大友美有紀 19年5月5日放送


「レオ・レオニ」 ほんとうの仕事

今日は、こどもの日。
そして、絵本作家レオ・レオニの誕生日。

こどものころは、両親の仕事の関係で、
ヨーロッパ、アメリカを転々とした。
アムステルダム、ブリュッセル、
フィラデルフィア、ジェノヴァ。
大学は、スイスのチューリッヒ大学。
卒業後は仕事も転々とした。
会計士の助手、文房具店のセールスマン、
建築雑誌の記事の執筆。
製菓会社の広報部でデザインを学び、
ようやく自分の「ほんとうの仕事」に出会うことができた。

レオの絵本には「自分」らしさを探すお話が多い。
それは「そういう わけ」なのかもしれない。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA