川野康之 19年12月28日放送


焚き火の話

地球上で焚き火が行われ始めたのはいつ頃だろうか。
50万年前の北京原人の遺跡には焚き火の後が残っている。
30万年前から3万年前まで地球に住んでいたネアンデルタール人は、
焚き火で煮炊きまでしていたという。

動物の皮や樹の皮を鍋代わりに使っていたらしい。
そんなものを火にかけたら燃えてしまわないかと心配になるが、
水が入っていれば沸点以上には温度が上がらないからだいじょうぶなんだそうです。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login