‘厚焼玉子’ タグのついている投稿

厚焼玉子 19年7月27日放送

かがみ~
戦場ヶ原の夏 アザミ

奥日光、戦場ヶ原。
標高1400メートルに位置するこの湿原は
夏の花がほぼ7月でピークを終える。

ノハナショウブ アカヌマフウロ ヤマオダマキ
イブキトラノオ、ウマノアシガタ…

7月の花々の隙間からノアザミの蕾がのぞいている。
ノアザミの赤紫の花は
戦場ヶ原の夏の終わりに咲く。

湿原の夏は駆け足で去って行く。


topへ

厚焼玉子 19年7月27日放送

KYR(休会中)
戦場ヶ原の夏 赤トンボ

奥日光、戦場ヶ原。
ここは真夏でも25℃から気温が上がらないと
地元の人が言う。

人ももちろん夏休みの避暑にやってくるが
赤トンボの避暑地でもある。

赤トンボの代表、アキアカネは
6月に平地の田圃で羽化し
夏になると群れをなして奥日光にやってきて
涼しい夏を過ごすのだ。

9月、再び平地に降りたアキアカネは
10月に産卵をして短い一生を終える。

湿原の夏は赤トンボの一生に一度の夏だ。


topへ

厚焼玉子 19年7月27日放送

js755332
戦場ヶ原の夏 ハイカー

戦場ヶ原は400ヘクタールの湿原を取り囲むように
自然研究路が整備されている。

その木道を歩くハイカーは
追い越すときやすれ違うときに必ず挨拶をする。
挨拶はゴミの持ち帰りと同じく
ハイカーのマナーなのだ。

「こんにちは」
「こんにちは」

若い人も年輩のカップルも
小学生の団体も
ここでは同じ条件で歩いている。

「こんにちは」は笑顔に繫がると
あらためて気づく。


topへ

厚焼玉子 19年7月27日放送

*_*
戦場ヶ原の夏 釣り

戦場ヶ原を流れる湯川。
ここには渓流釣りのポイントがあって
ときおり釣り人を見かけることがある。

長崎のグラバー邸で有名なあのグラバーさんが
奥日光に別荘をかまえ、
カワマスを放流してフィッシングを楽しんだのが
はじまりだそうだ。

湯川のフィッシングはキャッチ&リリースが決まりだし
湿原保護のための立ち入り禁止区域も多いが
戦場ヶ原で釣りというだけでびっくりされそうだ。


topへ

厚焼玉子 19年7月27日放送

Σ64
戦場ヶ原の夏 アカヌマフウロ

戦場ヶ原の7月、木道(自然研究路)を歩くと
紫がかったピンクの花、アカヌマフウロが目につく。

フウロソウは種類が多く
その土地の名前で呼ばれることもあって
素人では見分けがつきにくいのだが、
アカヌマフウロはハクサンフウロのことで、
近くの赤沼という地名にちなんで
戦場ヶ原ではアカヌマフウロと呼ばれていることが判明した。

名前はややこしいが、フウロソウはかわいい。
風露は漢字で「風の露」と書く。
朝露が花の上で風に揺れる様子から名付けられている。


topへ

厚焼玉子 19年7月13日放送


迎え火

旧暦7月13日はお盆の初日で
迎え火を焚いて祖先の霊を迎える日だ。
これは江戸時代に定着した風習だそうだ。

暦が変わって新暦になると
7月は稲の成長期で草取りに忙しい時期と重なる。
そこで月遅れの8月にお盆の行事を行う地方も多い。

迎え火は家の門口で炊く。
それを目印にして
亡くなった人の霊が懐かしい家に帰ってくる。


topへ

厚焼玉子 19年7月13日放送


迎え火

7月13日はお盆の初日。
亡くなった人の霊を迎え入れるために
キュウリの馬やナスの牛をお供えすることがある。

これは故人の霊が牛に荷を牽かせ、
馬に乗って行き来するという意味だが、
同時に、ナスもキュウリも旬の野菜で
手に入りやすいからだ。

ちなみに沖縄ではサトウキビをお供えするという
話をきいた。
これを杖にしてくださいという意味だそうだ。
地方によってお盆の風習も微妙に違う。


topへ

厚焼玉子 19年7月13日放送


迎え火

思えば当たり前のことだが
お盆は日本だけの行事だ。
迎え火を焚く風習を外国の人に説明するには
どうすればいいだろう。

「迎え火は先祖の霊を迎える火です」という簡単な説明を
英語とフランス語にしてみると

Mukae-bi is fire to welcome the spirits of ancestors.

Mukae-bi est un feu pour accueillir les esprits des ancêtres.

ちなみにフランスでは11月2日の使者の日に
お墓を掃除し、花を飾るそうだ。


topへ

厚焼玉子 19年7月13日放送

karesansui
迎え火

7月13日はお盆の最初の日。
この日焚いた迎え火でやってきた祖先の霊は
三日間家に留まり、
16日の夕暮れ、送り火に送られて帰っていく。

迎え火はその家の門口で焚くが
送り火は地域の一大行事になっているものも多い。
京都五山の送り火に代表される山の送り火、
長崎の精霊流しなど海の送り火。

亡くなった人とお別れする寂しさは
賑やかな送り火の行事が埋めてくれるのだろう。


topへ

厚焼玉子 19年7月13日放送


迎え火

今日は7月13日、お盆の最初の日。

迎え火を焚くために玄関先や門の前を掃除して
打ち水をする。
暑い日にはその打ち水に蝶がやってきて
水を吸うことがある。

蝶は死者の魂、あるいはあの世からの使いと
考えられていたが、
亡くなった人がお盆に帰ってくるときに
蝶の姿をしていると言い伝える地方もあるそうだ。

蝶はカラダを冷やすために水を吸う。
打ち水で小さな命を助けるのも
亡くなった人への供養になるのではないだろうか。


topへ


login