月5日放送

Hazel Terry
「レオ・レオニ」 あおくんときいろちゃん

5月5日は、こどもの日。
そして絵本作家、レオ・レオニの誕生日。

誰もが一度は読んだことのある
『あおくんときいろちゃん』の作者。
レオは、はじめて自分の本が発売される日、
開店と同時に本屋に入った。
そして若い母親が本を買ったのを見て、
その絵本の作者であることを告げ、
サインをさせて欲しいと申し出た。

こうして最初の「あおくんときいろちゃん」は
読者の手に渡り、いまでも私たちのもとに
届き続けている。


topへ

大友美有紀 19年5月5日放送


「レオ・レオニ」 ほんとうの仕事

今日は、こどもの日。
そして、絵本作家レオ・レオニの誕生日。

こどものころは、両親の仕事の関係で、
ヨーロッパ、アメリカを転々とした。
アムステルダム、ブリュッセル、
フィラデルフィア、ジェノヴァ。
大学は、スイスのチューリッヒ大学。
卒業後は仕事も転々とした。
会計士の助手、文房具店のセールスマン、
建築雑誌の記事の執筆。
製菓会社の広報部でデザインを学び、
ようやく自分の「ほんとうの仕事」に出会うことができた。

レオの絵本には「自分」らしさを探すお話が多い。
それは「そういう わけ」なのかもしれない。


topへ

大友美有紀 19年5月5日放送


「レオ・レオニ」 アートディレクター

今日は、こどもの日。
そして絵本作家、レオ・レオニの誕生日。

『あおくんときいろちゃん』で絵本作家になる前、
レオ・レオニは、ニューヨークでアートディレクターだった。
雑誌『フォーチューン』や『プリント』の
アートディレクションを手がけていた。
タイプライターで有名なオリヴェッティ社の
コーポレート・デザインも行なっていた。
オフィスはロックフェラーセンターの最上階。
ニューヨーク・デザイン界の成功者だった。

そこに23歳のエリック・カールが
ポートフォリオを携えて、面会にきた。
カールを気に入ったレオは、就職の世話をした。
レオは絵本作家になった後にも、
カールの作風が絵本向きだと自分の編集者に紹介した。
レオがいなかったら、カールの『はらぺこあおむし』も
生まれなかった。
世界中のこどもを代表して、
ニューヨークと二人の出会いにありがとうを言いたい。


topへ

大友美有紀 19年5月5日放送


「レオ・レオニ」 黒いテーブル

今日は、絵本作家レオ・レオニの誕生日。

レオは、
幼い頃、建築家の叔父さんから
鉛筆画の描き方を教えてもらった。
叔父さんは、レオの9歳の誕生日に、
小さな黒いテーブルをプレゼントしてくれた。
黒の上だと、あらゆる色がよく映えるから、と。

レオのお話は色がキーになるものが多い。
「あおくんときいろちゃん」、
赤い魚の中の黒い魚「スイミー」、
じぶんの色を探すカメレオンのお話。

それは、叔父さんと黒いテーブルの
おかげかもしれない。


topへ

大友美有紀 19年5月5日放送


「レオ・レオニ」 ねずみ

今日は、絵本作家レオ・レオニの誕生日。

あるときレオは、アトリエに向かう途中、
足元で固まっている、小さな地ねずみに気づく。
レオがねずみを見ると、ジャンプして、
どこかへ行ってしまった。
そのあと昼寝からさめると、
言葉があふれてきた。

そして描いたのが、
ねずみのお話『フレデリック』。
芸術家の社会的な役割が、
やわらかく語られている。

小さな「ねずみ」を通じて
小さな「ひと」に
大切なことを伝えている。


topへ

大友美有紀 19年5月5日放送

Photo by David Clode on Unsplash
「レオ・レオニ」 スイミー

今日は、こどもの日。
そして、絵本作家レオ・レオニの誕生日。

小学校の教科書にも載っている「スイミー」の作者。
彼は、このお話の鍵は「自伝的」だという。
「スイミー」は黒い魚。赤い魚の中で、異分子だった。
レオ・レオニは、住む場所や仕事を転々とし、
ようやくニューヨークで、
絵本を描くという自分の道を見つけた。
黒い魚のスイミーは「ぼくが目になろう」と言う。
自分が赤い魚と違うことを認めて、
自分にしかできないことを担うという、
決意表明なのだという。
それは自分とは何者かを知ること。

そして、こどもたちも無意識のうちに
自分とは何者かを
強く知りたがっているのだという。


topへ

大友美有紀 19年5月5日放送


「レオ・レオニ」 こどもとのワークショップ


今日は、こどもの日。
そして、絵本作家レオ・レオニの誕生日。

レオはこどもたちと
絵本づくりのワークショップも行なっていた。
こどもたちに次々と質問する。
主人公は?
どんな性格?
他と違う?同じ?
妥協することなく、
全力で、こどもたちと向き合った。

レオはこどもがうらやましいという。
いいものができたときに、
お母さんに駆け寄っていって、
自慢できるからと。
自分もこどものように
自慢したいのだという。
こどものような人だったのだ。


topへ

大友美有紀 19年5月5日放送


「レオ・レオニ」 平行植物

今日は、こどもの日。
そして、絵本作家レオ・レオニの誕生日。

『スイミー』の作者、レオ・レオニには、
あまり知られていない作品がある。
『平行植物』。
レオが生み出した、架空の植物。
そのスケッチと特徴を書き記した博物誌。
夢見の杖、カラツボ、ツキノヒカリバナ。
レオのアトリエには平行植物のブロンズ像が並べられた
「幻想の庭」もあった。
レオ・レオニ。
こどもたちに、こどもだった大人たちに、
いくつもの、自分を信じるお話を届けてくれた。


topへ


login