名雪祐平 13年7月28日放送


手紙 カフカ

公園で少女が泣いている。
人形をなくして泣いている。

散歩をしていた作家カフカは
少女をなぐさめた。

 きみのお人形は、
 旅に出たんだよ。


どうしてわかるの?

 だって、ぼくのところに
 お人形から手紙が来たからさ。


次の日、手紙をもってきて
少女に読んで聞かせた。

もちろんカフカが書いたものだった。

それから毎日手紙を書いた。

旅先でお人形は
いろいろな冒険をする。
青年と愛し合い、森で結婚式をする。

お人形は少女にお別れを告げ、
手紙も終わった。

もう少女は泣かなかった。
ただお人形をなくしたのではないから。
お人形はすべてを自分に伝えてくれたのだから。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA