飯國なつき 15年10月25日放送

151025-07
音楽と人 小澤征爾とタクト


小澤征爾。
世界を代表する指揮者である彼が、
タクトを使っていないことにお気づきだろうか。
 
荒々しい曲では、こぶしを突き上げ、
ゆるやかな旋律には、やさしくほぐすような手つきで、指揮をする。
 
きっかけは、あるウイーンでの演奏会。
タクトを自宅に忘れ、急遽用意してもらったタクトもしっくりこず、
手だけで指揮をすることにした。
ところが、オーケストラの団員はだれも、そのことを気づかない。
そこで彼は思い切ってタクトを手放した。

小澤は言う。

 そこの鉛筆、あなた持ってごらん。力がいるでしょう? 
 持っていたら、いろいろと考えなきゃいけない。
 落としちゃいけないとか、飛んでいったら大変だとか。


世界の音楽を操るその手つきは、いつだって柔らかく伸びやかだ。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA