2014 年 1 月 12 日 のアーカイブ

奥村広乃 14年1月12日放送

sifone
大人にならない少年

永遠に大人にならない少年、ピーターパン。
彼が、人間界の少女ウェンディと、
ネバーランドで繰り広げた冒険物語は
今も世界中の子どもたちを惹きつける。

ピーターパンの作者、
ジェームス・マシュー・バリーは
こんな言葉を残している。

 幸福の秘訣は、
 自分がやりたいことをするのではなく、
 自分がやるべきことを好きになることだ。


人はいつか成長し、大人になってしまう。
子どものままでいたかったと嘆くのではなく、
大人になった自分を好きになる。
それが、ジェームス・マシュー・バリーの考える
幸せの姿なのかもしれない。



topへ

礒部建多 14年1月12日放送

epiclectic
大人の歌声

渋くも、
艶のある大人の歌声。
ボズ•スキャッグスのそれには、
男女問わず魅了する魔力がある。

楽曲は、クロスオーバー的で大人な旋律。
1976年に発表した「Silk Degrees」では、グラミー賞を獲得。
このアルバムがきっかけとなり、
AOR(adult oriented rock)という
新しいジャンルさえ生まれた。

以降、
TOTOやボビーコールドウェルなどの
AORの名アーティストが誕生するも、ボズは別格だった。
ブルースのようでいて、ソウルフル。
ボズの声を越えるAORアーティストは、
未だ現れていない。

来年には70歳を迎えるボズ。
年を重ねる度、その声は渋みを増し、新たな魅力を携える。
こんな大人に、なってみたい。



topへ

澁江俊一 14年1月12日放送

e_haya
大人の目線

20年以上、一言もしゃべらずに
その表情や仕草だけで
日本中の子どもたちを虜にした大人がいる。

1934年生まれの俳優、
高見 映(たかみ えい)。
彼はその名前よりも、
181センチの長身から名づけられた
この役名のほうがよく知られている。

「のっぽさん」

1970年から1990年まで続いた
長寿番組「できるかな」の名物キャラクターだ。
その、のっぽさんが最も嫌いだったもの。
それは「子ども目線」に立つ大人。

子どもの賢さや鋭さは
幼稚なレベルだと決めつけて、
ほどほどの力で接しようとする。
そんな大人を彼は、大人の手抜きとして何よりも嫌っていた。
そしてどんな時でも、どんな子どもに対しても
ひとりの人間として本気で接した。

どうせわからないと思わず、全力で説明する。
怒ってほしい時は、しっかり怒る。

子ども目線という名の上から目線にならず
子どもをちゃんと大人扱いできる
のっぽさんのような大人が、増えますように。



topへ

礒部建多 14年1月12日放送

Sarah.Marshall
大人の贅沢

レストランで生牡蠣の皿といっしょに
ダブルのシングル・モルトを注文し、
殻の中の牡蠣にとくとくと垂らし、そのまま口に運ぶ。

「もし僕らのことばがウィスキーであったなら」という本で、
村上春樹は、シングル・モルトの聖地アイラ島で
ラフロイグや、ボウモアなどの蒸溜所を訪れ、
出来たばかりのウィスキーを、
じっくりと堪能し、こう語る。

「うまい酒は、旅をしない」

出来るだけその産地で飲まないと、
そのお酒を成立せしめている何かが、失われていくということだ。

美味い酒を求めて、世界をめぐる。
そんな大人の贅沢な旅を、いつか味わってみたい。


topへ

澁江俊一 14年1月12日放送

ShuttrKing|KT
プラスな大人

いくつもの肩書きを持つ男、伊丹十三。
あえて一言でくくるなら「最高の大人」だろうか。

子育てをしながら、
育児とは何か徹底的に考え抜いて
育児本を出版したり、

義理の父の葬儀の日に
映画監督になる決意をし、
お葬式という映画を撮ったり、

映画の大ヒットで、
しこたま持っていかれた税金が
マルサの女のストーリーになったり。

自分の人生から目を背けない、
明るく深みのある眼差し。

俳優、エッセイスト、イラストレーター・・・
いくつもの肩書きに
強風下におけるマッチの正しい使い方評論家
を追加しようとした。
このチャーミングさが、伊丹十三なのだ。

実は俳優になりたての頃の芸名は
伊丹一三(いちぞう)だった。
マイナスをプラスにするために
漢字の一を十にして、
十三と名乗るようになったのだ。

今日を
誰よりも真剣に、
おもしろがる。

伊丹十三のような大人が、
増えますように。


topへ

奥村広乃 14年1月12日放送

Ame Otoko
大人の階段のぼったら

デジタルカメラはたしかに便利だ。
撮った写真をその場で見たり、
世界中に送ることができる。

でも、
写真をたくさん貼った
ずっしりと重みのあるアルバムがなくなるのは
すこし寂しい。

阿木燿子が作詞した
「想い出がいっぱい」には
こんな歌詞がある。

古いアルバムの中に 隠れて
想い出が いっぱい
無邪気な笑顔の 下の
日付は 遥かなメモリー

記憶はやがて薄れるが、
記録は残る。

人生を
振り返る年齢になった日の自分のために、
アルバムを一冊
つくってみてはいかがだろうか。



topへ

松岡康 14年1月12日放送

ジョゼ
大人にならない少年

人はいつ、大人になるんだろう。

水分を多くふくんだ優しい水彩で、
生涯子供を描きつづけた画家いわさきちひろ。
彼女は大人について、こう語った。

大人というものは
どんなに苦労が多くても、
自分のほうから人を愛していける人間に
なることなんだと思います。

なるほど。
彼女の画は、愛に満ちている。
大人にしか描けない子供の画は、
いまも多くの大人のこころを惹きつけている。



topへ

松岡康 14年1月12日放送

Julizehn***
やなせたかし

約40年にわたり、
日本の子どもたちに
愛されつづけるアンパンマン。

自分の頭をもぎり、お腹の空いた子どもに食べさせる。
自らを犠牲にし、相手を幸せにしようとする。
初めてそれを見た大人たちの中には、
不快感をあらわにする者も少なくなかった。

この不思議なキャラクターを生んだのは、
作者やなせたかしの強い信念だった。

逆転しない正義とは献身と愛だ。
それも決して大げさなことではなく、
眼の前で餓死しそうな人がいるとすれば、
その人に一片のパンを与えること。

日中戦争に出征したやなせは、
飢えの恐怖を身をもって体験し、
献身こそ、ゆるぎない正義と知る。

戦争を知る大人として
やなせが送りつづけた、愛のメッセージ。
それが、今も子どもたちが大好きなアンパンマンなのだ。



topへ


login