長谷川智子 20年7月11日放送


椿姫の夏

ヴェルディの名作オペラ椿姫。
高級娼婦ヴィオレッタと貴族アルフレードの恋は、
夏のパリからはじまる。

パーティーの夜、熱に浮かれ、歌い踊る人々に紛れ、
アルフレードは憧れの人へ愛を打ち明ける。
仮初の恋を楽しむばかりだったヴィオレッタは
真実の愛を知り、一輪の椿を差し出す。

「この花がしおれたときに、会いに来て」
「明日だね」
「ええ、明日」

ひと夏の、あつく、あまい、幸せ。
この恋は、決して悲劇だけではなかった


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login