2009 年 9 月 19 日 のアーカイブ

名雪祐平 09年9月19日放送

1

イチロー


イチロー、あなたは、タイムマシーン。

1世紀以上も昔の大リーグ記録を
時空を越えて連れて来てくれる。

あなたの打球が、
青い空を切り、芝生の絨毯の上を縫う間、
世界の時間は止まる。

何千本のヒットを重ねても、
あなたはこう言った。


 ヒット1本って、
 飛びあがるくらいに嬉しいんですよ。


野球が好きで好きでしょうがない。
限りないひたむきさが、
きっと、タイムマシーンのエンジン。


2

コラソン・アキノ


大統領選挙の立候補用紙。
彼女はその職業欄に、
「Housewife」主婦と書いた。

フィリピンの独裁政権に
立ち向かった夫が暗殺され、
いわば、その代役。

独裁者マルコスが、
素人に政治は任せられない、と攻撃すると、
彼女も見事に反撃。


 国民を欺き、盗み、
 暗殺した経験がないという意味では、
 私は素人だ。


苦しんできた国民が熱狂しないはずはない。
1986年、元Housewife、
コラソン・アキノ大統領はこうして誕生した。


3

鈴木澄子


女の幽霊は、美人に限る。

戦前の美人女優、鈴木澄子は
四谷怪談のお岩さんや、化け猫役で売れた。

私生活でも、人をびっくりさせる
いたずら好き。

トイレに入っているとき、
ノックされると、
いつもこんなふうに
こたえたのだという。


 どうぞ。


やっぱり、この美人、
ちょっとこわい。


222

やなせたかし


ぼくの顔をたべてごらんよ。

そんな型破りなヒーロー、
アンパンマンは、
なぜ生まれたか。

作者やなせたかしが、
戦争体験と、戦後のひどい食糧事情で
こう思い知らされたから。


 究極の正義とは、
 ひもじい人を救うこと。


アンパンマン、
もし、あなたが実在するとしたら、
まず、どこへ行きますか。


5

桑田真澄


その巨人・阪神戦で、
三塁とホームの間に小さなフライがあがった。

ピッチャー桑田真澄は、
キャッチしようとダイビング。

その着地の衝撃で、右肘靱帯を断裂。
それから2シーズンを棒に振る重傷だった。

661日ぶりのカムバック第1戦。
小さなフライがあがる。

残酷にも、あの日を再現するような。

それでも桑田は、迷うことなく
全力でダイビングした。

無事だった。
よく、ベストを尽くす、というけれど、
どこまでいったらベストなのか。
その答えが桑田のプレイにあった。


6

千利休


われこそが一番。

豊臣秀吉は、天下人となっても
まだまだ権威が欲しかった。

その欲望は、茶の湯に向かった。
「秘伝の作法」をつくり、それを教える資格を
自分と千利休の2人だけで独占。

利休はそれを弟子に伝授しながら、
きゅうくつな秘伝などまったく重要でない、
一番の極意は別にある、と伝えた。


 それは自由と個性なり。


利休の茶の湯は400年後のいまに残った。
人間の自由と個性は、権威より、しぶとい。






111

北島康介


日本のスポーツ選手のインタビューは、
どこか似ている。

たとえば、話し始めに、
そうですね。と付けるパターン。

そうですね。と話す間に
次の言葉を考える、というメディア対策の
テクニックかもしれないけれど。

もうすこし、自由な言葉を望むのは、
わがままだろうか。
たとえば、水泳の北島康介選手のような。


 チョー気持ちいい。

 何もいえねぇ。


試合直後のこんなナマな言葉が
心をつかむと思うから。


7

マザー・テレサ


ノーベル平和賞の受賞インタビューで
マザー・テレサに次の質問があった。

世界平和のために、
わたしたちは何をしたらいいのですか。

マザー・テレサのこたえは、
とてもわかりやすかった。


 家に帰って、
 家族を大切にしてあげてください。


平和はまず手近なところから。
一人暮らしの人は、だれかを想うところから。

今夜も、穏やかに、おすごしください。



topへ


login