佐藤理人 19年11月9日放送


ツタンカーメン  花の色

1922年11月6日。
イギリスの考古学者ハワード・カーターが、
ツタンカーメン王の墓を見つけた。

墓にはファラオの生活がそのまま納められていた。
金や宝石に飾られた、たくさんの家具と服。
そして部屋の中央には大きな純金の棺。

蓋を開けると、宝石を散りばめた経帷子に包まれて、
ツタンカーメン王のミイラがあった。

顔は水晶をはめ込んだマスクで覆われ、
胸には様々な花で作った花輪が置かれていた。

3300年後の墓の中でも、
花はかすかな色合いを残していたという。



タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login