‘長谷川智子’ タグのついている投稿

長谷川智子 20年5月9日放送


上野公園を作った医師

明治6年、154年前の今日5月9日は、上野公園が開設された日。
戊辰戦争で焼け野原になった上野の山には、
病院が作られることになっていた。

異を唱えたのは、オランダ人医師、アントニウス・ボードウィン。
東京の近代化にやっきになっていた明治政府に、
豊かな自然を失くしてはいけないと進言する。

今、その恩恵を享受する人々を見て、
ボードワンは喜んでいるだろう。

噴水の西側、緑あふれる林の中に
その銅像はたたずんでいる。


topへ

長谷川智子 20年5月9日放送


上野公園を作った医師の銅像

明治6年の今日5月9日は、上野公園が開設された日。

自然を残し公園にせよ、と進言した
オランダ人医師、アントニウス・ボードウィン。
その功績をたたえ1972年に作られた銅像は、
2006年に作りなおされている。

新旧の銅像はまるで別人。あごひげもなくなった。

最初の銅像は、
手違いで、彼の弟の写真をもとに作ってしまったのだ

弟のアルベルトゥス・ボードウィンは、オランダ駐日大使。
日本の新時代を支えてくれた兄弟だった。


topへ

長谷川智子 20年5月9日放送


上野公園と森鴎外

今日5月9日は、上野公園が開設された日。

上野動物園の裏手には、
新婚の森鴎外が住んだ家が残る。

結婚の直前、
留学先のドイツから追ってきた恋人と別れさせられている。
事件を素材にした、処女小説「舞姫」は上野の家で執筆された。

新婚家庭で、別れた恋人を思い浮かべ筆をとる夫。
見守る妻の心はいかばかりか。
理由は定かではないが、
わずか1年半で離婚する。

鴎外にとって
上野公園は、ほろ苦い思い出の地であろう。


topへ

長谷川智子 20年5月9日放送


上野公園と夏目漱石

今日5月9日は、上野公園が開設された日。

「二人は別にいくところもなかったので、
 (竜岡町から池之端へ出て)上野の公園の中に入りました」


夏目漱石 こころ。
恋のライバルKを自殺に追い込む冷たいことばを
主人公が投げつける、クライマックス。
その舞台が冬の不忍池。
褐色の杉木立と人気のない池が、
主人公のこころのごとく寒気を誘う。

一方、今、初夏の不忍池は新緑に包まれている。
夏がくれば蓮の花が池を彩る。見ごろは早朝。

都会の真ん中に、
さまざまな顔を見せる豊かな自然がある。


topへ

長谷川智子 20年5月9日放送


上野公園の大楠

今日5月9日は、上野公園が開設された日。

上野東照宮のご神木、
大楠は幹の太さ8メートルで上野公園最大。
樹齢は600年。

明治6年、上野公園ができたときも
江戸のはじめ上野東照宮に徳川家康がまつられたときも
数々の戦争や災害のときも、
大楠はそこにあり、人の営みを見つめてきた。

英語でcamphor tree
樹液はカンフル剤に使われたこともある。

上野の山の大楠は、
どんなときも気力を回復させる力を
東京の人に与えてきたのだろう


topへ

長谷川智子 20年3月7日放送


ゲーテと外国語

受験シーズンも終盤。
多くの学生が苦しむ英語。
自動翻訳もあるのに、なぜ勉強しなくちゃいけないの?

そんな疑問に答える、ドイツの文豪ゲーテのことばがある。

「外国語を知らない人は
 自国語についても無知である」


教育熱心な家庭で、
幼くして、英語、フランス語、イタリア語など6各国語を習得していたゲーテ。

彼はまた、「他人を知ることで自分を知る」とも言っている。

外国語を学ぶことは、自分を知るための旅、なのかも。


topへ

長谷川智子 20年3月7日放送


大山夫妻の外国語

英語が上達したいなら、勉強するより、恋人を作れ、
などという人もいる。
逆に、英語のおかげで、実った恋もある。

薩摩出身の大山巌伯爵は、
親子ほど年が違う、山川捨松に一目ぼれ。

時は明治15年。
日本語に “共通語”は未だ確立せず、東京は方言が飛び交っていた。
大山の薩摩ことばは、会津出身の捨松にはちんぷんかんぷん。

そこで大山は、英語で愛を伝える。
捨松は、アメリカ留学から帰国したばかりであった。
ほどなく、ふたりは結婚する。


topへ

長谷川智子 20年3月7日放送


日本最初の英語教師

英語の発音が苦手。
なのは、現代人だけではないようだ。

現在のカナダ出身の青年、ラナルド・マクドナルドは、
1848年、鎖国中の日本に上陸する。

捉えられた座敷牢へ、
幕府から英語の習得を命じられた14人の武士がやってくる。

牢の格子越しの英語塾。
「大変のみこみが早く、教えるのは楽しみだった」
と、書き残している。

しかし、
「彼らはLの文字を発音できない。
 LをRと発音する」


200年近くたっても、苦手なことは変わらないなんて。


topへ

長谷川智子 20年3月7日放送


ネルソン・マンデラと外国語

「相手が理解できる言語で話せば、相手は理解してくれる。
相手の母国語で話せば、相手の心に通じる。」


と言った、南アフリカ元大統領ネルソン・マンデラは
人種差別と闘う不屈の精神とともに、
卓越した交渉力の持ち主だった。

国家反逆罪で収監された獄中。
マンデラは看守たちがつかっていた言葉、つまり
自分たちを差別する人々の言語・“アフリカーンス語”を学ぶ。

同じ言葉で話せば、
憎むべき相手ではなく、心通いあう人間同士。
マンデラの待遇は、改善されていく。

心を動かす言葉で、人の変え、世界を変える。
それが、彼の交渉術。


topへ

長谷川智子 20年3月7日放送

Jessic
フェデリコ・フェリーニ

1956年アカデミー賞に外国語映画賞が新設、
外国映画を表彰する単独の賞ができる。

第一回受賞作は
イタリア、フェデリコ・フェリーニ監督の「道」。
芸人ザンパノに尽くす心優しいジェルソンミーナの物語は
言葉の壁を越えて涙を誘った。

2019年、賞の名前は「国際映画賞」へ。
そして今年、外国語作品が、数ある英語映画をしりぞけ初の作品賞に輝いた。
言葉を超えた新しいドラマの誕生。

「違う言語は、人生の違う見方だ」

と言ったフェリーニも笑っているだろうか。


topへ


login