蛭田瑞穂 11年4月3日放送



The Godfather 1

俳優マーロン・ブランド。

1953年、29歳で出演した映画『乱暴者』で
暴走族のリーダーを演じ、
一躍若者たちのカリスマ的存在となる。

その不良的な演技はジェームズ・ディーンにも
大きな影響を与えたという。

その後、『波止場』『ゴッドファーザー』で
2度のアカデミー主演男優賞を受賞し、
戦後のハリウッドを代表する俳優となった
マーロン・ブランド。

彼は1924年の今日、
ネブラスカ州オハマに生まれた。





The Godfather 2

フランシス・コッポラの代表作『ゴッドファーザー』。

1972年にアメリカで公開されると、
当時の興行収入記録を塗り替える大ヒットになった。

人気を受けて、74年に続編『ゴッドファーザー・パートII』が公開。
この映画も大ヒットし、前作に引き続き
アカデミー作品賞を受賞した。

アカデミー賞の長い歴史の中で、
1作目と2作目が続けて作品賞を受賞した例は
『ゴッドファーザー』をおいて他にはない。

『ゴッドファーザー』。
それはフランシス・コッポラが
映画史に立てた不滅の金字塔である。





The Godfather 3

映画『ゴッドファーザー』の原作者マリオ・プーゾは
主人公のドン・コルレオーネを
ぜひマーロン・ブランドに演じてほしいと思っていた。

プーゾは意を決し、その思いを手紙にする。

「あつかましいことは承知しておりますが、
 あなたはこの役を演じられる唯一の俳優だと思います」

プーゾの手紙に心を動かされたブランドは
自分がイメージするドン・コルレオーネをビデオで撮影し、
監督のフランシス・コッポラに送った。

そのビデオの中で彼は口に綿を詰めて頬を膨らませ、
貫禄のあるマフィアのドンという役づくりをした。

当初、別の俳優を主役に考えていたコッポラだったが、
このビデオを見てマーロン・ブランドの起用を決めた。

男たちの思いがつながって生まれた『ゴッドファーザー』。

映画はアカデミー作品賞に輝き、
マーロン・ブランドは主演男優賞に選ばれた。




The Godfather 4

1972年、マーロン・ブランドは
『ゴッドファーザー』で演じた
ビトー・コルレオーネ役で、
アカデミー主演男優賞を受賞する。

1974年、ロバート・デ・ニーロは
『ゴッドファーザー・パートII』で演じた
ビトー・コルレオーネ役で、
アカデミー助演男優賞を受賞する。

これは、ふたりの俳優が同じ人物を演じ、
それぞれがアカデミー賞を受賞した唯一の例。

マフィアのドンと、ドンにのしあがる青年。
マーロン・ブランドとロバート・デ・ニーロは、
それぞれの役を見事に演じきった。





The Godfather 5

セリフを覚えてこない。
すぐに女優に手を出す。
撮影スタッフに怒鳴り散らす。

そんな撮影現場での態度から
トラブルメーカーの悪評もあるマーロン・ブランド。

だが一方で彼には、生涯に渡って人種差別と闘う
人道主義者としての側面もある。

マーティン・ルーサー・キングが導いた歴史的なデモ
「ワシントン行進」に参加し、
人種差別撤廃を訴えたこともある。

『ゴッドファーザー』でアカデミー主演男優賞に選ばれた際には、
ハリウッド映画におけるネイティブアメリカンの
差別的な描かれ方に異議を唱え、受賞を拒否した。

あらゆる面で型破りな俳優、マーロン・ブランド。
こんな男はもう2度とあらわれない。







The Godfather 6

フェデリコ・フェリーニの『甘い生活』。
ルネ・クレマンの『太陽がいっぱい』。
フランコ・ゼフィレッリの『ロミオとジュリエット』。

数々の映画音楽を手がけ、
その哀愁に満ちた旋律で映画ファンを魅了した
イタリア人作曲家ニーノ・ロータ。

フランシス・コッポラに請われ、
『ゴッドファーザー』全3作の音楽も担当した。

主題曲『愛のテーマ』は、
映画音楽の代名詞ともいえる名曲。

ニーノ・ロータ。
その名は永遠に映画史に刻まれる。





The Godfather 7

2005年、ニューヨークの
クリスティーズで行われたオークションで、
マーロン・ブランドが所有していた
『ゴッドファーザー』の台本が31万2千800ドルで落札された。

日本円にして約3000万円。
それは映画の台本につけられた史上最高の額。

俳優マーロン・ブランドと映画『ゴッドファーザー』。
その人気は不滅である。





The Godfather 8

映画『ゴッドファーザー』3部作の主人公、
マイケル・コルレオーネ。

マフィアのドン、ビトー・コルレオーネの
三男として生まれた彼は、
無口でインテリ風の青年であったが、
ファミリーを守るために激しい抗争をくぐり抜け、
やがてドンにのしあがる。

映画でこの役を演じたのはアル・パチーノ。
当時、彼はまだ無名の役者だった。

映画会社は起用に反対したが、
監督フランシス・コッポラは譲らず彼を抜擢する。

アル・パチーノのその後の活躍は誰もが知るところ。

『ゴッドファーザー』の成功により、
俳優アル・パチーノもまた、
映画界の頂点にのしあがったのである。

タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login