2019 年 7 月 21 日 のアーカイブ

田中真輝 19年7月21日放送


世界最低気温

暑い夏こそ、寒い話。

今日7月21日は、1983年、南極のボストーク基地で
史上最低気温である-89.2度を記録した日。
気温ではなく、地表面温度の最低記録は、2010年に
地球観測衛星が南極で観測した―93.2度である。
これは人間が数回呼吸しただけで、肺から出血し
即死するレベルだという。

これほどの低気温を記録するためには、
まず太陽が昇らない真冬の南極であること、
空が完全に晴れ渡り、ほぼ無風であること。
加えて湿度も極めて低い、といった条件がすべて
揃わなければならない。

これらの条件が揃った場所をイメージしてみる。
極めて死に近い過酷な環境にも関わらず、どこか
静謐な美しさを想像してしまうのは、わたしだけ
だろうか。


topへ

澁江俊一 19年7月21日放送

foilistpeter
寒さと生きる法則

暑い夏こそ、寒い話。

ベルクマンの法則をご存じだろうか。
北極や南極など寒い地域に行くほど
動物の体が大きくなる、という法則である。

確かに
ホッキョクグマやヘラジカなど
北に行くほど巨大になる。
体温維持のためには体が大きく
放熱するためには小さく
それが生きるために有利だから
というのが理由のようだ。

さらに
逆ベルクマンの法則というのもある。
ヘビやトカゲは南に行くほど大きくなる
というものだ。

さて、人間はどうだろう。
大きく太った人が多いのは
北か? 南か?


topへ

澁江俊一 19年7月21日放送

yoppy
アイスクリーム頭痛

暑い夏こそ、冷たい話。

かき氷を食べると
頭がキーンとする経験。
誰もが一度は味わっているはず。

あのキーンには
れっきとした名前がある。
それが「アイスクリーム頭痛」。

実はこの現象
ほんの数分で治ってしまうため
なかなか原因が
解明できていないらしいのだが・・・
世の中には解明できない悩みも
少しくらいあったって
いいんじゃないだろうか・・・
そう、アイスクリーム頭痛のように。

それにしてもナイスなネーミング。
すべての頭痛がアイスクリーム頭痛だったら
しあわせな世の中になりそうだ。


topへ

田中真輝 19年7月21日放送


宇宙空間、寒い?暑い?

暑い夏こそ、寒い話。

宇宙空間の温度は、-270度。
さぞかし寒いだろうと想像しがちだが、
実はそうでもないらしい。
その証拠に、宇宙服には、冷房装置こそついているが、
暖房装置はついていない。

人が寒さを感じるのは、周囲の空気が体の熱を奪うから。
つまり、周囲に空気がなければ、熱は逃げていかない。
宇宙服を着ていると、人の体が発する熱が内部にとどまり、
空気のない外部へと逃げていかないため、ほっておくと、
とめどなく温度が上昇してしまうのだ。

だから、宇宙服には冷房装置こそ必須。
―270度という極寒の中で作業する宇宙飛行士、
実は、クーラーがないと暑くてやってられない、
ということらしい。


topへ


login