2019 年 12 月 28 日 のアーカイブ

川野康之 19年12月28日放送


焚き火の話

地球上で焚き火が行われ始めたのはいつ頃だろうか。
50万年前の北京原人の遺跡には焚き火の後が残っている。
30万年前から3万年前まで地球に住んでいたネアンデルタール人は、
焚き火で煮炊きまでしていたという。

動物の皮や樹の皮を鍋代わりに使っていたらしい。
そんなものを火にかけたら燃えてしまわないかと心配になるが、
水が入っていれば沸点以上には温度が上がらないからだいじょうぶなんだそうです。


topへ

川野康之 19年12月28日放送


焚き火の話

ネアンデルタール人は言葉をしゃべっていた。
発見された舌の骨からそう推測されている。
彼らは毎晩、焚き火を囲んで語り合っていたのだろうか。
何を語り合っていたのか、どんな言葉をしゃべっていたのかは明らかになっていない。

その後に現れたホモ・サピエンスも、
もちろん毎晩、焚き火を囲んで語り合っていた。
私たちが焚き火を見るとつい囲みたくなるのは、
地球人のDNAなのかもしれない。


topへ

川野康之 19年12月28日放送


焚き火の話

落ち葉や枯れ枝を集めて燃やす焚き火は
晩秋から冬にかけての日本の風物詩だった。
焚き火を見ると囲まずにはいられない私たちの気持ちを唄った歌がある。

 たきびだ たきびだ おちばたき
 あたろうか あたろうよ


北風の中、子供たちは火を見つめていつまでもおしゃべりしていた。
たいてい、焚き火の中にはサツマイモが入っていた。


topへ

川野康之 19年12月28日放送


焚き火の話

キャンプファイヤー。
焚き火を囲んで踊るオクラホマミキサーは
アメリカで生まれたフォークダンス。
曲名ではなくダンスの名前である。
日本には戦後アメリカから伝えられた。
その時の振り付けは現在のオクラホマミキサーとは異なり、
男女が2列に向かい合って踊るものだったという。

どうやって今の形に変化したのだろう。
ちなみに多くの人が「オクラホマミキサー」だと思っている曲のタイトルは
「わらの中の七面鳥」である。


topへ

川野康之 19年12月28日放送


焚き火の話

仕事納めの日。
大掃除で出てきたゴミや不要な書類を
昔はこの日に焚き火で燃やしていたという。
一日中かけて盛大に燃える火の様子を描写した句がある。

 ひねもすを御用納めの大焚火

一年の仕事を終えてスカッとする気持ちが伝わってきますね。
昨日は仕事納めでした。
スカッとして来年の仕事始めを迎えましょう。


topへ