2009 年 4 月 19 日 のアーカイブ

Visionのジングルは?

suire-luz-jac-thumb-200x196-52

Visionの番組をお聴きになるとわかるのですが
Visionにはジングルがあります。
そのジングルはジャズピアニスト鈴木奈緒さんの
アルバムの一部を使用しています。

こちらでも紹介したかったのですが
CDとして発売されているアルバムなので
音楽著作権の関係でむづかしいようです。
視聴はできますので、こちらからどうぞ。
http://www.myspace.com/naonanan

*Visionジングルについて(鈴木奈緒さんのブログ)
http://vbe.jp/2009/04/j-wavevision.html

topへ

古田彰一 09年4月19日放送

800px-filmotheque_du_quartier_latin_paris



エド・ウッド




エド・ウッドは史上最低の映画監督として名高い。
生前はもちろん、この世を去ってからも
「もっとも映画作りが下手な監督」と酷評された。


そんな彼に憧れて映画監督になった人たちがいる。
ティム・バートン、デヴィッド・リンチ、
サム・ライミ、クエンティン・タランティーノ。


エド・ウッドの破天荒な作品を見て、
そこに映画づくりの新しい可能性を見出したのだ。


エドは、映画監督としては二流だったが、
一流の映画監督をつくりだす天才だった。












400px-epiphone_triumph_regent_1951_0011



ロバート・ジョンソン




生きているうちに評価される人と、
その人生を閉じてから評価される人がいる。


ミシシッピー・デルタブルースの創始者、
ロバート・ジョンソンがそうだった。


彼の悪魔的なギターテクニックは、
文字通り、悪魔と契約して手に入れたと言われる。


みずからの魂と引き替えにした
その人生は、果たして短かった。


ロバート・ジョンソン、27歳の夏。
わずか29曲を残してこの世を去る。


ローリングストーン誌が、もっとも偉大なギタリスト
5人にロバートを選んだのは、21世紀になってからのことである。





360px-oscar_wilde_3g07095u



オスカー・ワイルド




男はいつも最初の男になりたがる。
女はいつも最後の女になりたがる。


イギリスの劇作家、オスカー・ワイルドは言った。


男と女の本質をこんなにも鮮やかに看破できたのは、
オスカーが同性愛者だったから、という説もある。


それはともかく、
最初の男として、最後の女として
出会いたいという男女の関係は、
なるほど最初から難しく仕組まれている。












metallic-part-15



ヘンリー・フォード




自動車の大量生産システムを発明した
ヘンリー・フォード。


彼は自動車を
大衆の手の届くものにしたかった。


だがしかし、決して
大衆の意見を聞こうとはしなかった。


 お客にどんな乗り物が欲しいかと聞いたら、
 速い馬という答えしか返ってこなかっただろう



ヘンリー・フォードの時代に、
マーケティングという考え方は存在しなかった。
だからこそ、彼は馬車を大量生産しなくてすんだのだ。





port



イチロー




2004年10月、
メジャーリーグの年間最多安打記録が
84年ぶりに塗り替えられた。


イチローがその偉大な記録を打ち立てたとき、
インタビューに答えて言った。


 小さな一歩の積み重ねが、
 とんでもないところへ行けるただひとつの道だと思う。



うまくやるコツや、成功の秘訣や、人生の裏技。
そんなものに期待してはいけない、とイチローは教えてくれる。


そして2009年4月
あらたな山の頂に達したイチローは語った。


 張本さんにしか見えていなかった景色を
 僕も見ることができました



天才は、努力の足し算でできている。





night-street



スティーブン・ジョブス




アップルコンピュータの創始者、
スティーブ・ジョブズは
相手を口説き落とす大天才。


なかでも有名なのが、ペプシコーラのCEO、
ジョン・スカリーをヘッドハンティングしたときの台詞。


 砂糖水を売って一生を終えたいのか、
 それとも世界を変えたいのか



この殺し文句はナイフよりも深くスカリーの心に突き刺さった。
プライドを揺さぶってからプライドをくすぐる、
巧みな台詞だった。


その後、スティーブ・ジョブズは、スカリーとのいざこざで
自分の会社であるアップルをクビになってしまうのだが、
それはまた別のお話。





clouds-39



植村直己




冒険とは、生きて帰ること。


冒険家、植村直己はいつもこう語っていた。
だが、彼の姿はマッキンリーの氷雪の中に消える。


冒険とは、生きて帰ることって言っていたのに、
ちょっとだらしないじゃない。だらしないじゃないの…


冒険家の妻、植村公子は
悲しみをこらえながら、帰らぬ夫をしかった。


度重なる捜索にも関わらず、
ついに植村直己の姿が発見されることはなかった。
きっと、彼の冒険はまだ続いているに違いない。










spiderweb-4




伊福部昭




作曲家の伊福部昭(いふくべあきら)は
映画音楽にはイクタスが必要だ、
と語っていた。


イクタス。


音の張りや音域の広がりといった
意味の専門用語。


しかし伊福部は、
「あなたの音楽には、
いま聴いている音楽以上の何かがあるか」
という意味合いでその言葉を用いた。


伊福部昭といえば、あのゴジラのテーマ曲。
当時、ゲテモノ映画と言われたゴジラが、
いまなお愛され続けているのは、
そこに映画以上の何かである「イクタス」が
与えられたからに違いない。


ガオー!





clouds-and-building

topへ


login