得津有明 18年6月16日放送

180616-01 bjimmy934
地下鉄の切符売り

AIやロボットの登場で、将来多くの仕事がなくなると言われている。
時代に人は逆らえないのかもしれない。
だが、古きは無用の遺物になるのだろうか。

1958年にフランスを席巻した名曲がある。
Le Poinçonneur des Lilas (地下鉄の切符切り)。
セルジュ・ゲンスブールのデビュー作だった。

来る日も来る日も切符に小さな穴を開けている切符売り。
そんな姿を今、パリで目にすることはない。
しかし、その時代、確かに彼らはそこに生きていた。
その息づかいを、哀愁を、ゲンスブールは見事に切り取り、歌として遺した。

セルジュ・ゲンスブール。
この名は拡張されるパリ地下鉄11号線の新しい駅名となる。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login