2014 年 1 月 4 日 のアーカイブ

佐藤延夫 14年1月4日放送


棟方志功の年賀状

20世紀を代表する芸術家、棟方志功。

昭和30年、サンパウロ・ビエンナーレで
版画部門の最高賞を受賞し、
世界の棟方という地位を確立した。

そんな彼の年賀状が残っている。
鮮やかな朱刷(しゅずり)の版画には、
大きな打ち出の小槌が描かれ、
杉並区荻窪、と住所まで丁寧に彫られている。

手紙魔と言われるほどの手紙好き。
年賀状の版画を彫るときも、
嬉々として机に向かっていたのだろう。


topへ

佐藤延夫 14年1月4日放送


森繁久彌の年賀状

森繁久彌は、四つの顔を持つ。
俳優、歌手、コメディアン、そしてアナウンサー。

下積み時代は劇団を渡り歩き、
その傍ら、NHKのアナウンサー試験に合格。
そして戦後はコメディアン、俳優、シンガーソングライターなど
才能を一気に開花させる。

そんな彼の、ある年の年賀状には
仕事へのまっすぐな気持ちがしたためられていた。

 昔のうたを
 今日のうたを
 明日のうたを
 心ゆくまで謡いとう存じます


人々に愛された理由が、とてもよくわかる。


topへ

佐藤延夫 14年1月4日放送

Carly & Art
手塚治虫の年賀状

漫画家、手塚治虫が晩年に残した名言。

「あと40年ぐらい書きますよ。
 アイデアだけはバーゲンセールしてもいいぐらいあるんだ」

その言葉のとおり、
彼は年賀状でも独創的なアイデアをふるってみせた。
おなじみのキャラクターを総動員し、
自分の似顔絵をパロディにした。

そして、ある年の年賀状には、
こんな言葉が書かれた。

 今年こそ
 卵から生まれたばかりの気持で
 がんばります


見習いたいほどのアイデアと謙虚な気持ちが、
葉書いっぱいに溢れている。


topへ

佐藤延夫 14年1月4日放送


文人たちの年賀状

夏目漱石の年賀状は、シンプルだ。
ハガキの中央に、ぽつんと名刺を貼り付けたようなデザイン。
「恭賀新年 夏目金之助」
ただその文字だけ書かれている。

芥川龍之介は、高校3年生のとき、ハイカラな年賀状を送った。
「新年に多くの幸運あれ」というドイツ語とともに、
手描きのイラストも加えたそうだ。

川端康成は、力強い筆文字で
「頌春(しょうしゅん) 川端康成」と記している。

そして正岡子規は、自分の思いを書き留めた。

「新年めでたく候
 皆様めでたく候
 私もめでたく候」


あなたは年賀状に、どんな思いをしたためましたか?



topへ


login