蛭田瑞穂 15年7月19日放送

150719-03 Vintage Japan-esque
こども③ 茨木のり子

茨木のり子の詩「こどもたち」。
詩の中で茨木は、小さなこどもの見るものは常に断片であるが、
青春期になると突然それまでのすべての記憶をつなぎはじめる、
とこどもたちの記憶について洞察する。

そして茨木のり子は詩をこう結ぶ。

 その時に 父や母 教師や祖国などが
 ウミヘビや毒草 こわれた甕 ゆがんだ顔のイメージで
 ちいさくかたどられるとしたら
 それはやはり哀しいことではないのか

 
 おとなたちにとって
 ゆめゆめ油断のならないのは
 なによりもまず まわりを走るこどもたち
 今はお菓子ばかりをねらいにかかっている
 この栗鼠どもなのである



タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA