‘厚焼玉子’ タグのついている投稿

厚焼玉子 19年7月13日放送


迎え火

旧暦7月13日はお盆の初日で
迎え火を焚いて祖先の霊を迎える日だ。
これは江戸時代に定着した風習だそうだ。

暦が変わって新暦になると
7月は稲の成長期で草取りに忙しい時期と重なる。
そこで月遅れの8月にお盆の行事を行う地方も多い。

迎え火は家の門口で炊く。
それを目印にして
亡くなった人の霊が懐かしい家に帰ってくる。


topへ

厚焼玉子 19年7月13日放送


迎え火

7月13日はお盆の初日。
亡くなった人の霊を迎え入れるために
キュウリの馬やナスの牛をお供えすることがある。

これは故人の霊が牛に荷を牽かせ、
馬に乗って行き来するという意味だが、
同時に、ナスもキュウリも旬の野菜で
手に入りやすいからだ。

ちなみに沖縄ではサトウキビをお供えするという
話をきいた。
これを杖にしてくださいという意味だそうだ。
地方によってお盆の風習も微妙に違う。


topへ

厚焼玉子 19年7月13日放送


迎え火

思えば当たり前のことだが
お盆は日本だけの行事だ。
迎え火を焚く風習を外国の人に説明するには
どうすればいいだろう。

「迎え火は先祖の霊を迎える火です」という簡単な説明を
英語とフランス語にしてみると

Mukae-bi is fire to welcome the spirits of ancestors.

Mukae-bi est un feu pour accueillir les esprits des ancêtres.

ちなみにフランスでは11月2日の使者の日に
お墓を掃除し、花を飾るそうだ。


topへ

厚焼玉子 19年7月13日放送

karesansui
迎え火

7月13日はお盆の最初の日。
この日焚いた迎え火でやってきた祖先の霊は
三日間家に留まり、
16日の夕暮れ、送り火に送られて帰っていく。

迎え火はその家の門口で焚くが
送り火は地域の一大行事になっているものも多い。
京都五山の送り火に代表される山の送り火、
長崎の精霊流しなど海の送り火。

亡くなった人とお別れする寂しさは
賑やかな送り火の行事が埋めてくれるのだろう。


topへ

厚焼玉子 19年7月13日放送


迎え火

今日は7月13日、お盆の最初の日。

迎え火を焚くために玄関先や門の前を掃除して
打ち水をする。
暑い日にはその打ち水に蝶がやってきて
水を吸うことがある。

蝶は死者の魂、あるいはあの世からの使いと
考えられていたが、
亡くなった人がお盆に帰ってくるときに
蝶の姿をしていると言い伝える地方もあるそうだ。

蝶はカラダを冷やすために水を吸う。
打ち水で小さな命を助けるのも
亡くなった人への供養になるのではないだろうか。


topへ

厚焼玉子 19年6月23日放送

FreeWings
雨に咲く花 紫陽花

雨が似合う花がある。
たとえば紫陽花。
紫陽花には真上から照りつける太陽が似合わず、
しとしと降る雨のなかで
ホッとやすらいでいるかに見える。

しかし、本当のところ
紫陽花は日陰よりも日向が好きだ。
そのくせ、水切れに弱いので
カンカン日が照って地面がすぐに乾くような場所では
暮らしにくいのだ。

お日さまが好き、雨も好き。
紫陽花は悩める花なのかもしれない。


topへ

厚焼玉子 19年6月23日放送

KYR
雨に咲く花 花菖蒲

花菖蒲は雨というよりも水が似合う花かもしれない。
水辺で見かけることが多い。
江戸時代、野生の花菖蒲は田圃の雑草と見られていたが
抜いてしまうのも哀れだというので
あぜ道に移され、
やがて農家の庭先でも咲くようになったと言われる。

やがて大名や旗本の屋敷の庭で育てられ、
改良され、記録され、
現在、日本の花菖蒲の種類は2000種を超える。


花菖蒲は普通の花壇でも十分に育つが、
花の時期だけはたっぷりの水を必要とする。
雨の時期に咲くというより、
雨の時期でなければ花を咲かせられないのだ。


topへ

厚焼玉子 19年6月23日放送


雨に咲く花 6月のバラ

イギリスで6月といえばバラの季節。
どの家の庭にもバラが咲き、
有名なローズガーデンにはたくさんの人が訪れる。

日本だって6月はバラの季節。
ただイギリスとの違いは雨が多いこと。

湿気が多いと病気も出やすいし、害虫も増える。
薬を撒き、伸びた枝を切り、
8分か9分咲きの段階で花を摘み取り
肥料を与える。

6月はバラの季節。
日本の園芸家は忙しい。


topへ

厚焼玉子 19年6月23日放送


雨に咲く花 クチナシ

梅雨どきの重い空気に
クチナシの甘い香りが混じる。

クチナシの香りは虫を呼び寄せるためだ。
だから、せっかくの香りが
あっという間に空へ抜ける季節よりも
雲が低く垂れ込める時期に咲くのだろう。

 薄月夜 花くちなしの匂いけり  正岡子規

クチナシの香りは夜の方が際立つようだ。


topへ

厚焼玉子 19年6月23日放送

yamatsu
雨に咲く花 睡蓮

雨降る池に睡蓮が白い花を咲かせている。

睡蓮の原種は世界に40種あるのに
日本にはもともと
ヒツジグサと呼ばれる1種類しかなかった。
外国の睡蓮を輸入して品種改良がはじまったのが
明治の頃だ。

日本の睡蓮がヒツジグサと呼ばれるのは
羊の時刻、午後2時頃に咲くからだそうだが、
実際はそこまで寝坊をせず、
お昼頃には咲いている花が見られるようだ。
花の寿命は三日と短いが、
次々に咲くし、雨の日でも休まずに咲く。


topへ


login