佐藤理人 19年11月9日放送


ツタンカーメン 

1922年11月6日、
イギリスの考古学者ハワード・カーターが、
ツタンカーメン王の墓を発掘した。

それから7年間で、発掘に関わった人々のうち
12人が次々と謎の死を遂げた。俗に言う、

ファラオの呪い

である。
しかしもっとも呪いを恐れなければならないはずの男、
ハワード・カーターはこの噂を笑い飛ばした。

カーターがこの世を去ったのは、発掘から17年後の1939年。
64歳という当時の平均寿命以上の年まで、充実した人生を送った。

死因はもちろん自然死だった。



タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login