‘森由里佳’ タグのついている投稿

森由里佳 19年9月8日放送

S. Weiss
ダンス 自分たちにしかできないダンス

慶應義塾大学のジャズダンスサークル「SIG(シグ)」は今年創設20年を迎える。
サークルで振付を指導する振付家、高柳明子は言う。
「ただのダンスなら、やる意味がない」。

高柳によれば、ダンスは音楽に合わせてただ体を動かすことではない。
振付は、体に込めたエネルギーの移動そのものであり、
そのエネルギーのうねりをダンサー全員で共有し、大きくしていく。
それこそが、そのメンバーでやる意味のあるダンスなのだと。

高柳、そしてSIGの目指すダンスは、一人よがりでは決して踊ることができない。
その時、そこに集うメンバーでグルーヴを生んでこそ、
ほんとうの意味で、全員で踊るダンスになるのだ。


topへ

森由里佳 19年9月8日放送

kaetidh
ダンス 伝わるダンス

みなさんは、ダンス作品を見たことがあるだろうか。
どうやら、振付家の指示通りに踊ればいい作品ができる、
というわけではないようだ。

慶應義塾大学のジャズダンスサークルSIG(シグ)で振付を指導する
振付家・高柳明子はある時、練習中のダンサーたちの動きを止めた。
「それでは伝わらない」。

しんと静まり返るダンススタジオ。
汗をぬぐうダンサーたちの荒い息遣いだけが聞こえる中、高柳は言った。
「与えられた世界観を再現するのではなく、自分の世界を表現してほしい。」

一人ひとり、思い思いの表現があってこそ、
想像以上の作品が生まれるということなのだろう。


topへ

森由里佳 19年9月8日放送

Mark-Strozier
ダンス バタフライ・エフェクト

今年で20周年を迎える、ジャズダンスサークル、慶應義塾大学SIG(シグ)。
その節目を記念する公演がある。

現役の大学生と卒業生が一緒に舞台に上がるこの公演のタイトルは、「バタフライ」。
一匹の蝶のはばたきが、
遠くの場所で大きな竜巻を起こすかもしれないという、
「バタフライ・エフェクト」と呼ばれる言葉に由来する。

小さな出会いや、少しの時間の積み重ねが、大きな奇跡を巻き起こす。
そんな希望を込め、およそ170人のダンサーたちが今日、
世代を超えて、ともにステージの上で舞い踊る。


topへ

森由里佳 19年8月25日放送

bradley j
夏の飲み物  ミントジュレップ

ミントジュレップ。
その響きだけで、
爽やかな氷の音まで聞こえてきそうなこのカクテル。

いくつかあるレシピのうちの一つを紹介します。

たっぷりのミントと少しのシロップをグラスに入れ、
香りがでるように葉をつぶす。
クラッシュドアイスを加えたら、
バーボンウイスキーを注ぎ、よく混ぜる。
氷たちがくすぐったそうに溶けていくので、
さらにクラッシュドアイスを追加して、
ミントの葉を飾れば出来上がり。

思ったより、簡単でしょ。
ミントジュレップで、涼しい夏をお過ごしください。


topへ

森由里佳 19年8月25日放送


夏の飲み物  ミントジュレップ

とあるレースの公式ドリンクである、ミントジュレップ。
バーボンウイスキーとミントが香る、涼やかなカクテルだ。

そのレースでは、2018年から、
カクテルに使うバーボンウイスキーを、
ウッドフォードリザーブに指定した。
バーボンウイスキーの中でも最高峰の格付けを誇る、
スーパープレミアムウイスキーである。

レースの名は、ケンタッキーダービー。
“スポーツの中で最も偉大な2分間”ともいわれる、
最高峰のレースである。


topへ

森由里佳 19年7月14日放送


夏フェス 仕掛け人

47年前に発行された1冊の音楽系同人誌から始まった出版社がある。
以後、彼らが創刊してきた雑誌メディアはすべて、
「読者としてのわたしたちが読みたい雑誌を作る」
という理念が貫かれたものだった。

今は、出版にとどまらず
ウェブやイベント、アパレルまで幅広い事業を行っているその会社。
もちろん、運営する音楽イベントの理念も
「主役は聴き手である参加者」というところを守り抜いている。

会社の名前は、ロッキング・オン・グループ。
数あるフェスの中でも絶大な人気を誇る、
ロック・イン・ジャパン・フェスティバルの仕掛け人である。


topへ

森由里佳 19年7月14日放送


夏フェス ロゴに込めた想い

ロック・イン・ジャパン・フェスティバルを運営する、
ロッキング・オン・グループ。

そのロゴマークは、シンプルなアポストロフィーだ。
会社名Rockin’onの進行形の象徴であり、
音楽シーンをたゆまず進み続けるという決意の表れでもある。

海外フェスを招致するコンサートプロモーターとは異なり、
いちからすべてを創りあげてきた彼らは、
同じフェス運営企業の中でも突出して明確なビジョンを持ち、発信し、
今もひたすら邁進している。


topへ

森由里佳 19年6月9日放送

coron_k
梅雨 雨の名前

梅雨には、たくさんの名前がある。

たとえば、送り梅雨。
たくさんの強い雨と雷を伴う、梅雨が明ける頃の雨のことだ。

俳句などでも季語として使われるこの単語、
意味は
「早く梅雨が明けて欲しい」。

その願いに、
「追い出す」でもなく、「止める」でもなく、
「送る」という言葉を与えた人は、
とてもやさしい人なのだと思います。


topへ

森由里佳 19年6月9日放送

chikache
梅雨 雨の名前

梅雨にもいろいろある。

たとえば、降るときは激しく降り、
止むときはすっきり晴れるときは、男梅雨。
強くはないが、しとしとと降り続けるときは、女梅雨という。

時代ごとの男女の印象が色濃く表れたこれらの言葉。

今だったら、どんな名前がつくのだろう。

少なくとも、
雨があがった大空には、
男も女もない、鮮やかな虹色が良く似合う。


topへ

森由里佳 19年6月9日放送

Kanko*
梅雨 晴れの名前

突然ですが、
さわやかな五月晴れ、
と聞いてどんなイメージを思い浮かべますか?

実は、「さわやかな五月晴れ」は、
あべこべな言葉です。

それもそのはず。
「さわやか」は秋の季語。
そして、五月晴れは、6月の梅雨の晴れ間のこと。
旧暦にあわせた言葉だから、1か月ほど違うのです。

でもね、細かいことを言っても、
梅雨の晴れ間はうれしいものです。
今の時期なら初夏の季語を使って、
「すがすがしい五月晴れ!」がおすすめです。


topへ


login