2019 年 12 月 21 日 のアーカイブ

長谷川智子 19年12月21日放送


ショパンの遠距離恋愛

今日、12月21日は遠距離恋愛の日。

ショパンの「ワルツ第9番 変イ長調」は
遠距離恋愛から生まれた。

故郷ポーランドから亡命途中の町で、
若きショパンは、少女マリア・ヴォジンスカと恋に落ちる。
旅立ちのとき、甘美なメロディのワルツを贈った。
二人の愛の時を忘れないで、と思いを込めて。

後にマリアは別の男性と結婚、
ショパンの遠距離恋愛はあえなく終わる。

この名曲、今は、「別れのワルツ」と呼ばれている。


topへ

長谷川智子 19年12月21日放送

Ben Tubby
イワトビペンギンの遠距離恋愛

インド洋南部から南大西洋にかけて生息するイワトビペンギンは、
遠距離恋愛で知られる。

子育てが終わる秋、雄と雌は別々に海へ旅立ち半年を過ごす。

そして春、元の相手と巡り合い交尾するさまは
カップルが本当に喜び合うよう。
過酷な環境で、協力して子育てをする。

離れてこそ、強くなる絆。
愛の法則は、自然の摂理にも刻まれている。

今日、12月21日は遠距離恋愛の日。


topへ

長谷川智子 19年12月21日放送


ロミオとジュリエットの遠距離恋愛

シェイクスピアの悲劇、ロミオとジュリエット。

たった一晩の別れが辛いと、ジュリエットは嘆く。

「おやすみ、おやすみ、
 別れがあまりに甘い悲しみだから、
 朝になるまでおやすみを言い続けていたい」

恋に落ちた二人にとって、
一夜離れることさえ、遠距離恋愛と感じたのかもしれない

一瞬も離れられないと、周囲に秘密で結婚。
幸せの絶頂から、悲劇は加速する。
遠距離恋愛に耐えられなかった若い二人の物語。


topへ

長谷川智子 19年12月21日放送


松姫の遠距離恋愛

時は戦国。
武田信玄の娘・松姫と、織田信長の長男・信忠の婚約が調う。
7才の姫は、 婚約者と手紙を交わし恋心を募らせる。

4年後、両家の対立で婚約は解消。
10年後、武田家は織田家によって滅ぼされる。

逃げのびた松姫のもとに
「迎えに行きたい」という夫からの手紙が届く。
あらゆる障害を越え、戦国の遠距離恋愛が成就しかけたとき
本能寺の変で夫の命は奪われる。

顔も知らぬ婚約者のことばを胸に
松姫は生涯独身をとおした。


topへ

長谷川智子 19年12月21日放送

Northern Ireland Office
王子の遠距離恋愛

現代を代表する遠距離恋愛カップルと言えば、
イギリス王室のヘンリー王子とメーガン妃。

ロンドンとカナダ・トロント、
大西洋を挟んで愛を実らせた。

その秘訣は?と問われると、
「2週間以上会わないことはなかった」と。

飛行機で8時間、さまざまな障害があっても会わずにはいられない。
熱い思いは、王子も、庶民もかわりはない。

今日12月21日は遠距離恋愛の日。
すべての遠距離恋愛カップルに幸せを。


topへ